人気ブログランキング | 話題のタグを見る

●阪急嵐山駅の駐輪場、その1
貸で チンタラ稼ぐ パーキング パーのキングも グングンキープ」、「リンリンと 鳴らして止まる 自転車の 前で振り向く 険しきマスク」、「すいません 謝り顔の 仮面かな」、「人品の 卑しさ露わ 粗あらら」



●阪急嵐山駅の駐輪場、その1_d0053294_12393611.jpg
このブログの『駅前の変化』のカテゴリーに最もふさわしい工事の開始を告知するチラシが先月9日にわが家に投げ入れられた。嵐山駅に有料の駐輪場が6月末に出来る。チラシを見て早速その現場に行って写真を撮った。それが今日の3枚だ。チラシにはとても小さく縮小された地図があって、即座にはどこで工事が始まるのかわからなかった。阪急嵐山駅に駐輪場がほしいという声は昔からあった。松尾駅横に駐輪場が出来たのは、今調べると本カテゴリーの2010年3月4、5日の投稿にあるように、11年前だ。その駐輪場はわが地元の自治連合会が建設を率先して阪急に掛け合ったと聞いた。松尾駅は自治連合会内の最南端に位置し、最北端に嵐山駅がある。嵐山駅にもきれいな駐輪場が出来ればいいとの思いは筆者にもあったが、自治連合会の会長以下の8,9名の役員はすべて連合会内の南半分に居住し、北半分のことについては思いが行き届きにくい。そういう事情を筆者は聞いていたので、副会長になって北半分を代表してほしいと言われたことがある。この事情の裏には、簡単に言えば南北に細い自治連合会の北と南とで住民の質がやや違うことがある。もっと言えば、北は嵐山を代表する旅館を含み、南はサラリーマン主体で、北は自治連合会が最前線に立って動きにくい事情がある。それは自治連合会が出来るよりもはるか昔からある別の組織の力が大きいからで、いわば北のことについては南の住民は北が勝手にやればいいとの思いがあるようだ。この辺りのことについて筆者は個人的にいろんな話をこれまで当事者から直接耳にして来たのでよくわかることが少なくないが、話を本題に戻すと、嵐山駅にも松尾駅と同じタイプの駐輪場が出来ることになって、阪急は10年前に松尾駅に駐輪場を設置した時点でいずれ嵐山駅にもと計画を立てたのだろう。つまり地元住民の意向はほとんど関係なく、自治連合会の陳情によって造られるものではないように思う。もちろん地元の人たちの利便にかなうが、阪急としては無駄に放置している土地を有効利用したい思いがあるだろう。コロナ禍で大きな打撃を受けているのでなおさらではないか。流行りのコスパ重視だ。空き地でも固定資産税はかかるから、それは当然かもしれないが、空き地は空き地の効用があり、空き地が最大の有効利用と言える場合があることも思っておいたほうがよい。とはいえ、それは個人の場合で、利潤追求が最大の目的である企業となると、少しでも赤字を減らし、黒字になることを画策するのは仕方がないのだろう。もっとも、そのことによって企業の評判がどうなるかまでは推し量られない。
●阪急嵐山駅の駐輪場、その1_d0053294_12400816.jpg
 嵐山駅に駐輪場がないわけではない。松尾駅と違って渡月橋に近いこともあって阪急が所有する林があって、その中の竹藪の際に昔から多い時は100台ほどの自転車が停められている。その正確な場所は、駅から「風風の湯」のある桜の林に至るまでの間、ホテル花伝抄や大きな駐車場の道路を挟んで向かい側の緑地内だ。駅を利用する通勤客や観光客が歩く道路から30メートルほど離れたところに、獣道のような地道の細い道がある。それを抜けると駅前広場に出る。その小径の際に主に嵯峨の住民が阪急電車を利用する際に乗って来る自転車が無造作にたくさん停められている。中には放置自転車もあり、またおそらく盗難自転車も紛れているだろう。その無法駐輪場は観光客が普通に渡月橋に向かうのであれば全く見えず、景観上問題がなく、また阪急としては利用価値があるとは思えない土地なので黙認している。チラシを見てすぐ、筆者はその無法駐輪場が整備されるかと思ったが、地図を虫メガネで熟視してそうではないことを知った。松尾駅の駐輪場と同じく、プラットフォームの南側つまり桂川寄りではなく、山側に出来る。松尾駅の駐輪場が出来た時、嵐山駅に同様のものが造られるとして、筆者は前述の藪の中の無法駐輪場を整備するしかないと思っていたし、ほとんどの住民もそうであったに違いないが、阪急は嵐山駅構内のいわば何の価値もない空き地を利用することにした。実際は桜の古木があって、今年も立派に開花したが、それらを数本切り取り、地面にコンクリートを打って有料駐輪場が出来る。筆者が嵐山に住んで以来の駅敷地の大変化だ。最初の写真の看板手前の半円形階段下に貸し自転車を保管する倉庫があり、それと隣接する形で駐輪場が出来るのは理にかなっているが、気になるのは、おそらく設置以来100年は過ぎている、今日の最初の写真中央に写っている、高さ80センチほどの半ば壊れた道路際のコンクリートの擁壁だ。見慣れたこの壁が取り壊されるのはさびしいので、有効利用出来ないものか。駐輪場が出来る空き地は野良猫の棲家になっていて、擁壁の上に猫の餌を置く人がいるが、駐輪場が出来れば人の出入りが増え、まず野良猫は姿を消すか、別の場所に移る。餌をやる人を見かけなくなるが、新たな問題が出て来ないとも限らない。無法駐輪場は無料であるから、有料になれば損した気分になり、路上駐輪が増えるかもしれない。実際、平気で駅の際に停めて電車を利用する人をまま見かける。またコロナ禍になって以来、最初の写真の左端の看板の数メートル手前でたばこを吸う男女の若者が毎日いて、吸い殻以外のゴミも散らかっている。嵐山駅の駅員にそのことを伝えても、おそらく経費削減のために駅員は減少し、駅周囲の管理までは手が及びにくい。今日の3枚目の写真はチラシの図面によって駐輪場となる南端とわかる場所で、今後定点撮影する。
●阪急嵐山駅の駐輪場、その1_d0053294_12402670.jpg

スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-05-13 23:59 | ●駅前の変化
●「贋桜 新緑に映え 客はなし」 >> << ●路面のメロン

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?