人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●素晴らしい女性
は松と梅の間にあって普通とみなす向きもあれば、松、竹、梅は同格でどれが上かは関係がないと言う人もある。介護施設で暮らす筆者の母は「竹」と命名された部屋にいる。



隣りは「松」で、「梅」もどこかにあるのだろう。認知症になった母なのに、筆者を見ると、たまに「気が小さくて頼りない」と吐き捨てるように言う。母は父親の役目も果たして来なければならず、しおらしい女性ではいられなかった。筆者が子ども心に思い出すのは、近所の年配の男性が母に色目をよく使って近寄って来たことだ。当時の母は子ども3人を抱えた30歳ほどで、それも当然であったろう。そういう男どもの圧力を跳ねのけながらの子育ての大変さは、女でなければわからない。筆者が小学6年生の頃、家の中を少し改装する必要が生じて大工が数日出入りした。母と同世代の、眼鏡をかけた朴訥とした男がやって来た。仕事がすっかり終わった数日後、彼は酒に酔った勢いで、真っ赤な顔をして夕暮れに訪れた。そして筆者や妹らの前で母に思いの丈を告白した。「大山さん、わしは大好きなんや。この思いを受け入れてもらえんか」といったことをくどくど話し始め、母は筆者に笑顔で目くばせしながら、相手にきっぱりと言葉を放って追い返そうとした。それが10分ほど続き、男はすごすごと帰って行った。母のどこに惚れたのだろう。貧乏所帯ながら快活に生きていることが眩しかったのかもしれない。母にすれば、その男は真面目そうだが、何の魅力もないことは明白で、筆者ですらそう感じた。今にして思うと、母は父がいなくなってから、あちこちで男に言い寄られることがあったのだろう。男の影がない若い女に男は言い寄るものだ。だが、女にも選ぶ権利がある。母の男の好みは簡単に言えば「やくざ者」であったと思うが、これは人に雇われず、自分で稼ぐという意味だ。「一匹狼」と言い換えてよい。これにもうひとつ「賢い」という条件があって、「男はアホでも絶対に大学を出ていなければ常識がなくてあかん」とよく言っていた。男は世間的な常識を身につけ、他に秀でた存在でなければならないとの考えだ。そんな男ならどんな女でも好きになると思うが、女もいろいろで、本物の「やくざ男」が好きなのもいる。結局似た者同士がくっつき、世間を騒がせている沢尻エリカという女優も、これまで身の丈にあった男性に言い寄られ、現在の境地に至った。自分がしっかりしていれば、筆者の母のように、つまらない男がやって来れば、余裕を持ってうまく退散させるはずだ。もっとも、そのような精神的に強い母になったのは、小さな子を3人抱えて貧乏のドン底に突き落とされたからだ。一家心中せず、また人から非難されるような子には育てないという覚悟があったからだが、それは沢尻が同じ境遇になってもそうなるかだが、たいていの女性はそうなると信じたい。それほどに女性のわが子に対する愛情は深く、強い。
●素晴らしい女性_d0053294_13515090.jpg
 極貧であるのに母は筆者の本代だけはけちらず、ほしがる本だけはすぐに買ってくれた。思春期になって男っぽくなって行く筆者がとても父親似で、眩しかったからではないか。そして、母は本を読んで偉い人になれとか、金をたくさん儲けるようになれとかは一度も言ったことがなかった。その点で母は近所の同世代の他の母親とは決定的に違い、また筆者も他の子どもとは決定的に違って育った。それがいいと言いたいのではない。筆者は母が創り上げた存在だが、母が望むような松や竹、梅に相当する男にはならなかった。母にすればいささか失敗作で、「やくざ者」はまあまあそのとおりになったと思うが、「賢い」は外れ、また「気が小さく頼りない」はまさしくそのとおりとなった。筆者が小学生の頃、周囲の大人から、「こーちゃんにお父さんがいればなあ……」と何度か言われたことがある。それは経済的、精神的に支える人が欠けていることの残念さを思ってのことだが、誰でも生まれ落ちた境遇から出発するしかない。そして、半世紀前よりもはるかに経済的に豊かになった日本であるのに、貧困に苦しむ子どもが増えているようで、日本はどこで何をどう間違って来たのかと思う。17日は地元の小学校で少年補導委員主催の子どもたちを遊ばせならが競わせる催しがあり、朝の苦手な筆者は8時前に校庭に行った。40名近い少年補導委員が昼食を作るチームと競技の採点係の二手に分かれ、筆者は後者になった。競技は10種もあって、小学生の参加者全員が数人ずつそれらのコーナーを巡り、点数をカードに記入してもらう。筆者ら数名は校庭の端の玉入れゲームの係となった。縦横3つずつ計9個の穴袋のついた板に向かって、1分間に布製の玉を数メートル離れたところから投げ入れる。その板を5つ並べたテーブルから10メートルほど離れたところに、貧しそうな身なりの30代の父親と鼻水を垂らした5歳くらいの女児がいた。ゲームが始まってやがて女児は少しずつテーブルに近づき、テーブルを越して飛んで来た玉をこちら側にそっと投げ始めた。そして次第に勢いづき、次々と飛んで来る玉をがむしゃらに拾ってはこっちへ返す。筆者は次のグループがやって来るまでの数分の間、彼女に声をかけ、同じように玉入れゲームをさせた。次の小学生たちがやって来ると、彼女はスキップして父親のもとに戻り、やがてまた飛んで来た玉を熱心にかき集めたが、大人が優しく応対することと、自分も小学生並みに扱われていることが嬉しくてたまらない様子だ。江戸時代の寺の小僧はそのようにして大人の僧侶からいろいろと仕込まれた。その女児は美形ではないが、嬉しそうな笑顔と動きは、秋の日向の中で輝かしかった。大人がうまく世話をしてやると、そんな小さな子でも充分に役割を果たし、また本人も生き生きとしている。そしてそういう子どもの喜ぶ顔は大人にとって何物にも代え難い。
●素晴らしい女性_d0053294_13512057.jpg
 そういう女児が大人になって、優しい男に出会って慎ましくても楽しい家庭を築くのが理想で、またそういう夫婦が大半だが、女も男も美形であれば虚飾だらけの芸能界を目指すだろう。だが、単なる美形は白痴美で、ホストという職業も本物の「やくざ者」に近い。結果的に似た者同士が惹かれ合って一緒になるが、TV文化による虚飾礼賛によって「やくざ者」が幅を利かせる世の中にますますなって来ているように感じる。あるいは彼らが表舞台に出られやすくなっただけかもしれないが、そのことによって本来人生を踏み外すことのない人が巻き込まれやすくなっている。さて、昨日は急遽予定を変更して家内と美術館巡りをした。最初に訪れたのは家内の妹が書を出品した豊中市展で、曽根駅に初めて降り立った。各駅停車駅で、着くまで車窓の景色を楽しんだが、2駅手前の庄内駅のすぐ近くに商店街の出入口が2,3見えたので、展示を見た後、昼食目的に同駅で降りてそこを目指した。大阪の下町によくある商店街だが、シャッターを閉めた店は少なく、まだ活気はあった。だが、南を流れる神崎川を越えての三国の商店街よりは規模は小さい。安い店を探しながら、商店街端の角の店に入った。男ばかりで、筆者らが陣取った隅のテーブルの横では労務者風がふたり向かい合って焼酎をジョッキで飲んで談笑している。真横のコの字型のカウンターにスーツ姿も2,3人やって来た座った。全員常連のようで言葉を交わし合っていた。30代のスマートなウェイトレスがやって来て、筆者と家内は別々のものを頼んだ。筆者はおかずを並べた棚から一品好きなものを取り出し、後は飯かと待っていると、10分ほど経ってメインの皿と飯が運ばれて来てその量の多さにびっくりした。働き盛り相手の商売で、女性では食べ切れない量だ。上下黒のジャージにパンチパーマ、裸足に雪駄姿の50代の小柄な男が入って来て、筆者の真横のカウンター席に陣取った。同じウェイトレスが愛想よく彼の注文を訊き、先にジョッキの焼酎を運び、やがて山高い嵩の飯を持って来たが、男は「こんなに……」と呟いた。「食べれるでしょ」と彼女は言ったが、明らかに常連への心使いで、また彼女がその客を気に入っているゆえの大盛りだろう。だが、男女間の愛ゆえではない。ふたりは似た者同士には見えないが、同じ下町暮らしの点で共通し、持ち合わせている人間的優しさで通じてもいる。その男は横目で筆者を何度か盗み見したが、その気配を感じた筆者がそっちを向くと、素知らぬ風に顔をそむけた。筆者が常連ではなく、またかなりパンクな身なりで何者かと思ったのだろう。ウェイトレスはてきぱきと動き、誰に対しても平等に笑顔で接していた。彼女を磨き立てれば芸能人になれる。だが、そんな世界にふさわしくない松竹梅級の素晴らしい女性だ。労働者相手の食堂で甲斐甲斐しく働くその姿に家内も心を動かされていた。
●素晴らしい女性_d0053294_13521192.jpg

by uuuzen | 2019-11-24 23:59 | ●新・嵐山だより
●京都大宮高辻 BlueEye... >> << ●更地とまっさらな明日

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?