人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●ひとりぽっちで立つ
ぐべき遺産もなしという人は多い。それはまだましで、両親のいない人もある。生まれ落ちる場所や時代がみんな違う。みんな母のお腹からひとりぽっちで生まれて来て、やがて立って歩く。人はそのことにさえも平等ではない。



●ひとりぽっちで立つ_d0053294_01102072.jpgそういった差を不公平と恨んでも、人生は面白くならない。10代後半の筆者は出自について親友に不満を言ったことがある。すると彼はこう言った。筆者が今この世にいるのは筆者の魂がこの世に生まれようと絶大に欲したからだと。まだ知恵のない赤子にそのような意志がないと反論するのは簡単だ。たいていの人はそう一笑に付す。だが、少し立ち止まって考えればよい。母が10か月も腹の中に抱え、痛みに大いに苦しんで筆者をこの世に送った事実は、筆者が生まれて来たいと望んだことに絶対に間違いはない。筆者はその思いを30歳くらいに絶大に自覚し、今も信じている。そして、筆者と同じ悩みを打ち明ける人物に、かつて筆者が親友から言われたことをそのまま伝えている。自分の人生を恨むことはせっかく素晴らしくなるはずの時間を空しく使っている。不遇の恨みを親に向かって、「勝手に産みやがって」と内心罵る人がいるが、親が勝手に産んだのではなく、自分が生まれて来たいからこの世に姿を見せたのだ。ぜひともそう思ってみることだ。すると世界が少しずつ違って見えて来る。失敗しても腐るな。また次に挑戦すればいい。本当は親から子に継がせるべき遺産は、そのような鼓舞しかあり得ない。だが、子どもがその親の思いを真に理解することが誰にも訪れるとは限らない。それは悲しいことだ。悲しみの底に沈んで世を恨み、他者の人生を破壊しようとする者がいる。その暴力はあらゆる場所に大小さまざまな形で蔓延し続ける。伏見のアニメ・スタジオをガソリンで焼き尽くした男が、いつどこで人生の進路を見失い、孤独のどん底で恨みを募らせたのか。彼に優しい言葉をかける友人がいなかったのか。ちょっとした微笑みで彼も失意を少しは忘れ得たはずだ。それがかなわないほどに人々は孤立している。特に今の40前後の若者がそうだ。そういう世代の不遇は自助努力が足りないとされるが、生まれ落ちた時や義務教育の期間など、親から継ぐべきものにあまりに差があり過ぎて、努力しようにも人生の出発点がはるか後方にある場合はいつの時代にも存在する。最初からハンディがあり過ぎる人生の競争者に夢を持てと言うのはあまりに残酷だが、それでも与えられた人生で立ち続ければ、きっと自分でこの世に生まれて来たことの意味がわかる瞬間が訪れる。筆者はさまざまなハンディを超えて来たが、ハンディそのものはなくなることはなく、一生つきまとう。それでも自分が生まれて来たかった人生であると思っている。そのことを息子にうまく理解させたか。何度も言って来たつもりだが、繰り返し言うほうがよい。そうでなければ筆者の遺産は継がれない。
●ひとりぽっちで立つ_d0053294_01105933.jpg
 先週19日の朝、息子の職場から電話があり、出勤しておらず、アパートを訪れると応答がなく、連絡がつかないと言う。慌てて家内がアパートに行くと息子はいない。夜に数語のLINEメールがあり、アトピーで体調を崩し、仕事場には事情を説明したとのことだ。20、21日の2日は筆者もアパートに行って家内の掃除を手伝い、相変わらずLINEメールを送り続けたが、既読にはなっても返事がない。今夜ようやくメールがあって、明日づけで会社を辞めるが、体調はすこし戻ったとのこと。どこで何をしていたのかわからず、それを何度質問しても答えない。親を心配させないでおこうと思っているのだろうが、10年ほど前の夏にアトピーをこじらせて死ぬか生きるかの状態に陥ったから、その再来かと心配になる。ともかく、家内ともども疲れ切ったが、現状はわかった。仕事を辞めて静養する必要があるなら、親は協力する。息子のアパートには年に一度か二度訪れる。1年前か、天井の蛍光灯が点かなくなっていた。天井が高いので交換が出来ない。それで一昨日筆者は折り畳みの木製の椅子をコロコロに載せて持参した。円形の蛍光灯を買いに近くのAEONスーパーに行くと、4階が売り場だと言う。そこに上がってきょろきょろしていると、BGMがスザンヌ・ヴェガの「SOLITUDE STANDING」(孤独は立っている)に変わった。そのリズムに合わせて歩を進め、同曲が鳴り終わる頃、商品を見つけた。同曲は1987年の作曲で、息子が4歳の頃だ。日本はその後どう変化したか。暴力はいっこうに減らない。スザンヌは家庭内暴力や自傷行為といった社会の暗部を歌詞にして大ヒット曲を放った。「SOLITUDE STANDING」は代表曲だ。孤独は影のように自分にまとわりつき、その掌はリストカットを繰り返して血まみれだ。その影に添う自分はひとりぽっちだが、暗闇に目を凝らすと、一群の人々が座って同じ方向を見つめている。彼らの仲間になりたいと思って来たが、ようやく今は彼らの見つめているものがわかる。ざっと以上のような歌詞だが、筆者は群衆は実際はみんなひとりで立っていると見る。人生に目標を見出してそれに打ち込むことはひとりぽっちで立ち続けることだ。それは孤独か。そうではあるが、何かを生み出す行為を続けるので孤独を感じている暇がない。スザンヌはシンガーソングライターとして生きる目標を見つけた。その才能がなくても、自分が面白く、楽しくなることはあるはずだ。それを暗闇の中に凝視して見出さねばならない。それは生まれて来た時と同じ、ひとりぽっちの挑戦だが、もう自分ひとりで立って動ける大人だ。自分の孤独な影を見るな。それとは縁を切って、自分が生まれて来たいから生まれて来たと思え。歌詞をどうにか歌えるように訳しておく。写真は昨夜撮った。3枚目は家内が横を向いている間に電車の向こうの窓を写した。
●ひとりぽっちで立つ_d0053294_01112351.jpg
Solitude stands by the window 窓際にひとり、さびしい娘
She turns her head as I walk in the room 部屋に入れば顔を向ける
I can see by her eyes she's been waiting 目つきはわたしを待っていた
Standing in the slant of the late afternoon 暮れ行く午後に立ち続け

And she turns to me with her hand extended わたしに見せる広げた手
Her palm is split with a flower with a flame それは真っ赤な五本指

Solitude stands in the doorway 戸口に影絵のさびしい娘
And I'm struck once again by her black silhouette わたしはもう一度釘づけ
By her long cool stare and her silence 冷たい目をして押し黙る
I suddenly remember each time we've met すべての出会いを思い出す

And she turns to me with her hand extended その娘はわたしに手を広げ
Her palm is split with a flower with a flame 真っ赤な花の五本指

And she says "I've come to set a twisted thing straight" 「撚りを戻しに来たわよ」
And she says "I've come to lighten this dark heart" 「心を明るくさせてあげるわ」
And she takes my wrist, I feel her imprint of fear  けれどわたしをつかむ腕は震えてる
And I say "I've never thought of finding you here" 「もうその娘を見たくはないわ」

I turn to the crowd as they're watching たくさんの人が見つめてる
They're sitting all together in the dark in the warm 暖かい暗がりに座ってる
I wanted to be in there among them 仲間になりたかった
I see how their eyes are gathered into one わたしも目指すものが出来た
by uuuzen | 2019-07-22 23:59 | ●新・嵐山だより
●神社の造形―大将軍神社(東三... >> << ●大船に乗ったつもりの大船鉾に...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?