人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●鶏冠鶏頭を育てる、その14(番外7)
孫を見ることは年々難しくなっているかと言えば、平均寿命が延びて高齢化しているのでそうとは限らないか。今夜「風風の湯」では最近よく話すようになった新しい常連のTさんが、孫がいると言った。



●鶏冠鶏頭を育てる、その14(番外7)_d0053294_11550359.jpg
その孫が20代で結婚して子どもをもうければTさんは90代になっているが、その曽孫を見る可能性は充分にある。夜叉孫となれば、20歳くらいで子どもを産むことを4回繰り返せばよく、80代で見られることになる。そのような早婚の家系は珍しくないだろう。若者は何歳までか知らないが、男女とも30代までとすればわが家のひとり息子はまだ若者だが、結婚願望があるのかないのか、またあっても相手は見つかりにくく、たぶん筆者は孫を見られない。まごまごしても始まらないと達観するか、あるいは真剣に考えて親が動き回るかだが、万事を尽くしても物事はなるようにしかならない。それは今年植えた鶏冠鶏頭にも言える。その種子を少しだけ採取したが、それを来年植えても今年と同じ花が咲く可能性が大で、もっと見事な花を望むのであれば環境を変える必要がある。またそうしたところで期待どおりの花が咲くとは限らず、もどかしい。1年はすぐでも筆者にとって1年は大きい。また種子を採取しなくても、今年の花は多くの種子を地面に落下させたはずで、来年は勝手に咲くだろう。その生命力の強さは昨日の2枚目の写真が証明している。鉢からはみ出て地面から育っている「はみ出し者」に目が行くのは、自分の境遇を思ってのことかもしれない。今日の最初の写真は昨日と同じ先月11日の撮影で、向日市に自転車で走る道沿いで見かけた。小さな畑の端に野生化していて、3年ほど通っている道なのに今年気づいた。興味を持てば存在に気づく。何事にも興味を持つことで、見えて来るものが多くなる。最近TVで農業に携わる脱サラの中年男性が、「来年はこうしようという期待があるので面白い」と言っていた。筆者が鶏頭の種子を蒔くことも同じで、思うように行かないので来年こそはと思う。それは残念さと同じだけ期待もある。自殺する人はそのような期待を失うのだろう。今日の2枚目の写真も同じ日に撮った。嵯峨のスーパーに行く途中にあって、数日前に見かけていた。プランターで絵画のように横並びになっていて、土の量が少ないせいか、背丈は短く、もう枯れる寸前だが、葉も赤くて鶏頭のよさが出ている。この花の種子なら土と日当たりがよければ大きく育つかもしれない。当然もっといいのは、筆者が望む形の大きさと色合いの花を咲かせている状態から得た種子であって、袋入りで売られている種子は信用出来ない。今年蒔いた種子はネット・オークションで買ったもので、開花の写真はあったが、その花から採取した種子とは限らない。自分で立派に育てた子としての花から得た種子で孫花を育てたいが、今年の子は期待どおりではなかった。その子の子に期待していいのかどうか。
●鶏冠鶏頭を育てる、その14(番外7)_d0053294_11552053.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2020-11-02 23:59 | ●新・嵐山だより
●鶏冠鶏頭を育てる、その13(... >> << ●鶏冠鶏頭を育てる、その15

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?