人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「梅雨明けの 大阪の街 歩き詰め 汗は吹き出し アンテナ尖り」
ばざる お猿が泳ぎ 銅鑼鳴らし 過ぎたる猿は 樽太鼓持つ」、「粉もん屋 こんなもんやと 侮りて 来ぬ客待つ 困難の穴」、「連想と 語呂合わせから 詩を得るや シュールな蝶は 夢に現に」、「右左 吾は真ん中 ドンマイで 杉樽の中 お呼ばれざるや」



●「梅雨明けの 大阪の街 歩き詰め 汗は吹き出し アンテナ尖り」_d0053294_16041222.jpg
10日ほど前、大阪で『表現の不自由展』が開催されることを知った。同展の実行委員会が裁判で会場の使用許可を取り戻したというネット・ニュースを見たからだ。この大いに話題になっている展覧会が大阪で開催されるとは思わなかった。それで絶好の機会を逃さないと思う一方、大阪で開催された後、京都衣笠の立命館平和ミュージアムでもおそらく開催されるのではないかとの予想があり、その時まで待とうかという気持ちもあった。だが、同ミュージアムでの開催がなければせっかく目の前に迫っている機会を見逃すことになる。それで大阪に行くことにした。大阪行きは去年10月にライヴを見て以来のことだ。家内と一緒に行くつもりが、どうも強行軍になる気がして、筆者ひとりで出かけることにした。コロナ禍でもあるので、整理券を発行しての開催だ。その券の入手方法について1週間前に会場の「エル・おおさか」にメールすると、展覧会の実行委員会に連絡してほしいとの素っ気ない返事が来た。どうにか実行委員会のアドレスを調べてメールすると、1時間に50人限定の入場で、1日分の整理券がなくなり次第、入場不可になるとのこと、そこで会期である16、17、18日のいずれの日にしようかと思案した。理想は初日だ。どんな展覧会でも会期終了が近づくと入場者が増えるからだ。整理券を手に入れるには朝早いほうがいいに決まっているが、筆者は朝は苦手だ。それで金曜日の初日は様子を見ることにした。TVでは会場周辺が警察と右翼が取り囲んで騒然としていることを伝え、そのことで行きたくても躊躇する人が増えたはずだが、宣伝に大いに寄与した。2日目の土曜日、朝10時頃にツイッターで調べて、整理券は朝8時半に配り終わったことを知った。そこで腹をくくった。最終日の今日は朝8時に現地に着けばいいだろう。逆算すると遅くても6時には起きなければならない。そんな経験は10年近くなく、昨夜は0時に就寝、興奮して深夜3時半に目覚め、また寝入って5時半にすっかり目覚めた。いろいろと準備し、阪急嵐山駅から電車に乗ったのが6時45分で、「エル・おおさか」にぴったり8時に着いた。人の列は建物を囲んでコの字型に長々と連なり、筆者が並んだ直後、係員は「これから後はもう並んでも整理券が配れない可能性があります」と言い続けた。並んでいた列が動き始めて間もない頃に撮ったのが今日の最初の写真だ。左に並ぶ人、右手奧に警察官が見える。さらに奧にこちらを向いてカメラをかまえる数人の若者がいた。筆者は当日300枚配布の最後から10数人目で、信号待ちが一度多ければ整理券はもらえなかった。
●「梅雨明けの 大阪の街 歩き詰め 汗は吹き出し アンテナ尖り」_d0053294_16043077.jpg
 千円札を1枚わたすと、「午後2時からと3時からの券があるので、どちらにしますか」と言われ、早いほうがいいので前者をもらった。10分前にビル9階の会場に入ってほしいとのことで、およそ7時間をどこかでつぶさねばならない。2か月ほど前に中之島図書館での調べ事が出来たので、昨日ならよかったが、今日は休館だ。それでも他の用事もあり、気になっていることもある。問題はどのように移動するかだ。地下鉄1日乗り放題券は便利なようだが、筆者が回りたい場所は地下鉄の乗り継ぎでは却って時間がかかる。とはいえざっと見積もって30キロほどの距離を梅雨明けしたコンクリート・ジャングルを歩き通すのは狂気の沙汰だ。ところが結果的に2枚目の写真を撮った大阪天満宮でのちょうど1時間の読書を除いて歩き詰め、少なく見積もって20キロは歩いた。そのルートを覚えている間に地図に記そうかと思いつつ、気力がない。暇つぶしのためにサイモンさんの本『SPEECH!』を持参し、京阪天満橋駅に向かう大川の畔の木陰なら涼しくて読むのにいいかと思ったが、筆者の目の前に並んでいた20代のなかなか格好いい女性が、整理券を受け取った後、筆者とは違う道を歩き、結局同じ天神橋南端交差点の信号の北を歩いていることに気づいた。そして橋を渡り切らずに東の緑地目指して折れて行き、ベンチに座るのが遠くに見えた。彼女に先を越された筆者は、仕方なしに天神橋の北に向かって天満宮の中に入った。彼女は3時からの券をもらったので、筆者が2時40分に会場を出た後に建物の前に来ていたかもしれない。整理券を受け取るまでの15分ほどの間、彼女の背はずっと筆者の胸の30センチほど前にあった。白いTシャツにだぼっとした紺のジーンズで、横顔すら見えなかった。それだけになお彼女がなぜこの展覧会に関心があるのかと気になったが、声をかける気は全くない。勇気がないのではない。若い女性が見知らぬ爺から話しかけられるのは本人にも傍目にも迷惑なはずで、また相手の迷惑を想像しないことは格好悪いからだ。そう言えば天神橋筋六丁目で電車を降り、JR天満駅に近づく頃、先日あったカラオケ・バーでの若い女性店主の殺人事件を思い出した。男は迷惑がられていることを根に持ったのだろう。相手のことを優しく思うのであれば、常連であっても黙って会わないことにすればよかったのに、そういう格好よさの自覚がなかった。ところで、「風風の湯」の何人かの常連に『不自由展』を見に行くと言うと、変わり者という顔をされたが、彼らはそもそも展覧会に行ったことがない。それをわかりながら話題にした筆者はやはり変わり者ということになるが、目下大いに話題になっている、そしてめったに見られない展覧会となれば、またこれまでの二、三千の展覧会を見て来た身とすれば、見逃すわけにはいかない。
スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-07-18 23:59 | ●新・嵐山だより
●阪急嵐山駅前の駐輪場、その9 >> << ●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?