人気ブログランキング | 話題のタグを見る

●切り株の履歴書、番外その9
ムを最近あまり見かけないが、味がなくなった後、ぺっぺと地面に吹き飛ばす人が多いのか、どの駅のプラットフォームでもガムを踏んだ痕跡をよく見かける。昨日は神戸に出かける途中で降り立った駅で次の電車を待つ間、プラットフォームに目を落とすと、ガム跡が100箇所以上あった。



●切り株の履歴書、番外その9_d0053294_00430688.jpg
こそぎ落すことが出来ないほどにコンクリートに染み込み、直径5センチほどの黒々とした円模様になっている。それはまだしも、柔らかい間に踏みつけると大変だ。接着剤のように靴底にベトリとへばりつく。それを思えばガムは臨時の接着剤になるだろう。今日の夕方嵯峨のスーパーに買い物に行く途中、4日前に投稿した市営駐車場の出入り口脇の植え込みを覗くと、落下したはずの小さな人形を切り株上に載せてあった。それが今日の最初の写真の黄色の矢印だ。2枚目は少し西側の別の木で、葉が生い茂るので人形は無事だ。筆者なりに落下した人形を探したが、草の隙間をていねいにかき分けてはいない。最初に接着剤でくっつけた人が見つけたとすれば、また接着剤かあるいは味のなくなったガムを使えばいいのに、そのまま置いてあって、強風で落ちる。次回嵯峨のスーパーに行く時は瞬間接着剤を持参しよう。それに家に適当な小さな人形があるだろう。本格的な春が来るのに、切り株が本当の切り株のままではさびしい。各切り株に小さな人形を固定すれば賑やかな舞台になる。今日見かけた人形が、4日前に筆者が投稿した文章を読んだ誰かが現場に行って探して置いたものとすれば、なかなか愉快だ。有名人でない筆者なので誰もそんなことをしてくれないが、ひとりくらいはいるかもしれないと甘い想像をするのは楽しい。これは味がなくなったガムのような大昔の話。筆者がまだ赤ん坊の息子を自転車に乗せてよく散歩した桂川沿いの公園の自転車道路際に、1本の大きな合歓木があった。それが台風などの影響で消え去ったのはもう10年ほど前だ。息子が幼ない頃、筆者はその木から種子を採取した。それが育って今はわが家の裏庭で巨木になり、世代は継がれた。それはいいとして、ある日のこと、東京から来た女性と話をしながら、松尾からその川沿いの合歓木を目印にゆっくりと歩いた。その時に撮ったお互いの写真がある。彼女は20代、筆者は30代前半で、傍目には恋人同士だ。それから1か月か1年か忘れたが、彼女は筆者に黙ってひとりでまたその合歓木を訪れた。そして筆者が見つけるようにとその木に手紙を結わえ、そのまま東京に戻った。そのことを彼女から打ち明けられたのはずっと後のことだ。筆者はその手紙のことを露とも知らず、彼女の夢はかなえられなかった。その後、彼女は結婚して落ち着き、自宅に合歓木を植えた……。彼女からそのことを聞いていないが、筆者は知っている。筆者が今日見つけた人形は、筆者のブログを読んだ人が置いたかもしれない。そんなロマンティックなことを考える。
●切り株の履歴書、番外その9_d0053294_00432913.jpg

by uuuzen | 2019-02-17 23:59 | ●新・嵐山だより(シリーズ編)
●紅白梅と流水、古典とポップス >> << ●精華大学卒業終了展ライヴ、角矢胡桃

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?