人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「鶏頭の 赤き花咲き 毛糸玉 古着解きつ 母と吾巻く」
さは 切れやすきこと ものわかり よいと言うなら 腹を立てるな」、「迷いつつ言わぬと決める 優しさか 吾思うほど 吾思われず」、「口閉ざし 花を見つめて 知る思い 花は笑えど 言葉使わず」、「間引きして 痛み覚えし 朝の庭 狭き鉢にて 鶏頭育つ」



●「鶏頭の 赤き花咲き 毛糸玉 古着解きつ 母と吾巻く」_d0053294_01394194.jpg
今年も鶏頭を育てている。去年裏庭で育てた花から種子を得た。以前書いたが、去年は裏庭向こうの小川沿いの小径で育て、思うように大きくならなかった。それでも種子はたくさん出来た。仁丹より小粒の黒い種子だ。多く収穫しても使い道がないので、最も大きく育った2,3本から採った。今年はその全部を使わなかった。去年植えた場所に役所の人が黒いシートを敷き詰め、もう土いじりは出来なくなり、小さな植木鉢を5個を使った。種子をたくさん撒き、それが全部発芽して双葉の密集状態になった。成長の遅いものを見定めながら少しずつ間引きし、今はどの鉢も3,4本の茎が高さ30センチほどになって、ごく小さな花が咲いている。当然去年と同じ色合いと形で、筆者が望む人間の脳の形のような鶏冠鶏頭ではない。実際はそのように育つはずだが、生育条件の悪さから貧弱なものにしかならない。それに去年より育ちは悪く、種子は得られないかもしれない。この1年、理想の色と形の鶏冠鶏頭を育てたいと考えながら打つ手がなかった。鶏頭を育てることに関心をなくしたのではない。裏庭はもういろんな植物でいっぱいになっていて、場所がない。プランターで育てても同じことで、それを置く陽当たりのいい場所がない。写生をするなら、別の場所で見事に咲いているのを見つけたほうが現実的だ。話題を変える。今日の写真は10日の朝、母の墓参りをした際に撮った。妹が買って来た一対の供花に真っ赤な鶏冠鶏頭が混じっていた。それを息子のスマホで撮った。わが家の鶏頭は小指の爪の先の半分程度の花であるのに、もうこんなに一人前の鶏冠状の花が咲いて売られている。今日の最初の歌は、以前に書いたことがあるが、筆者が小学生低学年の頃、母はよく古いセーターを筆者に両手で持たせながら素早く解き、毛糸の玉を作って行ったことを詠んだ。指先で毛糸が解けて行くことはこそばゆく、またたとえば袖を握っていると、その束ねられた解け口が鶏冠鶏頭の花、つまり迷路状を呈し、1,2分のうちにそれは全部なくなって母の両手の中の毛糸の玉と化す。母も筆者も笑顔で、その対面作業を筆者は大いに好んだ。母は穴の開いた古いセーターをもらって来たか、買って来て、それを解いて筆者らが着るセーターを編み直したのだ。鶏冠鶏頭の花の名前を教えてくれたのも母だ。母は晩年まで編み物をし、筆者にも多くのヴェストを編んでくれた。筆者はそれらを一生着る。これも以前書いたかもしれない。上田秋成の晩年の歌に亡き妻が食事を始末して買ってくれた猪皮の着衣を詠んだものがある。愛しき人の優しき行為。長く思い出となるものはそれ以外にない。
スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-08-17 23:59 | ●新・嵐山だより
●「点景の 送り火見つめ また... >> << ●コンビニの店変わり

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?