人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「非三密 自肅」
りとしてフォントのセリフ(爪)は薔薇の棘のような効果がある。また「粛」より旧字の「肅」が厳粛な饕餮文を思わせて筆者は好きだ。



●「非三密 自肅」_d0053294_12370258.jpg「粛」の「米」は×を思わせて正月早々縁起がよくない気がするが、コロナウィルスが猛威を奮っている現在、外出を控える意味での×と思えば、「米」でもよい。それに題材に選んだ伏見人形の俵牛は大量の米を運ぶ縁起物で「粛」の「米」とは呼応する。このように何かを表現する際に瞬時にあれこれ考えるが、他者にそれがわからないかと言えば、作者の思いそのままを理解する人がたまにある。先ほど届いた年賀状を確認すると、昨日の午後に筆者がパソコンで印刷して宛名と手書きした年賀状、つまり去年届いたものがほぼそっくりそのままあった。つまり筆者だけが毎年誰よりも遅れて発送している。一昨日「風風の湯」で筆者と同じ年齢のMさんに年賀状を書いたかと訊くと、去年までは仕事がらみもあって百数十枚であったのに、整理して30枚に減らしたとのことで、筆者もそれに似て、今年は50枚買って数枚あまった。届くのはそれ以上だが、業務がらみには返事しない。一方、近隣の親しい人には出さないから、年賀状は遠方かつ親しい人が対象になるが、何十年も会っていない場合は自然と出さなくなる場合がある。それでと言うつもりではないが、今日は今年の年賀状の裏面画像を載せる。ただし、筆者のプリンターのインクは10年ほど前の新古を買ったので、固着した黄色は出ず、配色は切り絵が紫、文字は青とピンクになった。それが昔の駄菓子を連想させる毒々しい色合いで、ソーシャル・ディスタンスを取った三頭の俵牛の疑心を示すように見える。この切り絵の中央の貼紙「非三密 自粛」がはらりと剥がれる日が年内にあればいいが、現在のところ誰にも皆目予想が立たず、不安を抱えた正月だ。ところで正月にふさわしくない話だが、一昨日家内は「風風の湯」で、82歳の常連がつい先日喫茶店で急死したことを耳にした。前日まで元気であったのに、ピンピンコロリだ。先月は嵯峨の鹿王院に尼僧の逝去を告知する白木の大看板が出た。たぶんその尼僧と思うが、筆者は2か月ほど前、中年の彼女を鹿王院横の保育園前で見かけ、目が合った。誰しも自分が急死することを普段思っていないはずだが、急死しても周囲の者が困らないように普段から身辺をきれいに整理しておくのがいいのに、筆者の場合、長生きすることは多くの物が集まることでもある。物の密状態も自粛したほうがよく、Mさんのように年賀状を4分の1ほどに減らす断捨離は常識的行為と言えるだろう。そう考えると、たとえばフォントではサンセリフという爪なし書体がすっきりとしていいのに、筆者は「カラヴァッジョの薔薇花序」で描いたようにどうも棘が好きなようで、貼紙「非三密 自粛」の文字も棘だらけで飾りました。「枯れ枝を ぶった斬る 華麗爺」「ぶった爺 加齢と華麗を 区別せず」
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2021-01-01 12:39 | ●新・嵐山だより
●京都堀川御池 「夜想」にて、... >> << ●「大吉は 大士の口に 宿りけり」

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?