●『WHO THE F*@% IS FRANK ZAPPA ?』アレックスのメール70
海、航空にほとんど無縁の筆者で、最近は暑くなって来たこともあって航地もあまりしないので、ムーギョに向かって歩き始めると息切れがする。昨日がそうであった。



d0053294_01054478.jpg
だが、2か月ぶりに訪れた梅津の従姉の家で談笑している時に聞いたことに驚嘆し、運動不足は格好悪いことを思い直した。従姉の旦那さんは今82歳で、「風風の湯」でよく会うMさんと同じ年齢だが、Mさんより10歳は若く見える。長身で体格がよいからでもあるが、外出好きでよく歩くからだろう。つい先日はママチャリで梅津から木津川に架かる流れ橋までを往復したというが、桂川の自転車道路を利用して嵐山から流れ端までは45キロもある。その道標は「風風の湯」の玄関斜め前にあるが、嵐山から梅津までの距離を差し引く必要があるとはいえ、帰りは自転車道路を使わずにより距離の長い物集女街道を走ったというから、90キロは走っている。それほどの距離を筆者は1日で自転車で走ったことがなく、今後も走るつもりはないが、途中で休憩せず、水も飲まずに80代でそういう運動が出来ることを聞いて、ちょっとした勇気を与えてもらった。それはさておき、久しぶりにアレックス・ウィンターからメールが届いた。今回の題名は「PRODUCTION DIARY ENTRY」で、いよいよドキュメンタリー映画製作日記の紹介が始まる。その最初は粘土アニメ作家ブルース・ビックフォードのアトリエでのインタヴューだが、ほとんど写真が3枚紹介されたのみで、話の内容は近日中に届く次回のメールで報告するとある。今日の投稿の最初の写真は、逆光でビックフォードの表情がよくわからないものの、車椅子に座っているようで、体力が落ちているのだろう。ビックフォードは筆者より4歳年長で今年71歳になる。その年齢にしては老けて見えるが、創作意欲は衰えていないようで、最初の写真の背後に小さな粘土人形がたくさん並んでいて、また2枚目の写真では線描のアニメを描いている。根を詰める手作業であるので、運動不足になりがちだが、その点は筆者と同じだ。ビックフォードは以前のDVDで自分が育った「モンスター通り」を散策するなど、散歩にはよい環境に暮らしているが、だんだんと散歩も億劫になって来たのだろうか。散歩と製作のどちらを優先するかとなれば、楽しい後者であるはずで、足が弱るのは仕方がない。アトリエは広々としていて、また写真からは緑が多い庭がガラス越しによく見え、申し分のない製作環境と言える。人生は航海にたとえられるが、海にほとんど縁のない人でも、また明確な目的を持たない場合は、「彷徨」と言うにふさわしい。あるいは何をしたいかという目標を持っている人でも寄り道は多く、また高齢になると目的地に着くことよりもそこを目指していることを信じたいだけとなる。梅津の従姉の旦那さんと筆者は馬が合うので、一度自転車で遠出しようと思うが、初めての神社を訪れるなど、明確な目的を作ってからだ。同じ遊ぶにしても自分の複数の関心事に関係することをしたい。ビックフォードがザッパのために作ったアニメもそうだろう。
d0053294_01065887.jpg

by uuuzen | 2018-06-10 23:59 | ●新・嵐山だより(特別編)


●『蜷川実花 UTAGE 京都... >> << ●温泉の満印スタンプ・カード、...
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
あたりまえのことを書きま..
by uuuzen at 09:14
個人的な感想であっても、..
by インカの道 at 16:45
個人的な感想の書き込みで..
by uuuzen at 15:26
どうかされましたか?ブロ..
by インカの道 at 13:44
"Can't Affo..
by インカの道 at 20:33
回答ありがとう御座いまし..
by インカの道 at 20:50
来日公演の際にテリー・ボ..
by uuuzen at 15:52
「パンキーズ・ウィップス..
by インカの道 at 14:53
技術だけで有名になれない..
by uuuzen at 17:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2019 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.