人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「葉の色が ゴッホ喜ぶ まさかの黄 光り輝く オウゴンマサキ」
川に 細き流れが 甦り 次はホタルを 願うはホテル」、「火照る身に コロナ感染 疑いつ ホテル住まいは 決してすまい」、「為せば成る オリパラ大事 コロナ無視 命より金 死ぬのは他人」、「むこうみず 後は知らぬと 好き勝手 偉い人のみ 娑婆でさばさば」



●「葉の色が ゴッホ喜ぶ まさかの黄 光り輝く オウゴンマサキ」_d0053294_22240214.jpg12日に上桂の花屋で黄色のカンナが売られていたことを書いた。カンナはオレンジか赤に限ると思っているので買わなかったが、黄色そのものは好きだ。植物でその代表が去年向日市へ自転車で走っている途中で見かけた、茎の先端の葉が鮮やかな黄色を季節に関係なく呈している植物で、以前投稿したことがある。2,3週間に一度、その植え込みを通りの反対側から眺めて何となく安心し、数回に一度は同じ角度で撮っている。名前を調べていなかったが、先ほど「オウゴンマサキ」と知った。花が咲くのかどうか知らないが、筆者の知る限り、見たことがない。垣根によく使われるようで、あちこちで鉢植えにも見かける。それでも一人前に先端が黄色で根元に近い部分は緑だ。硬い葉は枯れると白茶色になるので、黄色は枯れを想像させるが、この植物は黄金のままであるのがよい。園芸技術で開発された新種と想像するが、そのうち鮮やかな多色の斑紋入りが登場するかもしれない。さしずめそれはゴッホの絵画のようだが、黄金色が中心のものも充分ゴッホ的だ。昨日はゴッホについて少し書いた。それで今日はオウゴンマサキの写真を引っ張り出そうと思ったのではない。数か月も気になっていた写真の消化と、景気づけには元気な気分にさせてくれる黄色の植物がいいと最近思っていたからだ。ゴッホはオランダからフランスに入り、そして地中海に面するアルルに行ってそこで死んだ。それは浮世絵を通じて思っていた日本への憧れもあったからだ。浮世絵は影を描かず、画面は平明だ。その様子にゴッホは日本が明るい国と思ったのだろう。それは間違ってはいない。日本に行くのが無理ならせめて陽射しが明るい南仏へと考え、そして強烈な太陽に焼かれるようにして旺盛に描き続けて精神が分解してしまった。ゴッホはアルルでの棲家を素描と油彩で同じ角度で描き、右端遠くに走る汽車を描き添え、それを頼りにすればグーグルのストリート・ヴューで絵と同じ場面を発見出来る。ゴッホが立って描いた場所がネットで確認出来るのだが、強い日差しまで伝わり、また戦争で被災したとはいえ、ほとんどゴッホ時代そのままの景観であることに驚く。これはもっと西のブルターニュのポン・タヴェンも同じで、なるほど芸術を観光の重要な資源とする国であることがわかる。日本では芸術を愛する政治家は期待出来ず、京都ですら無茶苦茶な街になって来ている。それをゴッホが見なくてよかった。空想と現実はしばしば大いに異なり、現実に幻滅させられることは多い。ゴッホもそうであったろう。そこで描き続けることで心の平安を保とうとしたが、現実に押しつぶされた。
●「葉の色が ゴッホ喜ぶ まさかの黄 光り輝く オウゴンマサキ」_d0053294_22242540.jpg
 ゴッホの晩年の作は黄色や赤、青など原色を使って派手になって行き、ゴッホのイメージはそうした明るい画面が代表している。筆者はそれとは反対のモノクロに近い画面のオランダ時代の「じゃがいもを食べる人々」が好きだ。初期の素描にすでに並外れた技量が溢れていて、そのまま実際辿ったのとは違う画風に進めた気もする。ゴッホは全く売れない画家として人生を終えたが、オランダ時代に数人に絵を教えていたこともあった。また市井の人々をモデルによく描いたが、やがてローマ・カトリックからゴッホのモデルはするなという禁止令が出され、ゴッホは仕方なくオランダを去る。貧しい人々にすればゴッホのモデルを務めるとわずかでも代金がもらえるのであらから、ローマ・カトリックがモデル禁止を命じた理由はわからない。ついでに書いておくと、27歳くらいか、オランダ時代にゴッホはある女性と同棲する。妊娠して男に捨てられた女性に同情してのことで、彼女の横顔の素描がある。彼女の幼ない娘や母親もモデルにしたが、ゴッホは貧しい画家だ。やがて彼女は酒浸りになり、売春を始める。それでゴッホは逃げ出すが、後年ゴッホの名が知られるようになった時、その家族はどう思ったことか。たぶん絵に関心がなく、ゴッホの絵が売れ始めたことも知らなかったであろう。ゴッホによる彼女や母、娘の素描は写真以上に迫真的で、ゴッホの精確な眼差しが伝わるが、娘の棘を隠したような厳しい横顔はやがてゴッホが去ることを暗示しているように見える。その娘もいずれ売春婦にならねばならないほどに一家の貧しさはその後も続いたのではないか。そう想像するとやるせないが、まともに育っていい家庭を持ったかもしれない。ゴッホの研究家はそこまで追跡して何かに書いているのではないか。ゴッホがアブサンを飲むようになったのはフランスに出てからと思うが、アルルではその酒瓶とコップを油彩で描いている。ニガヨモギを原料とするきわめてアルコール度数の高い酒という知識は昔はあるが、筆者は飲んだことがない。今調べるとネットで入手出来る。安酒と思っていたのに700mlで4000円ほどする。ゴッホはこの酒を飲みながらますます精神に異常を来し、そしてグルグルと渦巻き状の線を描くようになる。絵は売れず、弟の世話になりっ放しで、その罪悪感が頂点に達した頃に命を絶つが、死後の爆発的評価は画商の金儲けの具にされたと言ってよく、なおさらゴッホの哀れさを思う。それでジョニ・ミッチェルが言ったように、ゴッホの精神がわからない金持ちが多いが、そう言うジョニは若くして世界的名声を得て生活に困ることはなく、またほとんどゴッホの様式で絵を描いたところが筆者には気に食わない。今日の最初の写真は去年晩秋、2枚目は梅津で2月、3枚目は松尾で先月に撮った。ほかにも知っているが、今のところシリーズ化するつもりはない。
●「葉の色が ゴッホ喜ぶ まさかの黄 光り輝く オウゴンマサキ」_d0053294_22244255.jpg

スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-06-18 23:59 | ●新・嵐山だより
●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、その8 >> << ●「紫は 青も赤にも 隣り合い...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?