人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●記憶の桜
列に 桃の花咲く 甲斐の郷 吾の思いは ドローンに乗りて」、「仮に住む 努むればこそ カリスマは 老いには勝てず かすみからびて」、「桜にも 遺影ほしきや 嵐山 観光客は 今しか知らず」、「店の物 見世物になり 魅せるとや 威勢よきもの 常に欠かせぬ」
●記憶の桜_d0053294_15242979.jpg
今年の7月11日、阪急嵐山駅前のコンビニ脇の桜に「倒木の恐れがあるため、近日中に伐採します」という貼り紙を見かけた。その桜の木の寿命はどれほどだろう。筆者が嵐山に住むようになった頃にはあったので、たぶん6、70年は経っている。コンビニの以前は食堂で、筆者は何度か入ったことがある。その経営者が高齢化し、コンビニを誘致した。上の階はアパートで計10室だ。筆者はそのコンビニをコピーする時と郵便物を投函する時以外は利用しないが、駅前であるので毎日大賑わいだ。聞くところによれば同じ名前の日本中の全店舗中、最も売り上げが大きいという。そのコンビニから50メートルほど南西の道路の角に7,8年前まで郵便ポストがあった。それが撤去され、今はその駅前コンビニのレジ前の小さなポストを利用しているが、筆者は歩く距離が半減して便利になった。「風風の湯」の常連である85Mさんの奧さんは住まいから500メートル離れた嵐山郵便局に小包を持参するのが面倒で、市バスで5キロほど離れたバス停前の郵便局に行くと言う。バスは嵐山郵便局前を走るが、その最寄りのバス停で降りると50メートルほど歩かねばならず、それが面倒と言う。筆者なら1時間ほど要して5キロ先のバス停前の郵便局まで行くことがよほど億劫だが、高齢になれば少しでも歩きたくないのか。その奥さんは今年の時代祭が終わった後、平安神宮から四条河原町までを筆者と家内と一緒に歩いたので、85Mさんは呆れていた。若い世代と歩くのは億劫ではないのだろう。それはともかく、郵便ポストを新たに設置する場所は阪急嵐山駅の屋根の下、しかも改札から離れた場所がいいと思うが、筆者は今は自治会長ではないので交渉に行く気はない。郵便は年々不便になり、85Mさんの奧さんのように市バスの敬老パスを使い、暇つぶしも手伝って往復2時間かけて小包を送りに行く人がいる。そういえば先日クロネコがCD1枚を送って来るのに玄関前に置くとメールして来たが、いつのもの郵便バイクが本の入った小さな包みと一緒にそのCDを持参した。直後に配送完了のメールがクロネコからあった。つまり郵便とクロネコは配送物を共有し、手間を省こうとしている。その点は郵便便利ということだ。受け取り人はどういう業者であっても無事に届けば文句はない。ただしはがきや封書以外のものを送るには駅前コンビニでは駄目で郵便局に行かねばならない。コンビニは便利さが謳い文句だが、小包の発送を行わなくなっている店は増えている。そのうちレジ前のはがきや封書用の小さなポストも撤去するか。
●記憶の桜_d0053294_15245782.jpg
 阪急の嵐山駅前コンビニ脇に桜の老木が1本あって、今年も花を咲かせた。すぐ目の前の駅前広場の桜の木はどれも新しく植えたものだ。コンビニ脇の桜を中心としてその周囲百メートル以内には古い桜はない。駅前ホテルの花伝抄が建つ以前はその土地にたくさんあったし、同ホテル南西に隣接する新たなマンションの土地にも桜や楓はあったのに、建物ばかりが増え、その分桜は消えた。このコンビニ脇の桜はコンビニが鉄筋コンクリートで建てられた際も伐られずに済み、駅前の目立たない名物的存在であった。ところがさすがに老いが目立ち、ここ数年はもう先は長くないかと思って来た。それでも毎年花を咲かせ、夏に葉を生い茂らせるので存在感はあった。それが急に倒木の危険があるとはちょっと解せないと思っていると、7月の下旬にコンビニ兼アパート全体が白いシートですっぽり覆われた。壁面の塗り替えだ。足場のパイプを組み上げるのにこの桜は邪魔になる。しかし建物が建った時も足場はあった。当時はおそらく土地の所有者の強い望みがあって桜はそのままにされた。所有者は代替わりし、仮設工事業者から桜をそのままにしての足場組みなら高くつくとでも言われたのではないか。もちろん桜の幹はかなり劣化し、大きな台風をまともに受ければひとたまりもなさそうであった。そうなれば人に害を与える可能性はなくはない。だが台風のさ中にこの桜の真横を通る人があるだろうか。今はそんな考えは退けられる。もしものことがあればお前は責任が取れるのかと言われる。それで壁塗り替え工事に伴って伐られた。伐られた後の写真は載せないでおく。この場所の最新のグーグルのストリート・ヴューは今年7月の撮影で、建物はシートで覆われ、撮影が月末近いことがわかる。この桜がなくなったことを近隣の人はみな知っているが、筆者がそのことを話したのはある高齢者のみだ。嵐山に初めて訪れる人は誰もこの場所に桜の木が長年あったことを知らない。今日の2枚目の写真は花伝抄の玄関前から撮った。つまり同ホテルに泊まって翌日そこを出る人は、眼前に無粋なコンビニの壁を見ずに済んだ。それに花見の季節は楽しめたのに、もう同じ場所に桜が植えられることは今後あり得ない。それで筆者はこの桜の遺影のつもりで伐採告知の貼り紙を見てすぐに撮影した。壁塗り替え工事がなくても数年以内に伐られるか、倒れる運命にあった。残念ながら嵐山は空気も悪化して来ているようで、中ノ島公園内の祇園枝垂れ桜の子か孫に当たる大きな桜も2年ほど前に爆弾を落とされたようにすっかり黒くなって枯れた。今日の投稿の題名を「伐られた桜」にしようと思っていたが、それでは無残なので、アクセル・ムンテの本の題名『MEMORIES AND VAGARIES』に倣って「記憶」の言葉を使う。ついでながらその本の題名を『記憶と頓狂』と訳し、未翻訳の章を来月は筆者が訳して少しずつ投稿する。
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2022-10-28 23:59 | ●新・嵐山だより
●『純情の記録』、『人生診断記』 >> << ●郵便簡便

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?