人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「聴く耳を 持たぬ菊花が なおも咲き」
刺され ギクッと菊の 耳が立ち」 見事な菊の花を毎年咲かせるようで、新丸太町通りから50メートルほど南の有栖川沿いの一軒家の玄関脇に、1週間前まで去年とは違う白と臙脂の菊花の鉢植えがあった。



●「聴く耳を 持たぬ菊花が なおも咲き」_d0053294_12405293.jpg
その写真を撮ろうと2日後に出かけると、きれいに撤去されていた。品のよさそうな人が住んでいると思わせるに充分な花の手入れで、2年前は一本立ちの大輪の菊が咲いていた。4日前の投稿にその家の菊の写真を使いたかったのだが、もうスーパーへの途上のどこにも菊は咲いていない。それに新春になれば梅が定番だ。菊はいくら長く咲く花の代表とはいえ、今時分はスーパーで売られる菊菜で思い出す程度だ。仙厓は「耳は菊く役 葉は食らう役」と書いて菊の花を描き添えた。菊の葉が何かを食べる歯であると想像するのはかなりグロテスクだが、葉の周囲のギザギザからその発想があってもよい。一方、菊の花は全体に丸い形で坊主の頭のようで、それが聴く役というのは、江戸中期の当時、僧侶が現代の悩み相談よろず引き受け手として機能していたことを表わしつつ、奢って聴く耳を持たない坊主への皮肉とも受け取られる。坊主の仙厓がそこまで同じ身分の僧侶を風刺したかどうかはわからないが、控えめで愉快さをわかっていた仙厓であれば、やんわりと僧侶の傲慢さを風刺したことは充分にあり得る。ともかく、菊は耳を持たないが、「聴く」という名前であり、4日前の投稿は仙厓の菊を描いたいくつかの絵が元になっている。昨日は天気がよくてあまり寒くなかったので、嵯峨の遠方のスーパーに出かけた。2週間に一度くらいはそこに行き、歩く道筋は決めていない。昨日はせせこましい民家が立ち並ぶ中、とある一軒の玄関先の雑然とした草花の中に黄色の菊が咲いていた。あまり美しくないものがごちゃごちゃと入り込むので、撮影の角度に迷いながら2枚撮った。それが今日の写真だ。向かい側の家にはもっと小さな黄色の小菊が10いくつか光を浴びていたが、高さ7,80センチの褐色に枯れた茎に、葉が老婆の口元のようにしなびてまとわりついていた。話は変わって、つい先ほど大阪の知人からメールがあり、ロンドンのバス停の写真を示してあった。バス停にある警告の立て看板の文章を訳すと、「コロナウィルス――家に留まり生を保とう。外出すれば感染を広め、人が死ぬ」と釘を刺す。日本ではここまで直截的な文言はない。それで感染しても死なないと思っている若者は、聴く耳持たずに菊菜入り鍋を夜8時まで店でつつくだろうが、TVその他によって不要な外出をするなと釘を刺されると、内心はギクッとしてぎっくり腰気味になり、小さな耳を立ててはいるはずだ。筆者と家内は電車やバスに乗っての遠出をせず、外出は徒歩で「風風の湯」かスーパーを巡る程度の日々だが、人が集まる場所ゆえコロナ感染の可能性は充分にある。「菊く耳が あっても罹る コロナやん」
●「聴く耳を 持たぬ菊花が なおも咲き」_d0053294_12411063.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2021-01-15 12:41 | ●新・嵐山だより
●「甘冷えで 氷消えたる メダカ槽」 >> << ●「忘れるな 老いのお前が 招...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?