人気ブログランキング | 話題のタグを見る

●渡月橋上流左岸河道整備、その37
載の 家財さびしき 台車引く 夜逃げ家族を 星は見つめつ」、「調子者 陰口言われ 気づかずに おれは偉いと 要領かまし」、「日雇いの 文句を言わぬ お人よし 自信知らずに 顎で使われ」、「長髪で 挑発するは 平和なり 国が違えば 徴発されり」



●渡月橋上流左岸河道整備、その37_d0053294_14430433.jpg 今日の写真は昨日の1枚目と同じく先月19日に撮った。枚数が多いので2枚を1枚に加工し、書くべき段落数を抑える。昨日の話の続きを書く。連休が終わってからの掃除は、観光客が捨てたゴミがあるとの予想からだろうが、中ノ島公園に至るまでの間にほとんどゴミは落ちていない。そのためほとんど拾うゴミはない。そうそう、今夜家内と「風風の湯」に向かう前、駅前の臨時改札口となる半円形の階段上にヒップホップ好きの20代の3人の男が酔いを醒ますためか、コンクリートの上で寝転び、すぐ近くのコンビニに買ったスナック菓子などを食べ散らかしていた。筆者らが9時過ぎにそこに戻ると、彼らの姿はなく、案の定空袋が至るところに散乱していた。コンビニの店員に掃除するように言ってやろうかと思ったが、戻るのが面倒でもありそのままにした。結局誰かが拾うが、コロナ以前は同様のゴミ捨てはもっとひどかった。観光客で潤うのは地元の商売人のみで、他の大勢の住民は閉口するばかりだ。それにしても先のヒップホップ連中はたぶん地元に住むと思うが、大音量で音楽を鳴らしながら同じ場所でダンスの練習をするなど、見たとおりの常識のなさだ。親から躾されずに育ったのだろう。コンビニ前にゴミ入れがあるにもかかわらず、平気で路上に捨てる神経がわからない。本人たちは悪ぶって格好よさを求めているつもりが、誰からも相手にされない幼稚な格好悪さだ。ゴミのポイ捨てが誰かの迷惑をかけていることの想像力がない。そういう連中がまあ戦争になれば平気で強姦するなど理性を失う。現場を見て注意すると高齢者はたぶん撲殺される。どうすればいいか。駅員に言うか、コンビニに言うか、あるいはいっそ松尾大社の交番に連絡するかだが、ゴミのポイ捨て程度ではおおげさに騒がずに見かけた人が拾えばいいではないかと言われる。筆者は割合そうしているが、風に飛ばされて暗がりに散らかっている10ほどの袋やトレイ、しかも中身のカスがこびりついているものを、風呂上りのまだきれいな手でつかみ回る気にはなれない。それに昨日は一斉清掃で筆者は1時間汗まみれになって作業したばかりだ。その尻から平気でゴミを捨てる奴らがいる。シジフォスではないが、ゴミ捨てとゴミ拾いは永遠になくならず、それは仕方のないことだ。いくら幼児に躾や教育を施したところで馬鹿は絶対にいなくならない。それゆえ躾や教育が無駄と主張するのは別問題であって、躾や教育は必要との考えが圧倒的に多いので存在して来ている。ミシェル・フーコーはその考えを否定するだろうが、自分のゴミは片づけてあたりまえで、汚れを放置すると病気の発生につながる。
●渡月橋上流左岸河道整備、その37_d0053294_14432409.jpg 若者の常識のなさで思い出した。先日「風風の湯」のサウナ室に3人の大学生が入って来た。前述のヒップホップ連中とは正反対で、眼鏡をかけてそれなりに賢そうだ。将来はスーツを着た仕事に就くだろう。筆者は彼らの様子を見ていた。3人はサウナを出て水風呂に入る際、桶で体を流さずにそのまま浸かった。そしてまたサウナ室に入って来た時、筆者はやんわり注意した。「汗まみれの体のまま水に浸かるのではなく、桶で体に水をかけてから入れよ。大分以前のことやけど、かけ湯をせずに湯舟に浸かろうとした若者がいてな。その時常連の高齢者から大声で『おおーい、かけ湯せんかい!』と言われていたことがあったけどな、こういう共同の場ではマナーを守らんとな。」 それを聞いた3人はその後忠告どおりに桶で水をかけて水風呂に入った。そのそばを筆者が通る時、3人は脅えた顔をした。水の冷たさに震え上がっているというより、諭した筆者に対する怖さだろう。見知らぬ年配者に忠告された経験がないほどに、彼らの親は常識を身につけていないのかもしれない。とはいえ年配者が常識を持っているとは限らない。次に家内が「風風の湯」で経験したことを書いておく。10日ほど前のことだ。家内は椅子に座りながら打瀬湯を浴びていると、雲古の臭いがして来た。足元を見ると泥と化した茶色の雲古が流れて来た。驚いて前方を見上げると、70歳ほどの女性が立ってシャワーを浴びながら股の間から続々と雲古を垂れている。足元は雲古だらけで、彼女が座っていた円形の椅子も雲古が溜まっていた。家内は驚きながら注意すると、相手はすいませんを繰り返すのみで、雲古は止まらなかったらしい。他の客はふたりが争っていると思って遠巻きに見るだけであったが、家内の味方として85Mさんの奧さんと嵯峨のFさんの妹が駆けつけ雲古婆に注意し、彼女が脱衣場に向かって着替えを済まして出て行くまでを目撃したそうだ。見かけたことのない顔で、見栄えのよい服を着ていたので一見客だろう。シャワーで雲古を流しながら、その雲古が他の客の足にかかることを何とも思わないとは恐れ入る。肛門の閉まりが悪いとしても、便意を催せばトイレに駆け込むのがあたりまえだ。家内は洗った足を汚され、ひどく落ち込んだ。85Mさんの奧さんは、撒き散らされた便に病原菌が含まれ、それが他の客に感染症を引き起こす可能性があることをフロントに注意し、早速消毒するように言いつけたそうだ。女湯では車椅子に乗った高齢者が介護士つきでやって来る常連客がいる。その客は浴場では平気で歩いているそうだが、やはりたまにオシメを外して裸のままで雲古をするそうだ。嵯峨のFさんは別の温泉で湯舟に雲古が何度か浮かんでいたことを見たと言う。そういう時は湯は全部入れ替えられるらしいが、「風風の湯」では汚染度を計測しながら正常値に戻るまで部分的に入れ替かえる。
●渡月橋上流左岸河道整備、その37_d0053294_14435036.jpg 昨日の一斉清掃は毎年春と秋に実施される。わが自治会は自治連合会では最北にあって嵐山への観光客が動き回る地域という特殊性がある。そのため店は多く、その分ポイ捨てゴミを見かけやすい。中ノ島公園内のゴミ箱は観光シーズンは常にゴミが溢れて周辺に山積みになる。ゴミ箱の数がたぶん1個か2個しかないからだ。中ノ島公園は右京区で、わが自治会の範囲からは外れる。それで一斉清掃の範囲は「風風の湯」を含まないが、阪急嵐山駅前からそこに至るまでの100メートル近い道路は含まれる。歩道と車道の間の仕切り石両側に枯れ葉が集まる。今年の会長は道路や公園は京都市が掃除すべきとの考えだが、筆者が会長をしていた頃はそこを掃除した。その側溝沿いは自治会内では最も骨の折れる清掃場所だが、筆者は「風風の湯」や嵯峨のスーパーに行く際には必ずその歩道を通るので、枯れ葉の大量の堆積と勢いよく伸びた雑草がとても気になる。ところがひとりでは手に負える量では全くない。去年の夏頃から清掃された気配はなく、そのことは京都市の財政難からは想像出来る。京都市がやればよいとの考えはわからないでもないが、観光客が必ず歩く道が荒れ放題では情けない。地元に住み、地元愛がそれなりにあれば、せっかくの一斉清掃の機会を利用しない手はない。京都市が税金を使ってやるところを、地元住民がボランティアでやれるのであればやるべきだ。手入れされてない雑然さを強いて意識しない人でも、無意識に内心顔をしかめ、時にはゴミを捨ててもいいかという気になる。それで筆者は枯れ葉の掃除を始めた。専用のビニール袋に詰め込みつつ嵩張るので、何度も足で押し込み、5キロほどになった頃に袋の上部を縛る。結果を言えば筆者ひとりで4袋詰め込んだ。筆者に釣られてか、他に5,6人が作業に加わり、1時間ですっかり枯れ葉も雑草もなくなった。枯れ葉の下には大量の団栗があったので去年秋から清掃されていないことはわかる。他の清掃地域は大量の枯れ葉は溜まらず、それで早々と作業を済まして帰宅する人がほとんどだ。昨日書いた醜い笑みを浮かべる者から見れば、筆者は馬鹿だろう。だが今夜家内と「風風の湯」を往復する際、とても気分がよかった。率先して汗まみれになって掃除した甲斐があるほどのきれいさだ。やがてまた枯れ葉は溜まるが、それはその時に掃除すべきで、史蹟名勝地の嵐山では特に地元住民が意識を高めるべきではないか。皮肉を言えば地元で営業する店がその清掃に携わるべきだが、儲けることは熱心で、美観保全は誰かがやればよいとの考えだろう。話が元に戻る。「風風の湯」からの帰り、せっかく気分よく清掃した道を歩いたのに、駅前コンビニのすぐ近くで菓子のビニール袋などが散乱していた。拾ってもすぐに捨てる馬鹿がいる。ゴミ拾いを無駄で馬鹿な行為と思う真の馬鹿がいる。雲古でも食らえ!
スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2022-05-09 23:59 | ●駅前の変化
●令和初の渡月橋下流側の河床工... >> << ●「世の中の 仕組みさまざま ...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?