人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●台風が吹き寄せた松ぼっくり
り空よりも雨がたくさん降る方が気分はさっぱりする。今日は終日雨で、明日もそのようだが、昨夜むしゃくしゃすることがあったので、今日の午後はその気分を多少でも忘れようと、傘を差し、長靴を履いて出かけた。



●台風が吹き寄せた松ぼっくり_d0053294_22004059.jpg
渡月橋を北にわたって鹿王院の前を歩き、そこから車折神社、そして昨日書いた「千代の古道」を通りながら、写真を10枚ほど撮った。終点は昨日に続いて梅津に住む従妹の家だ。そこで2、3時間話をした。気分はわずかに晴れたが、当分は収まらない。雨は夕方から強くなり、雨音を聞きながらこれを書き始める。今月の投稿はほとんど台風21号に関係した身辺雑記になっているが、それは筆者の内面を映すにはかえってよい。このブログは日記と呼ぶには書くことをあまりに限定しているが、決して書かないことがこうして書くことに影響を与える。それは筆者のみが知るので、投稿を読む人はほとんど意味不明の冗漫な内容と思っても、理由があってそうなっている。さて、先日書いたように台風21号はわが家の玄関前に、多くの木の葉や木切れ、針金ハンガーや洗濯挟み、片方のサンダルといったゴミをもたらした。特に青い松葉が目立った。台風が過ぎた直後で地面は濡れていたため、箒では掃きにくく、指で摘まみ取ったが、自然がもたらした植物の葉や実などの散乱具合は、銀杏や紅葉した楓の葉、栗の実のような主役級はないものの、文様や和菓子にある「吹き寄せ」そのもので、とても美しいものに見えた。そう思えば、自分のこうした雑文もそれなりに愛おしく、筆者が惹かれるものを書き留めることは意義があるように思える。だが、台風で吹き寄せられた葉っぱなどは、しょせんはゴミだ。そして自分の文章もそうであることを自覚している。しゃがみながらの1時間ほどの葉っぱ集めは苦にならなかったが、その「吹き寄せ」の中で捨てずに集めて回ったものがある。松ぼっくりだ。松葉や50センチほどの松の枝が落ちていれば松ぼっくりがあってもあたりまえで、それが散らばっている様子は、「吹き寄せ」文様の重要なひとつに見えた。松かさは珍しくないが、台風直後の「吹き寄せ」状態の中でのその多さは目を引いた。充分乾燥させてからようやく一昨日地面に並べ、写真を撮った。それが今日の最初の写真だ。12個を1段として7段きっかりで、まだ半分、青いものをその集団の下に置いた。この1個は吹き飛ばされた枝にくっついていたもので、まだ熟していない。枝からその1個を取り外そうとすると、なかなか手強かった。松の本能として、熟していない実を地面に落下させることは出来ない。熟せば自然と枝から外れやすくなる。筆者は強引に何度も引っ張ったが、ようやく外れた時は両手に松脂がべっとりついた。それは若死にした松かさの抵抗の悔し涙か血か。
●台風が吹き寄せた松ぼっくり_d0053294_22011413.jpg
 集めた松かさは84個と若い1個だ。そこに筆者は自分が85歳半ばになっている姿を想像し、現在入院中の母の姿に将来の自分を重ねてみるが、長生きが必ずしも楽しくはないことを思う。松かさ1個が1年として84個の集団は少ないのか多いのか。84歳で体も心も元気であれば当然少ないと感じるだろうが、一方で84個の松かさが100や200になったところで羨ましいだろうか。またそれがたとえば50個とどのように見栄えが異なるというのか。そんなことを思いながら、昨日の午後、天気がとてもいいので、ひとりで嵐山公園を散歩した。公園内の観光客は10数人といったところで、筆者のボロ服に気を留める人がいないのがよい。気ままに渡月橋に向かって砂利を踏みしめていると、河川敷の川に向かっての斜面際のとある小さな一画に、松かさがたくさん集められていた。それが今日の最初の写真のような長方形で、風に吹かれたのか、多少はその領域からはみ出ていた。すぐに筆者はしゃがんで長方形に整え、写真を撮った。それが今日の2枚目だ。松かさを並べている間、背後を通る人はいなかった。観光客が少ない間は、ほとんど誰もその松かさの長方形に気づかないだろう。また、見つけると蹴飛ばして長方形を崩すだろう。最初に書いたように、今日はまた嵐山公園から渡月橋をわたることにしたが、嵐山公園に踏み入った時、松かさの長方形の区画を思い出した。観光客の姿は昨日より少なく、筆者は松かさがそのままであることを確信した。現場に着くと、松かさは雨に濡れてみな引き締まった形をしていた。多少散らばっていたものをまた並べ直すと、昨日の面積より2割は少ないように感じた。今日の3枚目はそうして撮った。昨日は踏みつけられたものやかなり小さなものが多いように思い、また埃っぽかったので数を調べなかったが、今日は傘を差したままではカメラが大いに濡れ、並べるだけで精一杯であった。嵐山公園には松があるが、この長方形の区画の近くにはない。そのため、筆者が台風直後にわが家の前で集めたよりもはるかに時間がかかったと思うが、そこまでして並べたのは、暇と遊び心がたっぷりとあることが前提になる。そんな人はたくさんいるので、誰がどのようにしてということを筆者は想像しないが、自分と同じことをする人がいることは楽しい。松かさを集めようとした理由は、「切り株の履歴書」の投稿で紹介している切り株のすぐ近くに、ブロックで囲った小さな花壇があって、その土の上に整然と松かさが並べられていたことを思い出したからだ。昨日も今日もその写真を撮ったが、台風で飛ばされたのか、誰かが引き抜いたのか、数ははるかに減り、配置はバラバラになっていた。
●台風が吹き寄せた松ぼっくり_d0053294_22013921.jpg

by uuuzen | 2018-09-20 21:57 | ●新・嵐山だより
●梅宮大社東端のブロック塀、北半分 >> << ●怒りの爆蘭

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?