人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●ぼったくりの松ぼっくり
償問題が生じるのは嫌なので、念のために駐車場の車を移動させてほしいと、近所の人から今日の午後に言われた。筆者は車を持たないのに駐車場の土地を2台分持っている。



●ぼったくりの松ぼっくり_d0053294_00195681.jpg
しかも先月からは貸していた1台分が解約されたので、2台分が空き地になっている。それでそこに自由に停めてもいいと返事した。その近所の人は今月上旬の台風21号で屋根の瓦がかなり吹き飛ばされた。幸いにもそれは家の真横にある貸し駐車場に停まっている車を傷つけることはなかったが、明日やって来る台風ではどうなるかわからない。それでその人は自宅に隣接する貸し駐車場に停められている車の持ち主を一軒ずつ訪ねて移動してもらっている。移動するには別の安全な駐車場が必要で、それで筆者は快く使ってもらうことにした。昨日も書いたが、台風で自宅の瓦が飛散し、それで他人の車を傷つけた場合、どこまで弁償すればいいのか。スマホを見ながら自転車に乗り、誰かに衝突して怪我をさせた場合とは違い、自然災害は不可抗力だ。損害を受けた方は仕方がないと諦めるべきと思うが、どの家のどの部材によって損害が生じたかがわかる場合、損害を受けた方は文句のひとつでも言ってやりたいと思うかもしれない。そういう近所トラブルを想像すれば、前もって安全対策をしておくに越したことはない。筆者はどうかと言えば、裏の庭木が折れて近所の家を傷つける可能性はあるが、台風に備えて庭木を全部切っておくなど誰も考えない。それはともかく、強い台風はぼったくりをして行く。またガラクタを持って来もする。それは片方のスリッパやゴミ箱の蓋、洗濯ばさみやハンガー、それに木々の枝や葉、実など、ゴミとして処分するしかないものものだが、台風15号がわが家の前に大量にもたらしたガラクタの中から、筆者は松ぼっくりを拾い集めた。「台風が吹き寄せた松ぼっくり」の投稿に写真を載せたように、今月19日、渡月橋から50メートルほど下流の右岸に、100個ほどの大小の松ぼっくりを長方形に集めた区画を発見した。それから10日しか経っていないが、その様子が気になって、2日に一度は確認している。5年前の台風15号による被害の後、渡月橋下流の右岸の嵐山公園は川に面して新たにベンチがたくさん設置され、台風以前の倍の数にはなった。松ぼっくりの長方形の区画はそれらのベンチの間にあって、ベンチに座る人の目にはつきにくい。また今月はお彼岸の連休以外、観光客はまばらで、筆者が嵐山公園に散歩に行く時はほとんど誰もいないも同然だ。そのため、松ぼっくりの長方形の区画に目を留める人は1日に多くて20人ほどではないだろうか。筆者はその集められた松ぼっくりを面白いと思ったが、何も思わない人の方が多いだろう。また中には蹴散らす人もあるはずだ。そのようにされても松ぼっくりにはどうでもいいことで、また誰も困らない。
●ぼったくりの松ぼっくり_d0053294_00205477.jpg 筆者もそうだが、せっかくの縁なので、変化が気になる。散歩がてらのちょっとした寄り道と遊び心で、たまに投稿している「切り株の履歴書、番外」と同じだ。他愛ないことに注目するほどに暇ということでもあるが、気晴らしでもあり、誰かが遊びでやってことを筆者が引き受けているという思いがある。25日の午後に確認すると、半分ほどがなくなり、またそれらは河川敷の斜面に散らばっていた。5メートルほど横に若いカップルが座っていたが、彼らにかまわず2,3分要して拾い集め、元どおりの長方形の区画を作った。誰かが蹴散らしたか、風に飛ばされたのだろう。今日の最初の写真は翌26日の午後の様子だ。雨の中、松ぼっくりはみな閉じていた。また全体の4分の1ほどがなくなっていたが、昨日のように河川敷にはなかった。どこかに落ちていないかとうろうろ探し回り、100メートルほど離れた中ノ島橋に近い、桜が植わる芝生の囲いの中でたくさん見つけた。台風21号が、そこからかなり離れたところにある松の木の根元から吹き飛ばしたのだろう。傘を差しながら両手に濡れた松ぼっくりを持てるだけ持ち、3往復したが、一度に10数個しか運べない。袋があれば一度で済むのにと悔やんだが、自宅に戻って出かけ直すほどの気持ちもない。筆者が往復する間、嵐山公園を歩く人は数人で、傘を差した筆者の奇妙な行為は注目されなかった。集めた松ぼっくりは長方形をかなりはみ出したので、あまったものは元の場所に戻した。次回長方形の区画が崩れた時に補充がしやすいようにとの考えだ。筆者はその松ぼっくりの区画を嵐山名物にしている気だ。今日の2枚目の写真はその区画を手前に、中景に川鵜と鷺を収めた。撮影する数分前までこの二羽はくっつくほどに身を寄せていた。魚を取り合うのに、その仲のよさは不思議だ。あるいは仲がよいのではなく、身を接しながら縄張り争いをしていたのかもしれない。3枚目は一昨日の27日に撮った。今度はビニール袋を持参した。好天のためにまた松ぼっくりはみな開いていて、容積が大きくなったので2段重ねになっている箇所がいくつかあった。ほとんど長方形は崩れておらず、誰も意識しなかったようだ。近景に主役として松ぼっくりの長方形の区画、中景に工事中の渡月橋、遠景に小倉山を写し込んだ。絨毯か座布団のように見えるが、人が座ると尻が痛いし、松ぼっくりも痛がる。写真を撮った後、26日と同じように桜の木の根元に散らばっている松ぼっくりをぼったくるように集めてビニール袋をいっぱいにし、自宅に持ち帰った。台風24号は長方形の区画をすっかりぼったくって行くはずだ。そうなった時にまた新たな区画を作るためだ。
●ぼったくりの松ぼっくり_d0053294_00215719.jpg

by uuuzen | 2018-09-29 23:59 | ●新・嵐山だより
●渡月橋下流側欄干修復、その2 >> << ●「SYMPHONY NO.7...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?