人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「いいかもね 飛べて泳げて 歩けもし 肉喜ばれ 鍋にもなれば」
(うつぼ)にも 葛が生えた 頃ありし 今はマンション 公園囲み」、「靭には 公園ありて よきところ ウツボカズラは 咲かぬけれども」、「大阪の 靭地区から 嵐山 翁と嫗 終の棲家や」、「嵐山 奧は細道 行き止まり 億ある人は 泊まる宿あり」



●「いいかもね 飛べて泳げて 歩けもし 肉喜ばれ 鍋にもなれば」_d0053294_18511479.jpg
眠っている間も咳込みがひどくて睡眠が足りないが、今日はかすかに治りかけている気配を覚えた。まだ数日要するだろうが、山は越えた気がする。とはいえ油断禁物で、急ぎの仕事はまだ4,5時間分は残っている。それを今日は休んで明日に回し、月曜日に仕立て屋に持参する。今日は昨日の続きを書くとして、冒頭の短歌もどきは冒頭の一字が「靭」を使う番だ。これは大阪の靭公園に絡めるしかない。「風風の湯」の85Mさんはその公園の西端のマンションに長年住んでいた。5、6年前に嵐山にマンションを購入し、やがて「風風の湯」の常連になった。85Mさんから以前聞いたが、昨夜も同じ話を以前より詳しく聞き、人柄がよくわかった。ここに書けないことはないが、昭和芸能界の大物俳優との出会い話で、今なおファンが多いので詳しく書かないのがいい。85Mさんは新聞記者になる以前かその後か、映画界の大物とのコネがあって、その俳優が出演する映画の副監督の職の申し出を受けた。ところが撮影現場のその俳優の言動を見て呆れ果て、即座に断ったそうだ。切手にもなるほどの超有名人でも、芸能人はしょせんろくでなしの集まりで、人間性に疑問がある場合が多いと85Mさんは言いたいのだ。その舌鋒は今の政治家にも容赦なく、特に前々の首相は最低という評価がいずれなされると数年前から筆者は何度か聞いている。筆者と同じ意見で、それで85Mさんとはウマが合う。ろくでなしを言えば、文筆家や画家、音楽家も含まれる。まともな人がやる職業ではなく、へたすると餓死するという、それなりの覚悟が必要だ。上田秋成もその例で、今でこそ教科書に載る小説家、国学者だが、はぐれ者の最たる人であった。とはいえ出鱈目に生きるというのではなく、普通の人並みに真面目に生きた。その点で筆者は秋成に大いに肩入れする。85Mさんはいくつかの職業に携わりながら、芸術にはほとんど縁がなく、その話にはならないし、筆者もしない。85Mさんは先日奧さんと曼殊院に紅葉を見に行った。詩仙堂のさらに北で、筆者は訪れたことがない。せっかく大阪から京都に移住したからには、名所はことごとく訪れたいのが85Mさんの奧さんで、筆者が真似の出来ない行動範囲の広さだ。それを見習えば、おそらく筆者も80代になっても元気でいられるだろう。そのためには咳込んではいられない。体力をつけるには歩くに限る。数年前に詩仙堂に行った時、急な坂道に驚いたが、その坂をまだ1キロ近く上ったところに曼殊院はある。いつか家内と訪れたい。それで今年は遅まきながらも近場での紅葉狩りを思い、嵯峨のスーパーに行く前に渡月橋上流の右岸を歩いた。
●「いいかもね 飛べて泳げて 歩けもし 肉喜ばれ 鍋にもなれば」_d0053294_18513174.jpg
 最近TV番組でも映画でもデジタルをいいことに映像の彩度を著しく上げることが目立つ。紅葉をより赤く見せたいのはわかるが、葉の緑も人工芝より派手な色合いで、はしゃぎが過ぎる。筆者もブログ用の写真の彩度を上げることはあるが、それは実際に見た印象と違うからだ。筆者のボロカメラでは見た目より彩度が乏しく写る。今日の最初の2枚の写真は同じ場所に立って山と川を向いて撮ったが、2枚目は川が中心で空が上に広がっていることもあって、カメラのレンズはその明るさに反応して、山を向いて撮った最初の写真よりも樹木が暗く写っている。そのためこの2枚を横につなげると、右側の川面が写る写真は彩度を上げても左の写真と色合いが同じにならない。これがスマホでの撮影ならどうなるか知らないが、一眼レフならば感度の調整でうまく左右がつながる色合いに出来るだろう。それはともかく、上流に向かっていると、奧にカップルが横並びにゆっくりと歩いていることに気づいた。その様子を写真に収めるのが面白いと考えたのは、ムンクの「叫び」を思い出したからだ。その絵では遠くのふたりがこちら向きにやって来る様子を描くが、ぱっと見は同じような遠近感が見所となった。最初の写真からは紅葉がすっかり色褪せ、木々の根本に枯れ葉が積もっている様子がわかる。どの木も楓で、写真を赤く加工して紅葉真っ盛りの様子を疑似的に再現してもいいが、嘘になるのでやめておく。この写真だけを見ているとどこの山にもありそうな風景だが、目を右手に逸らすと、2枚目の写真のように川の向こうに小倉山が見え、改めて嵐山の美しさを思う。それでどうしても左右を横につなぎたく、そのように加工したのが3枚目の写真で、やはり明度と彩度が著しく異なり、同じ場所で撮ったようには見えない。とはいえ2枚が同じ色合いであっても案外そうかもしれず、それほどにこの場所は面白い眺めが得られる。ただし最初の写真が示すように、木の下にロープが張られ、少し荒れた雰囲気がある。山が崩れて石が落下しやすいのだ。山崩れは梅雨やそれが終わった直後に多いはずで、晩秋は大丈夫だろう。この道は江戸時代からおそらくほとんど変わらず、芭蕉も歩いた。その句碑がボート乗り場付近の道沿いにあって、それについては写真とともに昔このブログに書いたことがある。店がなく、カップルで歩くとトイレに困るが、昔筆者はある年配の女性とふたりで歩いた時、彼女は現在高級ホテルになっているその古い宿を訪れてトイレを使わせてもらえないかと訊いた。幸いにも親切に貸してくれたが、今の高級ホテルでは塩を撒かれて門前払いだろう。なのでトイレが近い人は中ノ島公園に何か所もあるトイレで用を済ましてからこの道を歩くこと。男ならどうにか立ちション出来ても、女性は身を隠す場所がない。明日はさらに先で撮った写真を使う。
●「いいかもね 飛べて泳げて 歩けもし 肉喜ばれ 鍋にもなれば」_d0053294_18514577.jpg

スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-12-11 23:59 | ●新・嵐山だより
●「鴨いいね 飛べて泳げて 歩... >> << ●「山底の 岸辺に鵜籠 まだあ...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?