人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「コロナ増え 祭り決行 結構と 経済回せ 死ぬ人は死ぬ」
起さる 問題あるは 正しくも 天の邪鬼座し 孔雀の目立ち」、「ボランティア 日当は出ず 手弁当 文句ある人 食うもんはあり」、「京都では 仮装行列 歴史あり 時代祭は 百二十年」、「おもてなし 裏ばかりあり 謀りあり 梨瓜茄子も 測り売りされ」



●「コロナ増え 祭り決行 結構と 経済回せ 死ぬ人は死ぬ」_d0053294_00435859.jpg コロナの第7派の感染者数が連日最高を更新中だ。今年は祇園祭が開催され、それが感染拡大に影響したかどうかは誰にもわからないが、人の密集に原因があることは間違いない。祇園祭の開催のために感染し、死んだ人はいるだろう。ただしその因果関係は証明出来ない。物事は複雑に絡み合い、意外なところに意外な影響が出る。その一例は元首相が自作銃で殺されたことだ。犯人のツイッターを誰も注目しない間に、殺人計画は進み、実行された。そのことでこれまで話題にならなかった宗教と政治家の関係が連日TVを賑わせている。筆者はお笑い芸人や弁護士のコメンテーターの顔を見るのが嫌で、彼らの姿が一瞬見えるとチャンネルを変える。東京のあるお笑い芸人は元首相と一緒に撮った写真ではえらくはしゃいでいた。故人と個人的にそれなりに親しければ肩を持つのは人間的ではあるが、当のお笑い芸人はTVに出ることで収入を得ていて、誰よりも目立つことが最大の願望になっている。それゆえ世間の大勢と逆の意見で注目を浴びる手法を取り、一方ではその見え透きが世間から喝破される。お笑い芸だけを演劇場でやっておればいいものを、誰よりも目立って多く収入を得たいという俗物根性の権化になり、正視出来ない醜さだ。先日のネット・ニュースのコメントに、元首相側にいるコメンテーターたちを「珍獣を見る思いがする」とあって、筆者は大笑いした。珍獣ならかわいいが、あまりのひどさに憐れさを感じる。それはそうと、前述のお笑い芸人がなぜ問題となっている宗教側に立つのかと言えば、筆者はたぶんこう思う。銃殺した犯人は一瞬で有名になり、たぶん歴史に残る。殺人が讃美されないことは当然として、彼は逃げずに捕まり、死を覚悟していた。それに風貌がお笑い芸人の醜悪さからは遠く、真面目そうで、世間の多くの若者が自分の立場と比較しながら同情した。世間は先のお笑い芸人や知事市長を経験した弁護士のように、数億、数十億円の資産を築いている「お調子者」の狡猾さを見抜いていて、彼ら有名人とは対極に銃殺した犯人のような貧しくて目立たない人物が大勢いることを知っている。それはいいとして、犯人は命を捨てる覚悟で事件を起こし、結果的に有名になったが、政治家の飼い犬になっているお笑い芸人や弁護士など、TVに「珍獣」の馬鹿面を晒す連中はそういう「勇気」はもとよりなく、それだけに犯人が一瞬で有名になったことが許せない。人を殺して名を残しても仕方がないが、行為の善悪は短期間では定着しない。筆者の見るところ、先のお笑い芸人や弁護士は死んだ途端に忘れ去られる。
 そのことを本人たちが知っているだけに、犯人に同情する立場を絶対に採らない。つまり、人を殺して有名になり、おまけにそのことがきっかけで元首相の評価が低下し、元首相と親しかったことに有頂天になっていたことにある種の危機を感じているのだろう。2、3週間前に筆者は元首相側にいてTVに頻繁に出ている連中が一掃されればよいと思いを書いたが、たとえばネット・ニュースではある人物の発言がほぼ見られなくなったので、世間がメディアを動かせられることを思う。詭弁を弄し、首相ににじり寄り、巨額の金を貯め込んだのであるから、もう一切TVに出て来なくても、死ぬまで経済的な心配はないはずなのに、彼らがTV出演したいのは、世間に認められていると錯覚し続けたいからだ。TVやラジオがなかった時代にも同類はいたが、今よりはましであったろう。世間で知られると言ってもその範囲はごく限られていた。ネット時代になって全員が方法如何では有名になれるが、世間の見る目は大昔も今もおそらく大差ない。ごくわずかに存在する本当に価値のある人は自ずとその評価が定まる。またそう思う人はほとんどであるはずで、まともな心を本来持っている。この大衆への信頼の思いは、没落しつつあると言われる日本でもまだまだ保有されていて、元首相が生きていた頃の政治のひどさは今後少しずつでも是正されて行くと筆者は思っている。さて前振りが長くなった。16日の昼頃、自治連合会の平安講社のMさんがわが家を訪れ、今年の時代祭に裃姿で歩いてほしいと書類を1枚手わたされた。それに記入して昨日Mさん宅に持参し、ついでにMさんが保管している時代衣裳を見せてもらった。京都市内の自治連合会は小学校区単位で存在し、各自治連合会で3名の平安講社役員がいる。筆者は3年前に頼まれてその1名となった。Mさんは80歳近く、もうひとりのTさんは女性で、長年赤十字社員にもなっている。彼女は25年以上その社員を経験し、後釜をそろそろ見つける必要があって、筆者はどうかと言われているが、もちろん断っている。話を戻して、平安講社役員の行事は4月に平安神宮に訪れて会合に参加することと、時代祭に参加することのふたつだ。3名のうちの長であるMさんは他の連合会との連絡を取る必要があるが、筆者もTさんはさして時間は取られない。それで筆者は引き受けた。今日の写真は3年前の時代祭で撮ったものを使い回しするが、コロナのために時代祭は2年連続で中止になったので、この2年間、筆者の平安講社役員の仕事は皆無であった。今年は祇園祭があり、時代祭もあると思ったことは正しかった。3年前に時代祭を出発地の御所まで見に行ったのは、筆者が所属する嵐山東自治連合会が時代祭の「室町幕府」を担当参加することが翌年に決まっていたからだ。ところが中止になり、わが自治連合会は翌年つまり去年の参加を辞退した。
 そして去年担当すべき西京区の大枝学区もコロナで巡行出来なかったが、時代祭に対しての熱心度がわが自治連合会とは違い、次の担当が決まっている他の連合会にパスせず、今年の巡行を担当することになった。3年前は福西学区の担当で、大江学区とは国道9号線を挟んで南北に対峙する。西京区の北端の盲腸のような嵐山東学区は、西京区が右京区から分けられた後も渡月橋北部の嵯峨と縁が深く、警察も消防も右京区の担当下にあった。それで洛西ニュータウンの福西学区よりも却って地元意識が薄い。大枝は古い地域であるので、コロナで1年延期になってでも時代祭に参加したい意気込みがあることは理解出来る。西京区は14の自治連合会があり、14年に一度、「室町幕府」の行列に参加する。したがって次に嵐山東学区が担当するのは13年後で、筆者は84歳になっているので、行列に加わることは無理だ。つまり、平安講社の役員を引き受けはしたが、コロナのために筆者は時代祭に参加する機会を失った。と言いたいところだが、「室町幕府」の輪番制以外に、裃姿で毎年一連合会当たり一名が行列に参加せねばならない。つまり形のうえで全連合会が行列に加わる。女性のTさんは裃姿で参加出来ず、Mさんと筆者とで今後交代で行列に参加するが、Mさんは高齢であるので、毎年筆者ということにもなりかねない。また別の問題がある。「室町幕府」の行列では馬に乗る4名がいる。そのうちの確か二名は、行列を担当する学区以外の学区の講社役員に毎年振り分けられる。そのため4年に一度は嵐山東学区から参加し、また講社役員でなくてもかまわない。Mさんが講社役員になる以前、高齢のAさんが長年長を引き受けていて、馬に乗ることは無理なので、他のもっと若い、そして経済に余裕のある人が選ばれた。馬に乗って行列に参加するのは武具や刀剣の重さもあって体力を要する。それ以外に3,4回の乗馬講習を自費で受け、また馬代と言うか、それなりの寄付をする必要もある。Mさんはいずれ筆者も馬に乗ってほしいとのことだが、馬乗りの講習場所は周山で、車がなければ無理だ。数年後にその順番が筆者に回って来るとして、さてどうしたものか。それはさておき、今年は嵐山東学区を代表して裃で行列参加が決まった。昨夜「風風の湯」でそんな話題になると、嵯峨のFさんは「日当が出るのか」と訊く。もちろんボランティアで、交通費も何もかも自腹だ。各学区ごとに紋付袴裃と被る笠は保有していて、これは自治連合会が新調や洗濯の費用を賄っているが、白足袋は自分で買わねばならない。行列に必要な時代衣裳や武具、刀剣などはすべて平安神宮が保存していて、時代祭の前日にトッラクでそれを借りに行き、後日返却する。巡行で破損した場合、その費用は平安神宮持ちであったと思う。そのため各自治連合会が負担する費用は少なくて済みそうだが、「室町幕府」では250万円は必要と聞いた。
 その明細資料があるが、今は面倒なので探さない。平安神宮に衣裳などを借り受けと返却のトラック、行列参加の人を特別に送迎するバスの費用は自治連合会持ちだ。また行列に参加する2,30名以外にそれと同じか倍ほどの着付けの世話役が必要となる。それに着付けは予行演習がある。今日Mさん宅で裃などを広げられながら説明を受けたが、紐の結び方にしても素人にはわからない仕組みがあって、専門家の講習を受けねばならない。それは当然だ。裃は武士の正装で、そこらの貸し衣裳のようにさっと羽織って済むものではない。時代祭は学者の考証を経た当の時代そのものの衣裳を作って保存し、着付けも専門家が指導する。さて、昨夜「風風の湯」でFさんともうひとり最近常連になった人は、TVで時代祭に対して住民訴訟があったと言った。帰宅して早速調べると、下京区の69歳の男性が、今年の時代祭の行列に必要な金額のうち、住民有志から集めた530万円では足りない340万円を、自治連合会が積み立てている資金から捻出することに異議を唱えた。合計870万円も要するのは、どの時代の何を担当するのか調べないことにはわからないが、かなり高額だ。「室町幕府」はその半額以下だ。もっとも、「室町幕府」は西京区が右京区から分離した後に新たに設けられた時代で、その意味でも誰もが知る歴史上の重要人物がおらず、全体に地味なので、比較的安く済んでいるのか。足りない340万円を自治会費から賄うことは自治連合会の規約に書かれているはずで、また10数年に一度の輪番であればそのくらいの費用の積み立ては可能だ。どの自治連合も積み立ては1000万円以上ある。それほど貯めてどうするのかとたまに意見する人は当然いるが、自治会館の屋根を直す程度で数百万円は要する。話は変わるが、去年わが自治連合会は初めて時代祭に参加する番ではなく、その14年前にも当たっていたが、Aさんは参加費が捻出不可能と知り、嵯峨学区に丸投げした。その時、無料でお願いするのは無理で、百数十万円を支払ったと聞いた。それが限度であったということだ。それほど商売で儲かっている住民が少なく、時代祭に対する気運が盛り上がらない。そのことは去年行列をパスしたことからも言える。250万から300万円必要として、足りない分は積み立て金から出すとして、その元金すら捻出が難しかったのだろう。それはどの連合会も似たようなもので、時代祭担当の宣伝のための幟旗一本の5万円でさえ、寄付を渋る店があるし、そもそも嵐山東学区に店はわずかしかなく、繁盛している店はなさそうだ。その寄附金集めは平安講社役人3名だけではどうもならず、自治連合会の役員とともに動くしかない。問題は限られた行列人数に誰を割り振るかだ。これは地元の祭りと同じで、参加に積極的な人がいる。もちろん人望の有無はさておき、自治連合会で目立つ人だ。
 「室町幕府」の行列に女性の参加はない。男女平等の時代にそれは具合が悪いという意見は出る。学者にすれば「室町幕府」に目立った女性はおらず、武将の妻という役も立てられない。遠目には男女の区別はつきにくく、筆者は女性が男装すればいいと思う。女性が髭をつけて馬に乗れば武将に見えるはずで、それもいいではないか。それはともかく、自治連合会から誰が馬に乗るなどの主役になるかは大問題だ。馬に乗るには、場合によって個人で百万円以上支払う。みんなに配布する記念手ぬぐいを作るなど、従来からの決まり事がいろいろとあるからだ。主役でない馬乗りは50万円かからないと聞いたが、それも場合による。人生に一度あるかない目立つ役であるからには、実費をかなり要しても参加したい人はある。昨夜ニュースであった69歳男性の訴えは、いずれ起こって来るものであったが、自治会加入は強制ではない。自治会では地蔵盆が大きな行事で、僧侶の読経があるが、創価学会員にそれが気に食わない人はいて、宗旨が違うとの理由で寄付も参加もしない学会員の家庭がある。そう言われれば仕方がない。入るも自由、やめるも自由だ。時代祭は平安神宮のお祭りだが、平安神宮は遷都1100年に新たに造られ、それとともに時代祭が始まった。全学区を対象に講社役員を募り、その数は600名ほどだが、学区には自治会があり、それは戦時中は隣組として悪い意味での相互監視の役割を担ったとされるが、戦後は自治会加入は自由で、嵐山東でも脱会者は増えている。少子高齢化もあって、自治会の運営は今後はもっと困難になるはずだが、子どもがいる限り、義務教育があり、地蔵盆や体育祭、地元のお祭りなど、関連行事もある。そこに宗教云々を言い始めるとややこしい。筆者の見るところ、訴訟した人は時代祭の行列が自治連合のごく一部の人に限られ、自分が疎外されたことが気に食わないのではないか。寄附金が多い人に主役級の役割が回るとして、それは認めるが、足りない分を積み立て金から出すことが我慢ならないのだろう。それに高齢では十数年後の行列に参加出来ない。そういう恨みが背景にある気がする。また訴えた人の学区は京都駅北の東西の本願寺に挟まれた地域で、神社のお祭りが気に食わないのかもしれない。京都の三大祭りとして、祇園祭は中京下京の町衆のもの、葵祭は左京区と上京の担当だろう。となれば、最も新しい時代祭が京都市全域の学区が時代の行列を輪番で担当することはきわめて平等で、全員が楽しめばいいではないか。宗教云々よりもまず京都の歴史を紹介する仮装行列であって、観光の資産にもなっている。嵐山東学区は去年行列の番が初めて回って来たのにコロナで駄目になり、大枝学区のように熱意が2年続かなかった。Fさんは自治連合会の長はろくでなしばかりと言う。そうであってもせっかく120年以上続いている祭りは今後も伝えて行くべきだろう。
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2022-08-23 12:59 | ●新・嵐山だより
●西国街道、その26 >> << ●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?