人気ブログランキング |

😱11月3日、京都大宮高辻のBlueEyesで👻ザッパ祭りのライヴ『ザッパロウィン』があります。午後4時半開場、5時から9時過ぎまで3バンドが演奏します。予約すれば3000円。👽わたくしは舞台で出演者としゃべりmas🎃
●飛び出しボーヤ、その57
えとレディメイドの差はあっても、設置場所はたいていはPTAの自主判断により、交通標識と違って一時的な存在だ。そのためにグーグルのストリート・ヴューで表示されていないことがままある。



d0053294_17513832.jpg
筆者が最初に「飛び出しボーヤ」について投稿したのは11年半前で、丹波のスーパー銭湯に従姉夫婦と車で再訪した際にフィルム・カメラで撮影した。それは3,4キロほど直線が続く見通しのよい区間にあって、同温泉に同じメンバーで最初にその道を走った時に筆者は気づいていた。少年が飛び出す形でないその独特の誂えぶりがかわいらしくて目を引いたのだが、従姉の旦那さんは猛速度で車を走らせるので、筆者はたった一度のシャッター・チャンスを逃さないように500メートルほど手前からカメラをかまえていた。先日同じ場所をストリート・ヴューで確認すると、「飛び出しボーヤ」の設置はなかった。過去もそうで、そうなると筆者の撮影は記録としてそれなりに意味を持つ。いくら車の往来がほとんどない田舎としても、子どもが横断するのに危険な場所であることは変わりがないので、近くの小学校のPTAが新たに誂えて設置することを期待したい。現在のところ筆者が目撃した「飛び出しボーヤ」の最東端がこの丹波街道沿いのものだが、車中で見かけたもので、筆者のように徒歩か自転車では遭遇する場所や数はごく限られている。ところで、3日前の昼過ぎ、金森幹夫さんから「飛び出しボーヤ」の写真つきのメールがあって、28日に京都市内でのライヴを一緒に見ないかとの誘いがあった。市内なら出かけやすい。昨夜はそのライヴを見て来たが、演奏が始まる前、金森さんはスマホを取り出して多くの「飛び出しボーヤ」の写真を順に見せてくれた。そして今朝それらは簡単な説明つきで9回のメールに分けて届けられ、筆者は早速数時間を費やしてブログ用に全部を加工した。1回の投稿当たり3枚の画像を使うとすれば、9回分になる。一方で金森さんは気になっていながら撮影していないものを今後送信してくれるようで、当分は「飛び出しボーヤ」の投稿は「金森さん撮影」の副題をつけるべきものとなる。大半は車で移動して見かけたもので、行動範囲が広がると格段に多くのものに遭遇する。ただし、車中から見かけることと車を停めて撮影することの間には多大のエネルギー消費の差がある。見かけてもそれがどういう形や色をしているかを意識に留めるには、まず「飛び出しボーヤ」に関心を抱いている必要がある。それに、車を思うように停められない場合が少なくないことは容易に想像出来る。金森さんの撮影したものは、筆者は絶対に出会わないと言ってよく、筆者の「飛び出しボーヤ」の投稿は協力者を得て新たな段階に入った。また金森さんによれば市販品もままあって、それらの設置場所を調べることで面白いことが判明する可能性はあるが、このブログでは原則的に取り上げない。
d0053294_17521326.jpg
 今後合間を見て断続的に投稿するが、今日はその序のような位置づけで3枚の写真を選ぶ。最初のものは長岡京市にライヴを見に行った先月28日の雨の中での撮影で、大山崎の西国街道沿いのJR高架下の児童公園の出入り口だ。4年前の7月に投稿した「その27」の2,3枚目の写真も同じ町の西国街道沿いだが、2枚とも児童公園よりやや南で、3枚目の写真の「飛び出しボーヤ」と今日の最初の写真のものは同じ市販品ながら、支柱の位置が異なり、使い回しではないことがわかる。4年前の7月は高架下は橋脚に筋交いの鉄骨を挿入する耐震補強の工事中で、その2か月前のストリート・ヴューを確認すると、2,3枚目の「飛び出しボーヤ」はまだない。高架の東西に住宅があって、東側の住民が西国街道を利用する際に高架下をくぐる際に危険なことから、「飛び出しボーヤ」が工事中の塀に臨時に設置された。工事後にそれらは撤去され、ストリート・ヴューによるとここ9か月以内に児童公園際に新設された。先月28日、筆者は4年ぶりに西国街道の同じ場所を歩きながら、「飛び出しボーヤ」がどうなったかと気がかりであったが、今日の最初のものしか見かけなかった。2枚目の写真は今月7日、大阪の天神橋筋商店街3丁目で撮った。金森さんが以前撮影して先月写真を送ってくれたが、自分で確認して新たに撮影した。立ち飲み屋の看板になっていて、店員が開店時のみ設置する。前にも触れたが、これは0系の著作権を持っている会社が文句を言わないのだろう。3枚目は今朝金森さんから送られた中から選んだ2点で、以前の投稿との比較から、他のものに先駆けて今日紹介する。左は今日の最初の写真の市販品のボーヤの女子版だ。これを筆者は初めて見る。木の柱のてっぺんの見上げる位置に取りつけられているが、同様のことは珍しくない。車中からの撮影とのことで、場所は水口から南東5キロほどの甲賀市土山町の国道1号線(東海道)だ。金森さんは音楽のライヴ以外にスポーツ観戦も好み、甲賀市にある競技場に出かけた際の撮影だ。3枚目右も同じ東海道沿いで、立体の市販品を個人が庭先に設置していることがわかる。これは天神橋筋商店街のパチンコ屋の店先に幟旗を立てるために置かれているものと同形で、「飛び出しボーヤ」ではないが、それを兼ねて民家が面白がって置いている。似てはいるが幟旗設置用ではないものは「その49」「その50」に投稿した。「飛び出しボーヤ」は本来の目的以外に店舗が宣伝のために幾分デザインを改造して設置し、また個人が趣味で置く場合もある。人の形をして顔の表情がわかるところに面白さがあるのがその最大の理由だが、わが地元では蛙を象ったものがある。「飛び出す」行為は人より蛙のほうが得意だ。あるいは筆者の世代なら「飛び出しナイフ」を思い起こすが、それを象って看板を設置しなければならないほどに物騒な日本になりつつある。
d0053294_17524497.jpg

by uuuzen | 2019-09-29 23:59 | ●新・嵐山だより(シリーズ編)


●鶏頭傾倒経過観察、その7 >> << ●京都上京 喫茶ゆすらごにて、...
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
 
  ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2019 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌✍🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔☔⚡🌋🏳🆘😈 👻🕷👴⌛💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏♻