人気ブログランキング | 話題のタグを見る

●台風21号の被害、続き
んばりが期待される自衛隊だ。今日の未明に北海道で起こった大地震に明日中に2万4千人の隊員が派遣される。



●台風21号の被害、続き_d0053294_00391892.jpgこの地震のために台風21号のニュースはうんと少なくなるだろうが、ひどい山崩れの映像をTVで繰り返し見ると、台風21号の被害は軽微であったと実感する。筆者は北海道に行ったことがなく、そのためでもあるが、東北や北海道の自然災害については九州で起こったものに比べて関心が小さい。それで今日はまた台風21号の被害について書くが、昨日「風風の湯」で常連から聞いたことを今日確認したからでもある。その常連はサイクリングが趣味で、昨日は桂川沿いを南下したところ、松尾橋から下流は倒木のために通行禁止になっていたそうだ。筆者は桂川右岸を渡月橋から松尾橋までは自転車で走ったが、松尾橋から下流はまだ見ていない。日は夕方から雨との予報であったので、昼の間に2週間ぶりに向日市まで自転車で往復し、その帰り道で松尾橋から下流の右岸を少し走った。ところが、常連の言葉どおり、自転車道路は通行禁止の立て看板があった。仕方なく土手の下の道を走ったが、土手上にある大木が何本も大きな被害を受けていた。その一例は今日の最初の写真の下側だ。手前は土手の斜面にある木で、その左半分が地面に倒れ込んでいる。奥にある木は土手つまり自転車道路沿いに立ち、被害の様子はわからない。上の写真は桂にある五社神社の参道を真正面から撮った。鳥居のすぐ奥に右手から桜の老木が倒れて道を塞いでいる。筆者はこの神社の傍らを走ることが好きで、台風の被害が気がかりであった。樹齢百年以上の巨木が何本もあって、それらはみな無事であったが、参道を彩る桜の老木はやはり台風には弱いようで、来年の春は多少さびしくなる。おそらくどの神社でも大なり小なり、樹木の被害はあったはずだ。そう言えば今日は松尾大社の近くを通りながら、境内を確認しなかった。今日の地震がなければ台風21号が京都にどういう爪跡を残したかについてもっと全国ニュースで紹介されたと思うが、まずは人命に関することが優先され、その次は交通網などのインフラの大きな被害についてであって、樹木の被害は報じることもないとも言える。とはいえ、景勝地の嵐山であり、桜の老木があちこち姿を消すと、人間も桜もいくら頑張っても数年では元どおりにならない。昨夜「風風の湯」で81歳のMさんはこう言った。桜のが根こそぎ倒れた箇所に苗木を植えるといいが、京都市はおそらくそうせず、土地を平らにした後にまた掘り返して苗木を植える。またそれはまだいい方で、苗木を植えることはしないだろう……。35年ほど嵐山を見て来た筆者は、35年前に比べて桜の木がうんと減り、空が広くなったことを知っている。今回の台風によってさらにそうなっても、観光客にはわからない。それに桜の木が多かった頃がいいかと言えば、そうとも限らないと言う人があるだろう。
●台風21号の被害、続き_d0053294_00395416.jpg 人間は進化を信じたいので、新しい時代はいつも多くの人に肯定的に受け入れられ、古い時代にない新しい意味があるとされる。そのため老人は大事にされず、若者は若さが何よりも価値があると主張されるし、実際若作りに余念のない高齢者はそういう若者を眩しく見つめる。そう考えると、もう寿命を迎えていた老木が台風で一気にやられたことは自然の摂理で悲しむことはなく、老木が姿を消すことは高齢者がいなくなることと同じで、誰も困らないどころか、せいせいすると思われることもある。それはさておき、台風21号の被害でMさんが大いに憤っていたことがある。関空島へ通じる橋にタンカーが衝突したことだ。淡路島出身のMさんは若い頃に船を10いくつ抱えていたと言う。親がそうであったのか、そういう会社に勤めていたのか知らないが、ともかく船について大いに知識と関心がある。そしてその立場からタンカーが橋に激突したことをあまりにおそまつであると何度も言った。錨が台風で流されたにしろ、大規模な台風がやって来ることはわかっていたことであるから、船長は安全な場所に停泊させることが常識であり、また11人も船員がいながら橋に激突するまで何をしていたのかというのがその理由だ。危機管理がなっておらず、また事故が起これば想定外でしたとの言い訳で通用する時代になっている。Mさんはそう嘆き、知識はあっても知恵のない者が増えたと言葉を継いだ。それを今の若者が聞けば、老人の戯言と言うだろうか。さて、今日の2,3枚目の写真は4日の台風21号が通過した午後6時過ぎに撮った倒木の様子だ。2枚目は「風風の湯」の玄関前とその前の桜の林、3枚目は上が中ノ島橋から見下ろした中ノ島最南端、下が中ノ島から嵐山や渡月橋方面を向いて撮ったが、どちらの写真も桂川は黄土色の濁流だ。渡月橋に至るまで観光客に出会わなかったが、2枚目の写真の下の方を撮った直後、犬を連れて散歩中の自治会住民のYさんに出会った。彼女は筆者と同じ年齢で、いつも悲しそうな顔をしているが、その時はさらにそうであった。そして桂川沿いの梅津地区に住む友人に電話して停電中であることを知ったと言った。梅津には筆者の従妹が住んでいる。台風が過ぎた直後に電話したが、20回ほど呼び鈴が鳴り続けても電話に出ず、珍しく不在のようであった。そして今日の夕方、筆者ひとりでムーギョに自転車で買い物に行き、その帰りに従妹の家に立ち寄った。台風の被害はTVのアンテナ程度であった。そうそう、梅宮大社の道路沿いに長く続くブロック塀には、6月中旬の地震の直後、危険を知らせる貼紙がなされた。今日その塀の前の道を通ると、ブロックの高さは1メートルほどに削られ、向こうの境内の緑豊かな林や庭が丸見えになっていた。やがて目隠しの金属製の塀がブロック塀の上に建てられるだろうから、今のうちに道路側からその林を撮っておくつもりでいる。
●台風21号の被害、続き_d0053294_00402573.jpg

by uuuzen | 2018-09-06 23:59 | ●駅前の変化
●5周年の「風風の湯」 >> << ●台風21号の被害、続々

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?