人気ブログランキング |

●嵐山中ノ島の鵜屋、その6
売記事ではないし、筆者の想像を好き勝手に書いているが、先ほど「風風の湯」で嵯峨のFさんとサウナ室でかなり話したことに関して今日はまとめる。



●嵐山中ノ島の鵜屋、その6_d0053294_15073138.jpg
「風風の湯」はここ10日ほどは学生が利用していて、7時半頃までは彼らの姿が目立つが、8時になると常連数人だけとなって、今夜も82歳のMさんは大きな湯舟で子どものように平泳ぎしてはしゃいでいた。他に客はおらず、静かに泳ぐのであるから誰にも迷惑をかけない。Fさんとは、芸能人が新コロで収入が激減し、政府に泣きついている話に及んだ。Fさん曰く、金持ちは収入が半減すると、貧しい庶民よりはるかに危機感を抱くらしい。生活の質を下げたくないからで、贅沢病に侵されている。著名な俳優に億単位の収入があれば、少しは恵まれない裏方を援助すればいいと思うが、それは筆者のような生涯貧しい者の考えで、金を握るともっとほしくなる。それは俗物で、日本の芸能界はほとんどそれが占め、俗物の度合いが高い者ほど有名になるという血も涙もない世界だ。筆者はFさんにジュゼッペ・ヴェルディのことを少し話した。ヴェルディは名声も富も得た成功者であったが、芸能人とは違う芸術家だ。筆者が言う意味の芸術は日本では育って来なかった。今後もそうで、いるのは芸能人ばかりだが、彼らを今はアーティストと呼んでいる。ヴェルディはオペラ歌手が老いて貧困に沈むことに心を痛め、最晩年に彼ら専属の養老院を建てた。今はヴェルディが稼いだ資産以上に金を持つ芸能人はたくさんいて、彼らは豪邸、愛人などに金を使って成功を自慢する。彼ら有名人は裏方がいて活動出来るので、裏方の生活をどうにかしてほしいと訴えるのは、Fさんや多くの人が思っているように筋が違う話だろう。筆者が思うに、最も儲けている俳優たちがヴェルディを真似て自分たちの業界を陰で支える人たちに安心をもたらす慈善事業をすべきではないか。そういう太っ腹であれば人々の尊敬も集め、後世に名前が残る可能性もある。だが日本では無理だ。ヴェルディのような優しい心を持つ表現者はもう遠い昔の話で、自分だけが目立って金が儲かればよく、その欲望に限りがない芸能人ばかりだ。明日はどうなるかわからない水商売は儲けが大きい時がある。その時期に蓄えて難事に備えるのが常識人で、それが出来ないならばホームレスになればよい。そのくらいの覚悟がなければ自由業は選べない。ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞を思い返せばよい。金持ちになって有頂天になり、人を見下げていると、いつか見下げられる側になる。芸能人はそういう想像力がない。あるいはあり過ぎるので金を貯め込んで防衛する。Fさんはこう言った。「あんな俳優がいつ消えてもすぐに代わりがいる」それが芸能界だが、スポーツ界も同じだ。大金をつかめば馬鹿でもセレブだ。とにかくTVにどんどん出て目立つことが第一とされる。
●嵐山中ノ島の鵜屋、その6_d0053294_15075554.jpg
 目立つ方法は、戦前はラジオか新聞雑誌であった。富士正晴の本を読んでいると、落語家の初代桂春団治が弟子の小春団治と一緒に四条鴨川沿いの料理宿に泊まった時、春団治は窓から川に飛び込むので、小春団治にもそうしろと言い、自分は先に飛び込んで弟子は仕方なしに無様に続いた。水から上がった春団治は、人気商売は新聞ネタになるような目立つことせなあかんと小春団治に諭したが、その伝統上に今の吉本の芸人がいる。目立つ行為をしなければ人間として目立たないと考えるのはある意味では正しいが、芸人は芸で目立つべきであって、そのほかのことで目立とうとするのは見苦しい。ところが今は本業の落語よりもTVのワイドショーで日銭を稼ぐ者がいる。その格好悪さも含めてのお笑い芸人だが、春団治の時代と違ってTVが出現してからは、お笑い芸人を含めた芸能人は、一般庶民が何度か高額の宝くじが当たってもかなわない天文学的な数値の金を得ることが可能になった。それは日本だけのことかどうか、ともかく異様なことで、お笑い芸人をたくさん抱える吉本は日本政府と結ばれてもいる。富士正晴の本では、春団治が吉本ともめて暴力団ふたりに襲われたことも書いてあったが、芸能界と暴力団、そして政治家は三位一体で、それは今も変わらない。それでは芸人に政治風刺を期待するのは全く無理な話で、実際お笑い芸人は首相と密かに会って懇意にしていて、芸能界が政界の宣伝役になっている。お笑い芸人だけではない。東京オリンピックの開会式と閉会式に参加するらしい、先月東京で5000人を集めてライヴを開いた女性ヴォーカルのいるロック・バンドもそうで、裏で政治家とつながっているからそういう金の儲かる大役が回って来るのだろう。川端康成が『伊豆の踊子』に書いた旅芸人一家の小娘は、現在ならばどこかのプロダクションに入ってアイドルになる。そして有名になって小説家が足元に及ばない高収入を得て、両親に家を建てる。つまり、小説家の地位は下がって芸人の位が急上昇した。もっとも、大いに売れている小説家はいるが、目を覆いたくなる醜悪な顔をして、下衆もここに極まれりの思いがする。世界を見ても今や三流の俳優であっても、王族の目に留まれば結婚してその仲間入りが出来る。TV時代になって有名人になる条件が著しく変わった。政治家もTVに出なければならず、TVに出ていれさえすれば新コロに感染しても即座にCTR検査をしてもらえる。発熱した力士はなぜ4日ほど在宅で様子を見なかったのか。TVに出て顔が知られていることこそ、今ではエリートの条件で、何事も優先される。不平等が堂々とまかり通っているのに、文句を言っても届かない。それでもこういうことを書き散らすのはうさ晴らしにはなる。今日の最初の写真は先月14日、2,3枚目は22日の撮影だ。まばらな観光客の半分はマスクをしていた。
●嵐山中ノ島の鵜屋、その6_d0053294_15081860.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

by uuuzen | 2020-03-19 23:59 | ●駅前の変化
●渡月橋上流左岸河道整備、その10 >> << ●渡月橋上流左岸河道整備、その...

時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2020 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌✍🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔☔⚡🌋🏳🆘😈 👻🕷👴⌛💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏♻