●「武田理沙~フランク・ザッパ・メドレー関西初演」 武田さんと筆者が10月26日、大阪の神山町のALWAYSにて対談します。
●切り株の履歴書、番外その4
価なものであればすぐに持ち去られるが、小さなキャラクター玩具であればほしい人は限られる。それでも珍しいものならば収集家がいるかもしれない。



d0053294_01022529.jpg昨日に続いて今日も家内と午後6時頃に家を出て嵯峨のスーパーに買い物に行ったが、昨日はカメラを持参しなかったので切り株上の玩具を撮影しなかった。2,3秒立ち止まって見たところ、変化があるような気がした。それで今日は撮影、先ほど「その3」に投稿した写真と比べたが、3枚目は変化がないことがわかった。最初の写真は水色の矢印にあった水色の帽子を被った玩具が消えている。2枚目の写真は新たに見つけたもので、これは1,3枚目の写真の間に位置する。小さな切り株がひとつだけ目立つので、たぶん筆者は「その3」の撮影時に見落とさなかったと思う。また、3枚目の写真の右端に玩具が載っていない切り株があって、いずれそこも使われるかもしれない。あるいは筆者が気づく以前にあった可能性もある。玩具を切り株上に接着剤で貼りつける行為を「愉快犯」と呼べば、「犯人」と言うほどの悪いことではなく、ふさわしくない。どう呼ぶべきかと考えるに、「愉快犯」と「遊戯」の合成で「愉快戯」はどうか。「ゆかいぎ」とは言いにくいので今ひとつだが、湯に浸かって会議する、つまりおしゃべりする際の話題とすればふさわしいが、この切り株上の玩具のことを「風風の湯」でよく話をする人たちに向けても誰も関心を抱かないはずで、それで筆者はブログ用のネタにしているところがある。つまり、この愉快戯をしている人と筆者は似たところがある。それでこの投稿を面白がるのも筆者と似た人ということになるが、なかなかそういう人はいないだろう。愉快に思う対象は人によって違い、ある人には愉快でも別の人には不愉快なことも多い。「愉快犯」で思い出すのは、先日連続放火のニュースがあって、ワイド・ショーのゲストはそれを「愉快犯ではないか」と意見した。そのことに違和感を覚えた。「愉快犯」という呼称は、罪の意識が軽い印象を与え、またちょっとした悪戯で面白がってみるというニュアンスがある。放火の被害を受けた人からすれば、愉快とは正反対の事件で、犯人に火を点けたいほどだろう。大勢の人が騒ぐ様子を愉快がる犯行という意味で、「愉快犯」は正しい言葉だと言う人があるだろうが、「不愉快犯」に改めた方がよい。加害者の愉快さを重視すべきではなく、被害者の思いを表わすべきだ。筆者は「愉快犯」という言葉を聞くたびに不愉快になる。日本では被害者よりも加害者を保護する向きが強く、殺されても生きている犯人を重視するところがある。死んでしまえばもう生き返らないので、生きている犯人の命を尊重するという考えなのだろうが、殺された方には家族や親類があって、簡単に死者を軽んじられては困る。愉快がって放火するのであれば、その犯人を火あぶりの刑にして面白がる人のことを非難は出来ないだろう。
d0053294_01024948.jpg
 切り株関連のニュースで昨日驚いたことがある。東大阪市の公園に咲いた桜の木の太い幹を10何本か伐採した者は市と契約する造園業者であった。あれほど全国的に騒ぎになったのに、その業者は口をつぐんでいたのか。そうだとすれば、そのことだけでも会社名を公表してそれなりの償いをすべきではないか。わからなければ黙っておいてよいという醜い風潮は今に始まったことではないが、証拠を見つけられないならば何をやってもかまわないという考えを首相が見本として示しているようであるから、造園業者ごときが頬かむりをしても無理はない。「わたしどもが伐採したというのであれば、その証拠を見せてください」。このように当初は市役所の職員に言ったかもしれない。それで行為を録画や録音しても、「それは切りつないだものであるから、完全な証拠とは言えない」と、どこまでも見苦しく抵抗する。それどころか、「そんないちゃもんは何かの陰謀だ!」と声を荒げるから始末に悪い。花が咲いているのに幹を切るのは桜がかわいそうだとは思わないのだろうか。蕾がつく前の段階の方が腐食箇所はよりよくわかるはずで、また剪定するならその頃だ。それをわざわざ満開になってみんなが楽しんでいる頃の夜半に切るのであるから、後ろめたいことがあると普通の神経では思う。「いいえ、わたしたちはいわば愉快犯ですよ。みんなを騒がせたかったのであって、他意はありません。それに世間も騒ぐことでそれなりに気晴らしになったでしょう?」と造園業者は思っているだろう。本当に世間並みの造園の知識があるのかどうかは疑わしい。市民の税金をそのようにドブに捨てていることはどの街にでもあるだろう。役人は自分の懐が痛まないので、税金は使い放題だ。足りなくなれば新しい税を作るか、消費税を上げればよい。どうせ国民の大部分は湯の中の蛙のように馬鹿で、熱さの拷問を感じずに死んで行く。TVを見ても不愉快なことばかりだが、ネットはさらにひどく、馬鹿な書き込みが氾濫している。それで筆者は買い物の途中でほとんど人が気づかない切り株上の玩具に気を留め、変化があれば撮影してこうして文章を添える。この切り株上の玩具がSNSで誰かが発信しているのかどうか知らないが、筆者にはそれはどうでもよい。誰かが愉快がって接着剤で玩具を切り株に貼りつけ、筆者がそれに反応して面白がる。あまっている切り株に筆者も玩具を載せようかと今日も思ったが、「愉快戯」を楽しんでいる人の邪魔をするのは気が進まない。それで筆者の出来ることは、こうして「注視していますよ」という発信だが、きっとその「愉快戯」をしている人はこのブログに目を留めない。むしろ、このブログを不愉快と思う者が嵐山に来た時、その玩具を全部引き抜いて帰るかもしれない。そういう「不愉快犯」は他人の愉快が我慢ならないのだ。
d0053294_01030820.jpg

[PR]
by uuuzen | 2018-05-10 23:59 | ●新・嵐山だより


●『太陽の塔からみんぱくへ―7... >> << ●『太陽の塔からみんぱくへ―7...
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
関西在住のザッパ・ファン..
by uuuzen at 13:02
大山様 ご無沙汰してお..
by はたなか at 00:35
間違った理由がわかりまし..
by uuuzen at 11:27
やっぱり"Penguin..
by インカの道 at 22:38
確かに7枚組といったボッ..
by uuuzen at 20:20
回答ありがとう御座います..
by インカの道 at 19:14
「ダミー・アップ」の歌詞..
by uuuzen at 23:28
連投ですみません、"RO..
by インカの道 at 15:41
『ロキシー&エルスウェア..
by インカの道 at 14:46
> erichさん 今..
by uuuzen at 22:51
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2018 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.