人気ブログランキング | 話題のタグを見る

●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、その27
忽さを 露骨に見せて 武骨ぶる 恍惚人の 気骨桎梏」、「漆黒の 大黒天は 口赤き 雑穀供え 赤貧拝む」、「雌蘇鉄 赤き実孕む 花袋 赤ちゃん雑魚寝 多産の力」、「大鉢に 蘇鉄植え替え 後託す 十年二十年 もっと立派に」



●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、その27_d0053294_00223467.jpg
5月19日に阪急阪神一日乗車券を買って家内と神戸方面に出かけた。7月21日はその日以来の神戸行きで、今日の写真は5月19日に気になりながら、道路の反対側から眺めただけのオリエンタル・ホテル玄関脇の蘇鉄だ。このホテルの蘇鉄の写真はホテルが新装オープンして間もない頃にクローズアップを含めて数枚撮った。今調べてわかった。同ホテルのオープンは2010年3月で、筆者がそのホテルの蘇鉄の写真を投稿したのは11月の「関西文化の日」だ。つまり今日の写真は二度目になるが、写りはずっとよく、現状がわかる。2010年頃から蘇鉄が気になっていて、それで昨年から「撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り」のシリーズ投稿を始めたかと言えば、蘇鉄は小学生の息子が学校からもらって来た時から気になっていた。それは直径10センチほどの白いプラスティック製の鉢に葉が1枚だけ飛び出た形で、種子から育てたものだ。大きくなったので2鉢に分け、今は筆者ひとりで抱えるのに苦労するほど大きくなっている。鉢が窮屈でもっと大きい鉢に植え替えたいと思いながら、今以上に大きくなると置き場所がない。蘇鉄の種類はどれほどあるのだろう。わが家のものはオリエンタル・ホテルのように幹が長く伸びず、ずんぐりとした丸い塊が鉢にどんと乗っている。これが不思議で、縦に生長してくれればまだ置き場所はどうにかなるのにと思っている。それはともかく、オリエンタル・ホテルの蘇鉄は歩道際にあり、葉が横に張り出し続けるのは具合が悪い。2枚目の写真は最初の写真の奧の蘇鉄で、より壁際に植えられていて上に伸びるしかない。この2か所の蘇鉄はホテルの看板的目印になっていて、雰囲気がとてもよい。蘇鉄は和風洋風双方の建物に似合い、高級感がある。場所を取るからだ。棕櫚も似た味わいがありながら、蘇鉄はずんぐりしている分、もっと貫録がある。先月だったか、TVで蘇鉄の鉢が盗まれたニュースがあった。散髪屋が店前に置いていたもので、TVで報道されたために盗んだ者は数日後にこっそり返却した。その蘇鉄は花屋で3000円ほどで売られているもので、さほど大きくない。わが家の2鉢は30年経っているのでたぶん2、3万円はすると思うが、筆者の手に負えないようになれば、長年世話してくれる人に差し上げてもよい。最近はよく自分が大事にしているものの行き先を思う。本やCDは売ればいいが、自分の作品やその元になったスケッチや資料など、捨てるに忍びないものが多々ある。それで最近は友禅染めを教える教室を開いて技術を全部伝授したいとよく考える。「蘇鉄には そっと手をつき 刺されるな 刺すほど見れば 心刺される」
●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、その27_d0053294_00230392.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2022-08-24 23:59 | ●新・嵐山だより(シリーズ編)
●「コロナ増え 祭り決行 結構... >> << ●「いちじくを ふたつに割りて...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?