人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●『中島潔 地獄心音図 完成特別公開』
中に生まれた」(BORN IN A PRISON)という曲がヨーコ・オノにあるが、日本の地獄絵が念頭にあったのではないか。六道絵と言ってもよく、教科書で一度は誰でも平安や鎌倉時代に描かれたそうした絵を見るだろう。



●『中島潔 地獄心音図 完成特別公開』_d0053294_2125680.jpg美術の教科書でなければ歴史のそれに炎に追い立てられる裸の男女を描いた絵を知る。とはいえ、それは筆者の世代で、その後はそういうイメージは漫画で量産され、その結果笑いを誘う単なるホラー映画のような現実味の乏しいものになって来たのかもしれない。六道珍皇寺に行く気になったのは、夕方のNHKのTV番組で同寺で今日取り上げる中島潔の作品が展示されていることを知ったからだ。中島の名前は昔から知っている。大丸百貨店で展覧会が開催されたことも知っているが、子どもや女性向きのそのイラスト絵はあまり好きではなく、見に行くまでもないと思って来た。それが今までの画題とは違って六道絵を描き、それを六道珍皇寺に奉納すると知って、いつか同寺に行こうかと思っていたので、一石二鳥でつごうがいいこととなった。それで早速6日に出かけたが、TVでの放送はその前日であったろうか。たぶんそう思うが、もう記憶が曖昧になっている。6日は最終日で、しかも寺に着いたのは午後3時半で、もう少し寄り道していれば見ることが出来なかった。本堂の受付で入場料を支払うと、すぐ隣りの部屋で20名ほどが係員に説明を受けていて、その次の説明が最終だと言われたから、最後の最後に見たことになる。残念ながら作品は撮影禁止で、ポスターで作品の一部の雰囲気を伝えるが、今日の4枚の写真はどういう雰囲気の建物での展示かがわかるだろう。その説明は後でするとして、TVに話を戻すと、中島潔という画家に関心がなかったのであるから、行かなくてもよかったが、初めてTVでその風貌を見て、予想していた人物とはかなり印象が違った。そして、好感が持てた。だが、これまで図版でよく知っている思いが一方にあるから、それを突き合せてこれまでの思いがどう変わるかを確認するために、六道珍皇寺を訪れて畳1枚ほどの大きさの横長の絵を5点見ることにした。この5点は3年後でなければ同寺に戻って来ないとのことで、今回逃せば3年待たねばならない。3年後には別の作品を混ぜて展覧会が京都でも開かれるかもしれない。それを待つより六道珍皇寺に行けば、ガラス越しではなく、目の当たりにすることが出来る。TVでは制作中の光景も映り、作品のおおよその雰囲気はそれで充分わかった。そして実物を前にしてどうであったかを言えば、緻密に描き込まれ、力作ぶりはよく伝わった。ただし、1点ずつ2,3分も見なかったせいか、5点はあまり区別がつかなかった。どれも同じ地獄を描いているようで、くどさを感じた。六道とは地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天を指し、そのうち天を除いた5つの世界を5作になぞらえていたと思うが、各作品には題名はなかったように思う。5点で「地獄心音図」と題され、また展示された順に赤色が目立ち、連作であることは意図されている。ポスターにあるように、副題「親から子へ、いま伝えたいこと」が中島の思いで、TVでもそれは本人から語られていた。これは中島が筆者と同じように学校で道徳教育を施されたのに、いつの頃からか、それがなくなって、していいこととよくないことの区別が子どもにとってわかりにくくなって来たことに危機感を抱いてのことと言ってよい。それとは別に、六道のうち、「天」としての絵はこれまでいろいろと描いて来たが、他の5つの道は自分の画風には馴染まないとして目を向けなかったとの思いがあるのだろう。中島は1943年生まれで72歳だ。苦しむ人々を描く地獄絵に挑戦するには遅いくらいかもしれないが、5作を見ると、視力も技術も衰えておらず、機が熟したのだろう。
●『中島潔 地獄心音図 完成特別公開』_d0053294_2131329.jpg

 機というのは、先ほど調べて知ったが、六道珍皇寺から近い清水寺に5年前に46面の襖絵を奉納している。これは大仕事で、その後の「地獄心音図」の5点で、活力漲る晩年といったところだ。また、寺に奉納するのは無料であるだろうから、これまで描いた絵の収入で奉納絵の制作費用を捻出出来たことになるが、それほどに有名で作品がよく売れているということだ。今回は本堂と廊下でつながる別棟で小品展があった。どれも特殊な印刷の複製画で、それが人気度の高さを物語っている。原画は高くて買えないが、複製なら手が出るという人は多い。それに原画よりも複製の方がめりはりが利き、画家本来の思いがよく反映される場合がある。その点、中島は日本画家と言うより、やはりイラストレーターだ。今は日本画家であろうがイラストレーターであろうが、絵という点では同じで、こだわらない鑑賞者は多いだろう。だが、普段大画面を描き慣れているかそうでないかの差はあって、イラストレーターは現代の日本画家のようには大画面を手がけない。そのため、大画面の作は構図やその他、日本画家のそれと比べてどこか物足りない。それを異質ということで、美点と捉える向きもあるが、「地獄心音図」はどの部分も緻密に描かれているのに、部分図の寄せ集めを強く感じさせ、畳1枚分の画面としてのまとまりが感じられなかった。それは背景を隙間なく炎その他の抽象模様のようなタッチで埋め、またそのことで多くの人物や鬼を際立たせようとしているが、背景と人物の双方が対立しながら平面的で、アニメのセル画を見るような思いがする。それは中島の思うところで、そのためにも子どもに見てほしいと考えたのであろう。子どもに地獄の様子を伝えるには子どもが見慣れているイラストの画風を用いるに限る。そして、それを70代の老人がすることは大変だ。TVで中島を見た時、意外であったのはそのためだ。もっと若い人物を想像していた。TVで「地獄心音図」の制作の様子を見た時、背後の顔料の瓶の数はたとえば東山魁夷に比べてうんと少なかった。そこに本格的な画家とイラストレーター寄りの画家との差を見る思いがしたが、中島はその立ち場をよく自覚しており、そのために金を稼いだ後は有名な寺に作品を奉納する夢を抱いたのかもしれない。先に機が熟す云々と書いたが、清水寺にせよ六道珍皇寺にせよ、そこにふさわしい大作を描くことはかなり以前から考えていたことではないか。それは簡単に言えば日本画家がイラストレーターよりも芸術的であると自惚れていることに狼煙を挙げる思いだ。誰しも出自を意識するし、しなければ世間がそうさせる。美大芸大を出ていないが絵を描くことで生きて行きたい人は特にそうで、いかに自由を勝ち取るかと考えてまずどうして作品を売って飯を食うかを考える。横尾忠則も最初はグラフィック・デザイナーで、それで充分有名になり、生活に困らなくなって画家として再出発した。それほどに世間は同じ絵であっても区分けして見る。結局有名になった者が勝ちということだが、有名になって勝ち抜いて行くにはそれ相応の根性がいる。TVで見た中島は温和で、思い返すと作品によく描かれる少女と雰囲気がどこか似ているというか、なるほどと思わせるが、筆者が思ったのは、もっと以前の風貌だ。それは知らないが、若い頃はそれなりにぎらついていたのではないだろうか。現在の温和な様子は、年齢に伴うものというより、名を遂げ、清水寺に大作を奉納した後の貫禄や余裕を越えての静かな境地とでも言えばいいか、何からも自由になったかのような安堵感のようなものがうかがえる。それは、中島だけのものではない。市井の人にもよくある表情だ。となれば、中島はこれまでさんざん描き、苦心しながらようやくその境地を手に入れたことになるが、それはそうだろう。絵描きのみが持ち得る風貌はない。とはいえ、画家となった横尾忠則がそれ以前のように金儲けに関心がなくなったかと言えばおそらくそうではないように、中島も新たな画題として地獄絵を手がけたことに計算がなかったはずはないだろう。地獄絵は近年静かなブームで、昔発売された絵本がよく売れていると2,3年前のTVで見たことがある。そういう動きを中島が知らないはずはない。自分にとって新たな挑戦であり、しかも時流にかなった仕事で話題になるという考えもあって「地獄心音図」を描き始めたであろう。
●『中島潔 地獄心音図 完成特別公開』_d0053294_213311.jpg

 「地獄心音図」の第5図は正面向きの地蔵菩薩も描かれる。それはどのような悪いことをした人でも必ず地蔵の救いがあるとの希望だ。そのように描くと子どもたちはどのような悪事を働いてもいいと思うだろうか。そこまでは考えないないだろう。「地獄心音図」の説明の回が筆者ら最後に訪れた者たちの番になった時、20人ほど集まり、その中に小学生が2,3人いた。親が筆者と同じようにNHKで見たのだろう。それで教育のためにいい機会とばかりに訪れた。体格のいい腕白小僧風の小学5,6年生の男子が絵にのめり込みながら、真剣な眼差しをふと筆者に向けた。口や尻穴から融けた高熱の鉛を注入される姿を指し示しながら、地獄の恐さと、細かく迫真的な表現に恐れ入ったのだ。地獄や天国など信じない年齢だが、描かれる地獄の責め苦に想像力が刺激されたのだろう。それからが問題で、昔の子どもが聞いたように、「死ねば地獄に行く」といった恐怖を覚え、そのことで悪さをしないことになればいいが、いつの時代もさして子どもは変わらないのでないか。またそのことを知りながら、半分は期待を抱き、半分は徒労かもしれないと思って中島は描いたであろう。「地獄心音図」は人物をかなりデフォルメして、そこが漫画的と言えるが、平安や鎌倉時代の地獄絵も当時の漫画的なものではなかったか。「地獄心音図」の一図に、小さな芋虫が全身にへばりついている人物が描かれていて、それを見ながら筆者は赤塚不二夫のケムンパスを思い出したが、もちろん中島は国宝の『地獄草紙』に描かれる糞尿地獄の大きな毛虫を参考にしたはずで、平安鎌倉の地獄絵を現代の子どもに馴染みやすいように、また自分の画風で描き直した。鬼はどれも恐いというより、筋肉隆々の戦闘士でアニメのキャラクターに見えたが、それも子どもへのサービスといったところか。恐がらせるばかりでは歓迎されず、絵として印象づけるには、子どもの関心事になるべく馴染む様式がある。それはどうしても漫画的、アニメ的になる。それに、恐がらせてこの世が牢獄のようだと思わせるのはよくない。そういうことは大人になれば自然と実感するものだ。ごく間近で見ると、人物の輪郭の墨濃淡が時にとても照りがあって、印刷すればわからなくなる生々しさがあった。そういうことを子どもも感じたはずで、「地獄心音図」が今後絵本などになっても、原画の前に座ったことは忘れないだろう。最終日は中島の説明はなかったが、数日は本堂で自ら説明したようだ。本堂内部に飾られていた他の絵については「その2」に譲る。今日の2枚目は、本堂とつながる小さな建物で、その向こうに見えるのが井戸のある庭だ。3枚目は廊下の端から本堂内部を見た様子で、「地獄心音図」の5点目が見える。この写真を撮った後に庭に出て、それから本堂に戻って説明を聞いた。
●『中島潔 地獄心音図 完成特別公開』_d0053294_2134094.jpg

by uuuzen | 2015-05-24 23:59 | ●展覧会SOON評SO ON
●不退寺への道は退くな、その3 >> << ●緑のタペストリーと絨毯、その27

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?