人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「コロナ外 不遇は吹きと 豆撒くや」
痛が始まる前に破水がある。それは痛くないらしいが、人によりけりか。男は出産の痛みがわからず、女より得しているかもしれないが、生まれた子への愛おしさによる幸福感は男以上だろう。



●「コロナ外 不遇は吹きと 豆撒くや」_d0053294_23562243.jpg
痛みを感じてわかることがあり、それで子どもの躾では昔は手をぴしゃりと叩くなどしたのだろう。あるいは子どもは自分で熱いものに触るなどして注意することを覚える。痛みを感じると他人への思いやりが普通は生まれるだろう。自分が痛いと他人も痛い。ならば他者へ痛みを与えることは出来ないはずだが、しばしばそうではない場合があり、自分が痛いとその腹立ちを他人に与える。話を出産に戻すと、筆者の世代以降では自宅で出産することは珍しくなり、産婦人科に入院する。今はその際にコロナ検査をするだろうが、感染がわかれば同じ病院に入院出来るのだろうか。今日の国会で改正コロナ特措法が出来て、感染者が入院を断ると罰金が課せられる。感染しても入院出来ない人が1万人近くいるそうだが、そういう人が罰金を食らう間違いが起きないとも限らない。自宅療養は自宅に放置されることと同義で、高熱で寝た切りになると、ひとり暮らしでは心細く、またかなり危うい。そんな目に遭いたくないので買いものと近くの温泉に行く以外は全く家に籠っている。家にいればいたでやることはいくらでもあり、筆者は退屈を知らない。暖かくなればコロナは収まり始めるとの予測があるが、東京の感染者数がここ1週間は千人を切り、五輪開催のために関係者はハラハラしているだろう。今日は立春で、とても寒かった割に日差しはとても春めき、節分会で訪れた天龍寺では白梅が五分咲きであった。スーパーへの途上のとある家にある蝋梅は1週間ほど前に満開で、わが家の裏庭の紅梅は蕾が大きくなっていて開花間近だ。今年はおよそ200年ぶりか、昨日が節分であった。それでも天龍寺の節分会のポスターは3日となっていた。1週間ほど前にそのポスターをスーパーの途中で見かけ、今年はコロナのために豆撒きも甘酒や樽酒の接待がないことを知ったが、例年どおりに地元の小中生の絵画や習字が特製のパネルに展示されるというので、それを見に行った。法堂前に豆撒きのための舞台はなく、代わりに境内の七福神巡りの笹を売るテントがあって、女性数人がコロナ避けのビニールの覆いの向こうにいた。渡月橋から天龍寺までの商店街はほとんどが店を閉め、人影は数えるほどであったが、松尾大社の節分会も今年は石見神楽や豆撒きが中止となった。毎年天龍寺の節分会で豆をもらい、甘酒と樽酒を飲んで来たので、「甘酒も 樽酒もなき 節分会」ではさびしく、今年は自分で豆と甘酒を買った。酒は去年振袖を見せた21人のうちのひとりからお返しとして一升の酒を年末にいただき、それが半分ほど残っている。先ほど豆をたくさん食べ、甘酒と酒を飲んだので、去年と同じ日に同じものを体に入れたことになる。
●「コロナ外 不遇は吹きと 豆撒くや」_d0053294_23564379.jpg
 天龍寺で撮った習字や絵画の写真を今日使うとなると、文章をたくさん書く必要があるので別の機会に譲るとしてもう一段落書く。今日の最初の写真は毎年同じ真っ赤なポスターで、この赤は鬼を表わしていると思えばよい。酒を飲み過ぎると鬼になる。それで節分くらいは甘酒で我慢すべきか。昨日も嵯峨のスーパーに行き、初めてのことだが、「風風の湯」の常連のFさんと店の中で会った。Fさんが筆者と家内と見つけて声をかけた。筆者は割合きょろきょろするので、筆者のほうから人を見つけることがほとんどと思うので、眼前でFさんに声をかけられてびっくりした。いつもより1時間ほど早く家を出たので会ったのだ。Fさんは筆者のそばに家内がいるといつも饒舌になる。Fさんがアベノマスクをしているとは聞いていたが、昨日もそうであった。そのあまりに小さな布製マスクは不織布と違って政府は薦めていないだろう。とすれば国民全員にマスクを郵送したことは税金の無駄であったことになる。そうそう、甘酒はFさんの好物だ。飲み過ぎて飽きたのか、最近は買わなくなったらしいが、森永や大関などいろんなメーカーのものを買っていたと聞いた。Fさんは今は甘酒がノンアルコールのビールに代わり、毎日3本飲む。Fさんは酒が嫌いで、ビールも飲まない。ところが湯上りにビールの発泡と苦みがいいらしく、去年の秋からノンアルコール・ビールにはまった。はまればそればかり飲食し、飽きれば別のものにはまる。それに相変らずコーヒーは5杯だ。筆者も水分はよく摂取し、喉が渇きやすい。それをFさんに言うと、糖尿気味とのことだが、糖分の多い甘酒を好むFさんもそうだ。ノンアルコール・ビールは清涼飲料水で、それを朝昼晩と飲むことは水ではないから体にあまりよくないだろう。糖分は入っていないとしても、味つけのためにいろんなものが含まれる。本物のビールよりはましかもしれないが、何でも飲み過ぎはよくない。Fさんにどのメーカーの甘酒がいいかと訊くと、どれも味が違うので好みとのことだが、酒を飲むなら大関がいいかもと。それでそれを買おうと思いながら1リットルでは多いので、ビニール袋入りの赤で「禅」と印刷したものを買った。税抜きで188円。たくさん売られていて、節分が終われば割引されると思うが、帰りがけに家内は最初に入ったスーパーにまた駆け込んだ。その店のほうが値段が安かったことを確認するためだ。そして「禅」をもう1袋買って出て来た。189円で1円高かった。2袋で大関の甘酒1リットルとほぼ同じ値段で、最初から大関を買えばよかったが、「禅」はノンアルコールで、大関はそうではない。天龍寺の節分会で振る舞われる甘酒はきっとノンアルコールだ。「禅」はそれと同じ味がした。ただし生姜は面倒なので家内に用意させなかった。明日「風風の湯」でFさんに会えば、「禅」の甘酒がノンアルコールでよいと伝えよう。
●「コロナ外 不遇は吹きと 豆撒くや」_d0053294_23570808.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2021-02-03 23:57 | ●新・嵐山だより
●「レアものを 好きと言うアレ... >> << ●天龍寺節分会での児童と生徒の...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?