カテゴリ:●駅前の変化( 570 )
●平成最後の渡月橋下流側の河床修理、その4
極のというのは現段階で可能な限りとの意味で、現在渡月橋付近で行なわれている改修工事も年月が経てばまたどこかを改修する必要が出て来る。人間が風呂に入ってさっぱりしてもまた汗臭くなるのと同じで、人間社会に工事はつきものだ。

More
by uuuzen | 2019-03-05 23:59 | ●駅前の変化
●平成最後の渡月橋下流側の河床修理、その3
の木に力入れては励まされ」。関東についてはどの県がどう隣り合っているかよくわからず、栃木の土地勘はない。早とちりかもしれないが、栃の木が多い土地柄であるのだろう。

More
by uuuzen | 2019-02-27 23:59 | ●駅前の変化
●平成最後の渡月橋下流側の河床修理、その2
が次々となくなって時代の変化を感じる。梅津も嵐山も似たようなもので、店主の高齢化のためか、儲からないためか、あって当然と思っていた店舗がいつの間にはなくなっている。

More
by uuuzen | 2019-02-15 23:59 | ●駅前の変化
●平成最後の渡月橋下流側の河床修理、その1
忙と閑散の境が亡くなって来ているような嵐山、嵯峨だ。2月は観光客がきわめて少なったのに、ここ数年は外国人が目立つ。「風風の湯」は夕方6時頃に行くとかなり空いているが、昼間は大繁盛と聞く。

More
by uuuzen | 2019-02-06 23:59 | ●駅前の変化
●渡月橋下流側欄干修復、その14
んざいにするかトーストにつけるか、缶入りの甘い茹で小豆をたまに買う。有名メーカーのものが時々スーパーで安く売られる。筆者はどれくらいの価格が普段より安いのか知らないが、家内は敏感で、今日はスーパーの籠の中に一缶入れた。

More
by uuuzen | 2018-12-02 23:59 | ●駅前の変化
●渡月橋下流側欄干修復、その13
は「神に捧げる酒」の意味があるというが、神は実際には捧げられた酒を飲むことはないから、人間だけが飲み、時に飲み過ぎて取り返しのつかないことが起きる。

More
by uuuzen | 2018-11-29 23:59 | ●駅前の変化
●渡月橋下流側欄干修復、その12
杖をついてさあ今夜は何を書こうと考えて、今月中に渡月橋の欄干が修復された過程を撮った写真を全部使うことにしていたことを思い出す。

More
by uuuzen | 2018-11-27 23:59 | ●駅前の変化
●渡月橋下流側欄干修復、その11
が屋根からたくさん落ちた近くの民家の主は、今年の台風の相次ぐ襲来を罵りながら、屋根をもっと軽量の素材で葺き変えると言っていた。その工事が数日前から始まった。

More
by uuuzen | 2018-11-24 23:10 | ●駅前の変化
●渡月橋下流側欄干修復、その10
定的でしかももうあってはならない渡月橋の姿なので、とっくに台風21号による欄干倒壊の修復は終わっているが、せっかく撮った写真でもあり、ブログで使う。今日を除いてもう2回分がある。

More
by uuuzen | 2018-11-19 23:40 | ●駅前の変化
●渡月橋下流右岸の河床修復
粧をしたと言えばいいか、断崖のように見えていた渡月橋のすぐ下流の河床がきれいになった。一昨日その工事のことを書きながら、舌足らずであったことを翌日になって思い出した。

More
by uuuzen | 2018-11-16 23:59 | ●駅前の変化


以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2019 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.