人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●花と虫
会勉強をするためにアルバイトはひとつの手段になるが、大人になれば嫌でも働くことになるので、学生の間はアルバイトをするなという意見もある。男の場合はまだしも、女性がアルバイトすると男と接する機会が増え、変な虫がつくと嫌がる親もいる。



●花と虫_d0053294_00204509.jpg変な虫がつかなくて幸いと思っていると、婚期を逃す場合もあるので、女の子を育てるのは男子以上に大変であろう。花に虫はつきもので、花は虫に無視されれば、次世代の花を咲かせることに支障を来す。そこで娘を持つ親は虫としての男を適当な時に適当な人物が現われてくれることを期待するが、子どもが親の心を知らないことは常識で、親が知らない間に虫を次々に呼び寄せることがよくある。とはいえそれはまだましだ。一匹、いやひとりの男からも言い寄られないでは、生まれて来た意味がないとすねる女性もいるだろう。わが家の白薔薇はその名前が意味する処女のとおり、虫が密着している様子を見たことがないが、そう言えば薔薇は花弁が複雑で、蜜のある蕊に虫がたどり着くのはかなり面倒くさいのではないか。エルザ・トリオレの『幻の薔薇』には、薔薇の原種は五弁であると書いてあった。それならば開花すれば虫は簡単に蜜を吸える。多弁花に変異したとすれば、そこにどういう理由があったのか。おそらく蝶のような蜜を吸うための細長い器官を持った虫に特化したのだろう。さて今日の写真は桂川沿いで7日に撮った。コスモスがあちこちで満開だ。臙脂色のコスモスの花に大きな熊蜂がへばりつき、筆者が間近に寄っても蜜を吸うのに懸命で、花も喜んでいるように見え、またその周囲の花は「次はこっちへ来てよ」と待っているようで、蜂にとっては天国だ。花はパラボラ・アンテナのように空を向いていて、これは日差しを浴びることとは別に虫にすぐに見つかり、蜜が吸われやすいためだ。今は金木犀の香りが漂っているが、コスモスは虫だけが感じる香りがあるのだろう。だが、「花」と来れば「蝶」だ。そう思って写真を撮ってすぐやや左手を見ると、揚羽蝶がピンク色のコスモスにくっついていた。その様子を撮影しようとカメラをかまえた途端、ひらひらと飛び去った。熊蜂を見るとまだ同じ花に執心中で、花が牡丹のように大きければ、その中で就寝するだろう。花には花の、虫には虫の目的がある。人間のそれは可能な限り多くの天国気分を味わうことと言ってよいが、それは人によってさまざまで、花にも虫にも関心のない人がいる。男なら花のような女性に、女性は蜜を吸う虫としての男を欲するのが自然かと言えば、今の社会ではLGBTが大いに話題となって、そういう人たちを特殊と公言すると糾弾される。なので、花畑には虫がつきものである自然を、男女の自然さにたとえることは感心されないだろう。それに花は女性ばかりではなく、男性にも花のように清々しく咲き切る時期がある。では虫のような女性もいることになるか。
●花と虫_d0053294_00202584.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2020-10-14 23:59 | ●新・嵐山だより
●健気に咲き続ける白薔薇VIR... >> << ●レザニモヲの『ザッパロウィン...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?