人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「祭り辞め 神輿担がず 五輪祭 七輪扇ぎ 鰯の煙」
っきれき 神輿追い越し きれきれに 返す燕は 不敬に気づき」、「河豚を食べ 福の気分に 浸りつつ 毒に当たりて 不遇も知るや」、「星見えず 梅干しつまむ 梅雨の空」、「きらきらは 酸味と知りて 燻し銀 無味乾燥の 世の夜迎え」



●「祭り辞め 神輿担がず 五輪祭 七輪扇ぎ 鰯の煙」_d0053294_23300995.jpg 昨日から「風風の湯」のスタンプ・カードの仕組みが変わり、常連は不満を口にしている。毎日何らかのサーヴィスがあったのに、今月から同温泉のカレンダーは半分が空白になり、楽しみが半減した。筆者や嵯峨のFさんはスタンプ・カードがだいたい月一度更新するように同温泉に通っているが、Fさんはそれが1か月半で満印になると言う。以前サーヴィスの低下が常連客が離れたことがあった。今回もそうなるかもしれない。コロナでインバウンドに期待出来ず、経営が悪化したようだが、コロナの終息で2年前のように外国人観光客の利用で常に満員になるかと言えば、それはわからない。となれば、値上げによって裕福な人しか利用出来なくなることもあり得る。刻一刻と世の中は変化し、環境がどうなっても受け入れるしかない。自分に合わないと思えばその場から抜けるのがよく、実際そのようにして顔馴染みの常連が男女ともに音信不通になった。 一方新たな常連が出現し、新たな人間関係が生まれる。それは温泉にいる間を越えてもっと親しくなる場合がある。とはいえ、それも上辺だけという冷ややかな見方があるが、嫌と思えば積極的に話さないので、会えば必ず話す相手はそれなりに気になる存在にはなっているだろう。この2週間ほど、よく話すようになった50歳くらいのサラリーマンがいる。名前を聞いていないが、彼は筆者の名前を知っていて、筆者より早く上がる時は必ず大声で筆者に「大山さん、お先に失礼します」と言う。その彼が先日サウナ室で洩らした。趣味がないと言うのだ。Fさんから以前聞いていたのは、彼がテレワークで仕事中で、ゴルフ三昧の日々を過ごしているそうで、筆者はゴルフの趣味を徹底すればいいと意見した。ところが、ゴルフは会社の接待でやっていて、自腹では続かないと言う。とはいえどのような趣味も金も時間を多大に要する。それに20代に始めなければ一生の趣味にはなりにくい。Fさんに今夜その話をすると、「ゴルフ好きな奴が趣味人になれるわけがない」と、相変らず辛辣な言葉だが、的を射ているのは確かではないか。あるいはFさんの言う趣味がどういうものを指すかによる問題だが、無趣味を自覚する人が何かに熱中出来ることは難しいだろう。体を動かすことが好きな人は、毎週二度は愛宕山に登っているYさんや、あるいはジョギングに精を出すが、高齢になっては続けにくい。酒を飲む趣味もあるが、飲み過ぎると体に悪い。それでも本人が楽しければよく、他人が好きにやっていることに口出ししないのがいい。熱中症による死亡はあるが、趣味で物事に熱中して死ぬことがあっても本望ではないか。
●「祭り辞め 神輿担がず 五輪祭 七輪扇ぎ 鰯の煙」_d0053294_23303877.jpg
 筆者は趣味で生きて来たようなものだが、同好の趣味人を探す気はない。そういう人と出会ってもたぶん話は噛み合わない。それでこうした場で好き勝手を書いて楽しんでいるところがあるが、誰かに理解してほしい思いはない。たとえば今思い出した。筆者は柳沢淇園がおそらく日本最大の趣味人で、また趣味という言葉にまとわりつく、安逸感のようなベタつきが一切ないところを畏敬する。それは彼の書画から感じることだ。同様に書画から伝わる品性に惚れる人物は他にいくらでもいる。そうした味わいを筆者が何よりも大切にしていることを「風風の湯」の常連に話したことがない。話しても誰も知らず、また関心も起こさないことを知っているからだ。それはさびしいことではない。知っていることで充分に心が満たされ、書画を通じて想像するそうした人物に憧れることが、自分の品性に影響することを筆者は疑っていない。最近また柳沢淇園の書を入手し、それを眺めながら臨書する気になっているが、そう言えば先の50歳くらいの常連客に対して、家内の妹が数年前に書を学び始め、今では20人ほどの生徒を抱えていることを言った。好きなことをして人と話す機会が増え、しかも収入になるのであるから、趣味としてはなかなかいい。筆者は書を始めても人に教えようとは思わない。教えるならば本職の友禅だが、30代で始めると5,6年でかなりものになると思うで、誰かいないかなと考えている。時代遅れと思われがちな友禅染の技術だが、人間が手仕事をする限りは存在価値がある。今日の写真は5月18日に撮った。「風風の湯」で最初に親しく話すようになった嵯峨のOさんは去年の春節以降姿を見せなくなった。2年前は確か自治会の役員になったので嵯峨祭りを担当したと聞いたが、次に役が回って来る頃はもうこの世にいないと話していた。品のよい、優しいOさんは目にあまる発言や行動の常連を横目に見ながら、通う温泉を変えたのだろう。嵯峨祭りは去年も今年も神輿などの巡行は禁止になり、写真のようにJRの駅舎よりはるかに高い竹が数か所に立てられたのみだ。松尾大社のお祭りや祇園祭り、それに今年はわが自治連合会が行列の担当になっている時代祭りも中止だ。わが自治連合会では初めての行列参加であったのに、次は14、5年先で、筆者は生きていないだろうし、生きていてもお呼びではないが、運がなかったと諦めねばならないことは人生に何度もある。巨費を投入したオリンピックは開催を拒否せず、喝采を送る割合がどの程度あるか。TVはお笑い芸人のどうでもいい話ばかりで、そこに割って入るのであれば歓迎されるだろう。湿気が多くてもう疲れを感じている身とすれば、梅雨明け後の炎天の日々をどう過ごそうかと懸念しているが、毎年暑さの我慢は1か月半ほどと考え、クーラーをかけずに暮らす。熱中症で死亡する老人にカウントされる可能性はある。
●「祭り辞め 神輿担がず 五輪祭 七輪扇ぎ 鰯の煙」_d0053294_23305598.jpg

スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-07-02 23:59 | ●新・嵐山だより
●「水無月を 半値にしても 売... >> << ●阪急嵐山駅前の駐輪場、その7

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?