人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「白花の モミジアオイを また見つけ 今度こそはと 写真に収め」
女は今 さまざまあれど 技は必須 歌舞音曲に 限らず目立ち」、「好色の 鬼が狂喜の 紅蜀葵 花も葉っぱも 大きく尖り」、「大輪の 花の似合うや 夏女 赤き葵を 髪に飾りて」、「友禅の 模様になりし 紅蜀葵 初夏のキモノの 白地に似合い」●「白花の モミジアオイを また見つけ 今度こそはと 写真に収め」_d0053294_00312684.jpg 最近三条商店街に行く機会が増えた。1か月に二度の場合もある。先月上旬、その付近のとある民家の玄関前に白いモミジアオイの花が咲いていた。プランターで充分育ち、高さは2メートルほど、花は3つ4つあったが、残念ながらカメラを持参しなかった。ずっと気になり続け、2週間後に出かけた。もう駄目だろうと思っているとやはり花は全部散っていた。モミジアオイは葉が細くて尖り、モミジ以上に大きいが、花は星型で一度見れば忘れられない。紅蜀葵(こうしょくき)という昔の名前はこの花が真っ赤であるからだが、真っ白の品種があるとは知らなかった。白であるのに紅蜀葵はつごうが悪く、やはり赤であるべきだが、園芸ブームで花は形も色も年々派手なものが好まれ、種苗会社も新品種の開発にしのぎを削る。桔梗も白があるから、白の紅蜀葵は不思議でなく、新たに開発されたとしても、それは比較的簡単であったろう。それはさておき、筆者がこの花を初めて知ったのは京都に出て来て友禅の師匠に就いていた時だ。ある日、工房にその師匠が尊敬する大先生のYさんが息子さんを伴なって訪れた。Yさんは大量の注文をこなすためにたまに下請けに仕事を回していたのだ。Yさんは筆者に声をかけなかったが、いつ訪れてもまじまじと筆者の顔を見つめた。同じ眼差しはその後、加賀友禅界で童子を染めて有名であった由水十久、また京都の人間国宝の森口華弘と、それぞれ作品展会場で距離2メートルに接近した時にも経験した。筆者の顔が珍しいのか、あるいは真面目で真剣そうであったためかと言えば、おそらくどちらでもあったろう。話を戻して、Yさんが仮絵羽した訪問着に青花で下絵を描いた作品を工房に数点持参した中に、モミジアオイを取り上げたものがあった。夏の花だが、使用されていた生地は絽や紗ではなく、普通の縮緬だ。それでは真夏の着用は無理で、一重仕立てにして初夏に着るしかない。友禅キモノではきわめて珍しいモミジアオイのみをほぼ実物大で染めるのであるから、着る女性を選ぶ一方、かなり贅沢な商品だ。師匠は奧さんに糸目を引かせ、彩色は筆者に手伝わせず、ひとりで行なった。花は赤、葉は緑で、実物の花にほぼ忠実であった。糊伏せしなかったので白地仕上げだったろう。当時筆者は工房に持ち込まれるすべてのキモノを昼間の休憩時間中に模写していたので、スケッチブックを調べるとそのY先生のモミジアオイの訪問着の図案や配置がどういうものであったかはわかるが、それをしようとは思わない。筆者もその花を写生したことがあり、自分なりにキモノを染める自信があるからだ。
●「白花の モミジアオイを また見つけ 今度こそはと 写真に収め」_d0053294_00315576.jpg せっかくカメラを持参したのに、花が散っていた白花紅蜀葵だが、昨日書いたようにすぐにまた出会いがあった。先日書いたが、京都府立植物園の鶏冠鶏頭が気になり、電話した。するともうほとんど終わっているが、北玄関近くにあると言う。それで猛暑がぶり返した13日、クロッキー帖と折り畳み椅子持参で出かけた。昼過ぎの眩しくて暑い時間帯で、1時間半ほど描いた。その詳細は明日にでも書くとして、写生が終わった後、鶏頭の咲く場所から20メートルほど東に遠目に見てもモミジアオイとわかる背丈3メートル以上の赤と白の株があることに気づいた。夏場は大きな花が多い。ひまわりや芙蓉、木槿、それに黄と紅の蜀葵、またハイビスカスも葵の仲間だ。夏の強い日差しを跳ね返すような大きな花は見ていて気分がよい。家内は小柄なので大きな花は似合わず、実際誕生花は「わたしに触れないで」の花言葉のある鳳仙花で、この赤い花はスイトピーと同じほどに小型だ。それでたとえば紅蜀葵が似合う女性はどういう雰囲気をしているかと思う。前述のY先生のキモノはどういう女性が購入したのだろう。そして筆者が紅蜀葵をキモノに染めるとして、誰に着てもらいたいか。そんなことをあまり考えずにキモノを染めて来たが、だいたいにおいて筆者の染めるキモノは背の高い女性が似合う。これはあまり詳しく書くとまずいが、息子が中学生の頃、同級生の母親が上桂に住んでいて、彼女は数人の女性を集めてガレージセールを毎月開いていた。筆者はその母親の名前を覚えなかったが、顔と雰囲気は今なおまざまざと記憶し、その20年近く前のことを今でも時々思い出し、一目見たい気持ちが去らない。筆者はガレージセールに何度か訪れ、そのたびに彼女は筆者に微笑みながら話しかけ、大きな買い物はわが家に車で届けてくれた。彼女は筆者が教えなくても家がどこかを知っていたのだ。そのことには驚いた。彼女はやや大柄で女親分と言った堂々たる風格があり、笑みを絶やさない口元に特徴のある美人であった。金持ちで豪快な男が似合うタイプで、筆者は全然釣り合わない。彼女ならどんな花のキモノが似合うかと考えると、紅蜀葵はぴったりだ。白いモミジアオイは清楚で、暑苦しい赤よりも涼しくていいが、友禅キモノとなると扱いに困る。同じ白花なら芙蓉や木槿を染めたほうがよい。赤地に白花を染めると全体として紅蜀葵の雰囲気も出るが、今時真っ赤な地色の訪問着は人気がない。それでも赤の色目を工夫し、やや渋めの深い色にすれば似合う女性はいるだろう。鶏冠鶏頭を写生しながら、それをキモノに染めるとして、地色が赤では花とかぶってしまう。それでもひとつの方法がある。地色を白と赤に染め分け、白地には花は赤、赤地には白の花を染めるのだ。そのアイデアで20年前に筆者はポピーで訪問着を染めた。それが手元にまだあって、誰かに着てもらえないかと思い続けている。
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2022-09-18 23:59 | ●新・嵐山だより
●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、... >> << ●今年の本気の鶏頭、その8

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?