人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「京とれいん」初乗り
を問う 電車間引いて コロナ増え」、「今日は雨 京とれいんの 入れ撮りや」、「雨の中 京とれいんの 晴れ姿」、「都とは 言えぬ京の 電車名」、「特別は 何でも嬉し ハレ気分」



●「京とれいん」初乗り_d0053294_19015849.jpg
昼過ぎに息子が帰って来た。早速「風風の湯」に行かせると、あまりの混雑のためにサウナ室はほとんど利用出来なかったと言う。それを聞いて筆者と家内は行かなかったが、混雑を避けてもコロナに感染しないとは限らない。無症状のままの感染者がいるからだ。これが一番問題だ。微熱があっても本人は普段どおりに行動し、知らない間に他者を感染させる。息子から帰宅すると電話があった時、ぎくりとした。本当は帰って来てほしくない。無症状感染者であれば筆者も家内も感染する。子どもが両親を感染死させる例がある。各地でクラスターが発生するのは無自覚の感染者がいるからだ。全員マスクをし、接近して会話しなければいいと言われているが、インド型の変異株は10倍ほど感染力が強いとされ、三密を守っても感染する場合がある。これでは電車やバスに乗れない。換気をよくすればいいというが、乗車の人数による。そこで通勤電車が心配だ。筆者はそれに乗らず、コロナ禍が始まってからはバスにも乗っていないが、無自覚の感染者から移される可能性は常にある。そこで思うのは、無自覚の感染者をあぶり出す必要性だ。それには去年さんざん言われたようにPCR検査しかない。ところが日本ではその積極的検査に大反対が起こり、今なお世界でも最も低い検査率になっている。反対者の言い分は、100パーセントの精度ではなく、また検査した直後に感染する可能性があるというものだ。あたりまえのことだ。ではほかに感染者を発見する方法があるのか。ないのであれば検査するしかない。それをしないのは無策だ。それで疑心暗鬼になりながら息子の帰宅まで心配せねばならない。PCR検査の精度が仮に8割とすれば、2割は野放しになる可能性があるが、何度も検査すればそのうちその2割はもっと減る。一方で陰性と出た8割からまた感染者が出るが、一度感染しているので本人に自覚があり、注意深く行動するので、再感染する可能性は少ない。それに免疫も得るだろう。いつでもどこでも簡単に検査出来る態勢を整えておけばよかったのに、検査は高額で、また場所が限られるとなると、面倒臭いと思うのは誰しもだ。それでいつまで経ってもコロナは人知れずに広まって行く。感染力の強いインド株は政府には予想外であったのだろうが、あまりに呑気過ぎる。去年が悪ければ今年はさらに悪くなると思っておいていい加減なのに、神風が吹くと思ったか。現状のままでは来年はもっと悲惨なことになっている可能性が大きい。最近ネットで気になった意見があった。イギリス株やインド株はワクチンの登場で生まれたものではないかというものだ。コロナがワクチンに抵抗し、殺されないために進化したものという考えには一理ある。
●「京とれいん」初乗り_d0053294_19021813.jpg それが正しいとすれば、コロナ禍はそう簡単に収束しない。そのうちもっと変異して日本株が生まれるかもしれない。そういう危機意識を政治家は持つべきだが、彼らは自分たちは特権階級で感染せず、感染してもどうにかなると高をくくっている。一般人がどうなろうと知ったことではなく、責任を感じない。毎日何人死んだと言われても、全員自分とは関係のない赤の他人だ。またたとえ有名人や政治家がコロナで死んでも、「あ、そうか」で終わりだ。他人事であって誰も悲しまず、政治に何の変化も来さない。このように書いている筆者も同じで、今日限りで投稿が途絶え、やがて知人が風の便りで筆者のコロナ死を知っても、それだけのことだ。悲しむのはせいぜい家内くらいで、家内はたとえば政治家を恨むかもしれないが、その思いは誰にも届かない。東北の大震災もそうであったが、コロナによって死がこれほど軽いものかと実感する日々だ。それでも感染しないと思っている人は多いはずで、その意識の低さもあって感染者は減らない。酒を提供する店が本当にコロナ感染の元凶だろうか。酒が駄目ならノンアルコールを提供し、若者は路上で飲む。この漫画的な光景はコロナに対していかに恐怖がないかを物語っている。筆者が啞然とするのはむしろ電車だ。利用者が減少し、コスパを考えて運行を間引いているが、電車内はすし詰め状態になっているそうだ。コスパ重視で不具合が生じるのはあたりまえだ。大阪の感染者数、死亡者数が減らないのは、病院を減らして来た行政のつけによると言われているが、コスパを唱えながら一方で無駄金を使うのが人間で、病院の閉鎖で浮いた金がその後どこに回ったかを検証せねばならない。無駄を言えばオリンピックだ。ごくごく一部のスポーツマンが英雄のように喧伝され、若い時の一時の業績で一生安泰どころか、政治家にまで成り上がるという図は、本人にとってはすこぶるコスパのいい話だ。それで勉強しなくても体力で有名になろうとする者が後を絶たない。野球がそのいい例だ。小学生の頃から地元の野球団に入り、高校野球を目指し、その後はプロ選手というスターダムを夢見る親がいる。東京オリンピックにどれほどの税金が投入されているのか知らないが、各スポーツ団体が政府から受け取る助成金も合わせると日本はスポーツ選手優遇の点は芸術家支援の何十、何百倍にもなるだろう。そこに後進国性が表われている。パリの日本食堂の壁面に、北斎や歌麿の浮世絵を印刷した小さな団扇が何枚も飾ってある様子をYouTubeで見たが、海外における日本の芸術の象徴は江戸時代で止まっている。夢のない話だ。とはいえ、これを読む人の多くは芸術のコスパは最悪で、スポーツ万歳と考えているだろう。ところで去年コロナ禍が始まってすぐ、中国では巨大な病院が突貫工事で造られた。それを見て日本で同じ必要があると思った人はどれほどいるだろう。
●「京とれいん」初乗り_d0053294_19025613.jpg 「喜々として 危機意識なく 訊きもせず」大阪ではコロナ死亡者が増加中だ。コスパ重視で減らした病院はすぐに復活出来ないのは当然としても、場所はいくらでもあるので、野戦病院のような施設を造ればいい。そのことは去年からさんざん言われているが、建物を造っても医師と看護師が足りず、大阪では病院に搬送されずに自宅で死ぬ人が出ている。その医療崩壊はインド株によって一気に高まる可能性がある。大阪で診てもらえないのであれば、隣接する県が協力すべきと思うが、知事同士の仲がいいとは限らず、大阪は危機でも京都や奈良ではましということが起こる。そうなれば大阪居住を恨むしかないが、コロナで死んでも単なる数字のひとつに吸収され、「あ、そうか」で誰も何とも思わない。去年コロナ死亡者の報告に疑念を唱える書き込みがネットに目立った。死ぬとPCR検査されず、コロナが原因であったかどうかわからないからだ。そのことに対して、死者は必ずPCR検査するので、報告されるコロナ死者は正確だと反論する意見があった。どれほど政治を信頼し切っているのだろう。筆者の身近から去年秋にコロナに感染した者が出た。祇園のスナックで会社の同僚ぐるみで感染し、その後会社も自宅も大騒ぎになり、感染者は2週間自宅とホテルで隔離された。全員若かったので快復したが、とても苦しかったそうだ。その感染者の兄も同じ症状を呈し、病院に行ったところ、検査してもらえず、自宅で寝ていなさいと言われた。本人はのた打ち回って苦しみ、コロナ感染を自覚したが、処置もされないまま治った。彼が言うのは、京都の感染者数は発表されている何倍もあるのが現実で、コロナで死亡してもカウントされていない人も大勢いるとのことだ。真実を解明しない。臭いものには蓋をし、美麗を装う。それが美しき日本だ。死が軽い国。それは後進国だ。何でも劣化が始まると早い。一部が腐食するとそれがどんどん広がる。早いめに処置すべきなのに、そのことをまともにわかっている人はごく一部だ。今日は写真と関係のないことを書いた。写真は3月27日、家内と初めて乗った阪急の「京とれいん」だ。不要不急の用事は控えるべきなのに、翌日で期限切れになる回数券を使うために祇園に出た。桂駅で乗り換える際、足元の表示に「京とれいん」があり、筆者はたまたまそこに立った。すると以前通勤慣れしていた家内は、そこではなく、こっちに立てと数メートル離れたところに誘った。その瞬間「京とれいん」が入って来た。内部はそれなりに込んでいたが、座ることは出来た。全員マスクをしていたが、もちろん他の客と顔を合わせないように気を配った。当日はたくさん写真を撮り、投稿ネタもたくさん得た。その日にコロナ感染していないことは1か月以上経ったので確かだが、誰しもいつどこで感染し、そして死ぬかわからない。そして死んだところで「あ、そうか」でおしまい。
●「京とれいん」初乗り_d0053294_19032489.jpg

スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示する

by uuuzen | 2021-05-03 23:59 | ●新・嵐山だより
●〇は〇か、その41 >> << ●撮り鉄の轍踏み蘇鉄読み耽り、その5

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?