人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●作品と反動のエネルギー
をかしげたくなることは誰しもある。たとえばガソリンをぶちまけて放火する男だ。彼が今後病院から出て精神鑑定を受け、何らかの病状が確認出来れば罪は問えないことにもなるが、精神の異常性は肉体の異形のように他者には見えず、医者によって判断が違うのではないか。



それもあって、今後彼の裁判の判決がどのように下されても、首をかしげる人はいる。以前に少し触れたが、家内の中学からの親友の女性が統合失調症と診断され、また鬱病にもなって一時入院した。彼女の昔と全く変わりのない、淡々と話す様子を見ると、精神病院に入っていたことが信じられないが、一方で人は場合によっては精神病に罹ることがあることを知り、これは「飛び出しボーヤ」が象徴する子どものように、車道に勢いよく駆け込んで車に衝突される事故と同じく、いつでも誰にでも起こり得ることと思っておいたほうがよい。幸いと言うか、筆者は精神病とは無縁で、また全く関心もなかったが、ここ数か月はそれなりに思うところがあって、ネットで調べている。先日「ひとりぽっちで立つ」の投稿でスザンヌ・ヴェガの曲の歌詞を紹介した。そこで歌われるのはリストカットを繰り返して来た女性がこれでは駄目だと思い至り、生きる目標に目覚めるという内容で、スザンヌの実生活を歌ったものに思える。それは他者から聞いた話を曲にまとめ上げるにはあまりに繊細な内容であることと、彼女の美しい顔がどこか自信なさげで精神を病みやすそうに感じられるからだ。ミュージシャンに限らず、作品を生み出す人はどこか普通の人とは違うオーラがある。またそれを本人が意識しているためか、服装も目立つ場合が多い。ヨーコ・オノは「普通に育てられなかった子は芸術家になるしかない」といった意味のことを語ったが、芸術家でなければ犯罪者で、ガソリンをぶちまけて放火する男はその一例だ。また「育つ」ではなく、「育てられる」というのは、幼ない子どもであるからで、幼少期の育てられ方、環境というものは大人になっての行動を大きく左右する。種類がたくさんあってとても覚えられない精神病も育てられ方に起因することが大きい。スザンヌ・ヴェガがどういう幼少期を過ごしたかは知らないが、彼女の作詞からは精神を病む原因があったことが想像出来る。それを彼女がどのようにして克服し、また有名になったのかも、彼女の曲が明かしていると思うが、自己表現への意欲があったお陰で精神を病んで自殺へ向かわなかったことは、感動的であっても痛々しさが貼りついていて、筆者は素直に彼女の曲を楽しめない。ただし、それは彼女がリストカットしていた過去を持つことが前提で、そうでなければ彼女はフィクションを構築する稀な才能を持ち、それはそれで彼女の顔や表情と照らし合わせると、筆者は女の不思議さ、怖さを痛感させられる。
●作品と反動のエネルギー_d0053294_23052453.jpg
 先日紹介したヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』を読み終えた後、筆者は彼女が「境界性人格障害」を患っていたのではないかと思って早速調べた。すると、同じ考えの人がいて、彼女の行為はその精神病から説明がつきやすいようだ。彼女は異父兄弟ふたりから子どもの頃から性行為を強要された。その経験が大きなトラウマになったことは容易に想像出来る。同じような被害を受ける女性は世界中いつの時代にも大勢いるが、彼女らすべてが作品行為によってその古傷を忘れようとするかと言えば、むしろそれは例外的なことで、ヴァージニアはスザンヌと同じように自己表現の才能に恵まれていた。もっとも、それは幼少時から目立ったものではなく、トラウマを克服しようとする気持ちの一方で磨きがかけられ続けたものだ。そして大人になった時にその才能が開花した。「境界性人格障害」の特徴は誰でもひとつかふたつは思い当たるのではないか。またその程度であれば「境界性人格障害」とは診断されないが、「境界性人格障害」も人によっては症状の現われ方が違い、挙げられている特徴以外の顕著な思考や行動もあるだろう。それは「境界性人格障害」以外の精神病を併発していると診断されるが、そうなれば精神病はかなり曖昧で見えにくい病気と言え、病名をつけることで患者が生まれる可能性を思う。精神病は病気として百年の歴史で、また心を扱うので、どこまで治療方法が正しいのかという疑問がある。そのため、「一風変わった人」という認識で付き合い、病名を指摘して本人を滅入らせないほうがいいのではないか。あるいはこの百年の間に文明が激変し、精神を病む人が増加したのも事実かもしれず、またそう感じるので筆者は「境界性人格障害」に関心を抱いている。その特徴はたくさんあるが、自殺願望のひとつのリストカットで実際に死んでしまう人がどれほど多いのだろうか。自傷行為は習慣となりやすく、筆者も10代まではそれに似た行為をしていたが、いつの間にか気を紛らわせることが出来た。自傷行為で精神を安定させ得るのであれば、ある程度は本人にとって仕方のないことで、スザンヌのように、何かを契機として自ら立ち上がるしかない。周囲の者がその助けをするとして、そういう理解者がない人は自分に自信のないままにこの世から消えてしまう行動を起こすのだろう。ところで、「境界性人格障害」を精神病と言うのは間違いで、「普通と違う」という診断だ。そこに先のヨーコ・オノの言葉を持ち出すと、芸術家には「境界性人格障害」が多いことになるが、その気味のある人を含めると芸術家はたいていそうだろう。自殺未遂を繰り返したヴァージニアは結局自殺したが、自殺は躁鬱病患者が躁になった時に起こす割合が大きいと読んだことがある。沈んだ気分からハイになった時は生きる喜びを再発見した気分だと思うが、ではなぜその時に自殺するのかが筆者にはわからない。
●作品と反動のエネルギー_d0053294_23060302.jpg
 筆者は初めて出会う人とでも2,3時間は談笑可能で、どのような話題でもそれなりに話を継いで行く自信がある。一方、このブログは毎日深夜に綴ることが多く、書き進めると気分が高揚し、徹夜も苦にならない。自分で「躁病か」と思うことが多々あるものの、その後に気分が鬱に陥ることはないので、躁鬱病ではないが、何らかの精神疾患を抱えているかもしれない。片親育ちはその可能性が大きいと子どもの頃によく言われた。「境界性人格障害」や「自己愛性人格障害」の要素も少しはあるとも思っているが、それは普通の人と比較した場合にわずかに目立つという程度のもののはずだ。ところで、昨日触れた辻まことは詩人の尾形亀之助を敬愛し、次のように書いている。「作品というものはどんな作品でも、それが表現するためには作者の反動を必要としている。発射される反対の方向をもつエネルギーのことだ。……私は彼の一冊の詩集だけを選んでポケットに入れて戦争にいった。惨憺たる数年の風景の中で私がどうやら自分の脚で立っていられたのは尾形亀之助の声なき哄笑をきき、運命をかりそめのものとして眺められたからだと思う。……世界からすっかり切り離されてしまっても、なお人は「一人」としての時間を所有せざるを得ないという実感を抱いたことがなければ(このバカバカしい瞬間)尾形亀之助の世界に縁をもつことはできないだろう。」どんな作品でもそれを生む反動のエネルギーを要するという表現はスザンヌ・ヴェガの「SOLITUDE STANDING」の歌詞にそのまま表現されている。またそれだけにその曲が真実味を帯び、彼女を一躍世界的に有名にした。反動のエネルギーが大きいほどに大芸術が生まれることになるが、これは心身ともに満ち足りた環境で作品を作っても、何ら人を感動させるものが生まれ得ないことも意味している。その満ち足りた環境を「幸福」と人は呼び、辻まことは『蟲類図譜』で「幸福」を次のように書く。「朝の歯ブラシにひそみ、晩の焼酎に住み、白昼の店頭に、清浄な田園山野にも住んで、いつでも人間の健康をむしばもうとしている。気をつけなければならない。このコトバをつぶやくだけでこの虫に襲われ、猛毒に倒れることがある。男はこの虫にとっつかれると、駆足となりアホとなる。女は……簡単に消化され、虫が女のカタチになる。この虫について議論するようになればもうオシマイだ。」人々の大多数はこれを承服出来ないだろう。辻は尾形を「何の役にも立たない意識を現わして見せた詩人」と書くが、大多数の人は「何の役にも立たない」存在を必要とせず、量的な豊かさを幸福と思っている。作品行為の反動エネルギーは「ひとりぽっちで立っている孤独感」で、それは普通の人が感じる孤独とは全く違い、またそもそも芸術家は孤独を感じない人種だ。あるいは絶対的孤独を常に抱えているので創造するしか生きた心地が得られない。
by uuuzen | 2019-07-27 23:59 | ●新・嵐山だより
●飛び出しボーヤ、その53 >> << ●神社の造形―大原神社

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?