人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「海胆色の ネタは他になし 寿司案じ マンゴー使い 誤魔化す術を」
くより 壊すは易き 何事も 壊し続けて 瓦礫の広場」、「吾壊す 後は築けと 言いし画家 殷周壊れ 秦漢起こり」、「新感の 生まれ出づるは 因習や 変異あるのも 親ありてこそ」、「ダダイズム 駄々こねっ子の 無茶遊び 無知と謗るな やんちゃと呼べ」



●「海胆色の ネタは他になし 寿司案じ マンゴー使い 誤魔化す術を」_d0053294_12473651.jpg
先日北の海で海胆が死滅するニュースがあった。筆者は珍味好きで海胆も好むが、品薄の時価となれば食べない。なければないで気にならず、特に食べ物に関してはこだわりがない。寿司屋は困るだろうが、わずかに獲れるものを高額ででもほしがる客を相手にすればいいだけの話で、寿司屋はいわば永遠に存在し続けられる。海胆の色は他の魚では代用出来ず、色合わせの観点からは海胆がなければ同じような色合いの新ネタがほしい。柿は年中入手出来ず、マンゴーなら輸入に頼れるから、甘いマンゴーに何かを加えて味をカクテルすれば海胆に近いものが出来るのではないか。牛肉を大豆で造る時代で、海胆もいずれは植物でそっくりな色と味が得られるだろう。それはさておき、続いて海底火山の噴火で軽石が沖縄に到達し、やがて四国や本州にもやって来るとのことだ。どこにも被害を訴えることが出来ず、餌を間違って食べて死ぬ魚がいても自然のひとつの摂理として仕方がない。そういう厄介者の軽石でも何かの役に立てようと考えるのが人間の知恵で、筆者は子どもの頃に必ず銭湯に持参した軽石を思い出す。ひとつあると長年使えるが、わが家のものは昔中央からふたつに割れ、それもあってほとんど使わなくなった。最近思い出してそのひとつを「風風の湯」に持参して足の裏を擦るようになったが、翌日は決まって痒くなる。皮膚が薄くなってそこから水虫菌が侵入するのだろう。それで軽石の使用はやめたが、「風風の湯」の洗い場の足元は軽石のような凹凸があり、そこで足の裏をごしごし擦っている。そんなことをしているのは筆者だけかもしれないし、またその表面を湯で洗い流しているが、他の人も利用するので水虫菌が付着しても不思議ではない。そう考えると共同浴場は不潔な気がするが、不潔はあらゆるところにもっと蔓延している。不潔とは害を及ぼす菌が多いことで、今はコロナでどの店にもアルコールが置いてあるが、筆者はめったにそれを使わない。スーパーに入っても商品や籠に触れないからだ。そう言えば先月31日、兵庫県立美術館の資料室に行って調べものをした時、司書から言われたことに少々驚いた。開架に並ぶ図書を手に取れば、それらを必ず指定の場所に置くように指示されたからで、ばい菌の塊を自覚した気分になった。20分ほどいて10数冊の本をしかるべき場所に置いて外に出たが、司書はそれらの本をどのように消毒するのだろう。アルコールにざぶんと漬ければ手っ取り早くても、まさかそんなことはせずに噴霧するのだろう。そのことで本の傷みは早まるが、自然のコロナ相手では仕方がないという考えだ。
●「海胆色の ネタは他になし 寿司案じ マンゴー使い 誤魔化す術を」_d0053294_12475458.jpg
 触った本からコロナに感染する危惧があるというのであれば、海外を含めてよく古書を買う筆者は感染の可能性は高い。筆者は全くそんな心配をせずに古書を触っている。そんな人物もいるというので、前述の資料室では入る際に住所氏名と電話番号の筆記も要求するのだろう。美術館でコロナが拡大した話は聞かず、ましてや先の資料館は教室の2,3倍の広さに2名の司書以外は筆者のみだ。これまで利用した時も同じ閑散状態で、コロナ感染を懸念し過ぎる。「風風の湯」では玄関を入った際、固定されたスマホに額を近づけて体温を計測されるが、常に29度前後で、帰りがけに測ると正常な値が表示される。ところが発熱中の人が温泉に浸かった後に発見されるでは最初の検温は意味がない。そのようにコロナの心配はほとんど形骸化していることが多いと想像するが、用心に用心を重ねて今の感染者数激減があるかもしれない。今日の写真は秋らしい色合いのものを3枚選んだ。最初は先月15日、四条大宮近くで見かけた。黄色のヒガンバナで、園芸種だ。京都のタキイ種苗で球根が入手出来ると思うが、球根で思い出すのはアマリリスだ。来年はそれを裏庭で咲かせてみたく、球根の販売所を最近2か所覗いたが、売られていなかった。2枚目の写真はようやく3週間遅れで満開になったキンモクセイで、花の色合いが最初の写真のヒガンバナと似ている。柿でもなく、ハロウィーンの赤カボチャや海胆でもなく、またイチョウの葉の黄色でもない。今頃キンモクセイは至るところで咲いていて、神戸でもよく見かけた。今日嵯峨で撮ったが、これほど多いかと驚くほどに咲いている。人間でも普段目立たない人が人生のごくわずかな時期に花のように目立って華やかになることを思う。その機会を逃せばもう二度となく、眞子さんが30までに結婚したがったことを筆者は重ね合わせる。3枚目の写真は元町駅の北で撮った。東西に100メートルほどカリンの木があって、青空に黄色の大きな実が映えていた。さほど背丈が高くないのに実をいくつもつけている。地面に落下したものを放置すると車の運行に差しさわりがあるので、街路樹としてはふさわしくないと思うが、神戸の人は行儀がよく、落下した実はすぐに拾われるのだろう。筆者は2年前に嵯峨の丸太町通り沿いでカリンの実を拾い、数個を酒に漬けた。先日喉が痛むので初めてそれを少し飲むと、たぶん気のせいが大きいのだろう、すぐに痛みは治まった。カリンでジャムも作ったことがあるが、果肉はとても硬くておしくない。それでカリンは香りを楽しむ以外の使い道がほとんどなく、路面に落ちても顧みられない。アルコールで思い出した。筆者は毎晩少しだけ酒を飲む。喉と胃の内側を消毒しているつもりだ。世界のさまざまな酒を適当に混ぜ、どこにもないカクテルを作る。たいていはおしくないが、たまに意外な味になる。喉と胃がその実験室になっている。
●「海胆色の ネタは他になし 寿司案じ マンゴー使い 誤魔化す術を」_d0053294_12491933.jpg

スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-11-03 23:59 | ●新・嵐山だより
●「紅葉の 一足早き 贋もみじ... >> << ●「種なしの 柿の輪切りに 米...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?