人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●鶏冠鶏頭を育てる、その13(番外6)
印を押すことと刺青を入れることは同じ意味がある。自ら刺青を入れる人は多くても、烙印を自分で体のどこかに押すことは今後も流行らないだろう。



●鶏冠鶏頭を育てる、その13(番外6)_d0053294_12345833.jpg
肉が焼ける臭いを嫌なもので、またその後ケロイドになって烙印は読めないが、刺青であればきれいな絵がいつまでも残る。そこに美に対する意識があって、人間はどのようなものにでも美を認めることが出来る。美意識の多様性はファッションの世界で最もわかりやすい形で具現化しているが、TPOがあって、変人でない限りは周囲に合わせた身なりをする。それを意識の制服化と言ってよい。ザッパが68年のロンドン公演で客からの野次に応えて誰もが制服を着ていると言ったことは含蓄がある。それは世間の常識という意味と解してよい。ところがこれを曲解する曲者が世の中にいる。電車で大股を広げて座る男性の股間に向かって漂白剤をかける若い女性がロシアにいることを昨日ネットで知ったが、数人でいっぱいの狭いサウナ室の中央で、両手を膝から外にはみ出させて胡坐をかいて他人が坐る余地を残そうとしない大仏女がいて、その非常識を彼女の丸見えで熱くなっている股間めがけて冷水をぶっかける非常識で応酬してやれば面白い。常識のなさを晒す同類は男湯でもよく見かける。彼らも常連だが、筆者らの常連からは無視されている。非常識な連中と関わり合うのは短い人生では最大の無駄であるからだが、彼らと無縁ではあり得ず、視界にしばしば侵入される。その目障りをあえて取り上げて作曲したのがザッパであったが、醜いものをなぜ無視しないのかと疑問に思う。そこでザッパに代わって言えば、ザッパは馬鹿を風刺しながら無視したことだ。彼らは好んで嫌われることをしていて、放っておくしかない。その点は筆者も同じだが、自分が好きなものをより注視したい。そのひとつに鶏頭の花がある。今日の写真は先月11日の夕暮れに嵯峨で撮った。民家が連なるせせこましい地域で月見団子を売る和菓子屋を見つけたが、その2,3軒隣りの家の玄関前にいくつかの鉢植えの鶏冠鶏頭があった。背丈がとても低く、矮小性の園芸種だ。玄関前ではこの程度の大きさがちょうどいい。こういう新種は年々作出され、ひまわりも背丈がうんと低いものがある。いかにも日本の家屋向きで、日本は小型化を好み、またそのことが得意だ。小さな家にはそれに見合った小さな心が育つのかどうかと言えば、そうとは限らない。ザッパに「住み慣れた小さな家」という曲が初期にある。ただし、この小さな家は女性器を暗示させもする。写真は初めて見つけた2,3日後に出かけ直して撮った。カメラをかまえた時は暗くてほとんど見えなかったので、かなり明るく加工した。面白いのは2枚目の写真左下に種子が地面にこぼれて育った1本があることだ。土の養分が足りないようで、花の鶏冠がとても小さい。たくさん食べると大きく育つが、心は別だ。そう烙印を押しておく。
●鶏冠鶏頭を育てる、その13(番外6)_d0053294_12351568.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2020-11-01 23:59 | ●新・嵐山だより
●ムーンゴッタ・2020年10... >> << ●鶏冠鶏頭を育てる、その14(...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?