人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●『百花のさきがけ 梅の美』
」と「先駆け」がどう違うのかよくわからない場合、平仮名を使って「さきがけ」と書いておくとよい。日本語ではよくこういう場合がある。それはともかく、梅の花はとっくに散ってもう実が大きくなり始めているので、今さらこの展覧会を取り上げるのはまずいと思わないでもないが、後回しにするとますます具合が悪い。



●『百花のさきがけ 梅の美』_d0053294_1352230.jpg先日の6日の最終日に家内と見て来た。館内でもらったチラシが豪華でまた一風変わっていた。三館が協力して3枚続きにしたもので、切り離すと通常のA3サイズで表がカラー、裏が白黒印刷のものとなる。三館とは、本展を開催した京都の泉屋博古館、そして西宮の黒川古文化研究所、奈良の大和文華館だ。筆者は今までに大和文華館には三度訪れ、黒川古文化研究所には一度も行ったことがない。後者は阪急の苦楽園駅からまだバスに乗らねばならない。その不便さが最大の理由だ。それはともかく、前者は「竹の美」、後者は「松―美と徳の造形」と題し、三館でめでたい松竹梅となる。だが、それぞれに期間中に三館を訪れる人がどれほどあるだろう。どの館もだいたい所蔵作品を展示するのだろうと思ってチラシの裏面を見ると、三館が作品を貸し合いし、またほかからも借りて来たようだ。三館が普段からいろいろと協力しているのかどうか知らないが、学芸員はそれなりにつながりがあるだろう。予算も人員も少ないとなれば協力し合って知恵を出し合い、今までにない趣向を凝らす必要はある。その意気込みはこの3連チラシを見るとよくわかる。今までどおりの所蔵作品展では一度訪れた人はめったに再訪しない。そこで別の館の所蔵品を多少借りて来て印象に残るテーマを考える。「梅の美術」という題名は筆者の知る限り初めてのことで、梅が好きな筆者としてはぜひ見ておきたいと思った。だが結果を言えば、チラシの表に彭城百川の墨梅図の六曲一双屏風の写真を大きく載せるからには、文人画家が描く梅の絵ばかりを集めてほしかった。それは難しいことだろうか。作品を探すのは簡単だが、借りて来る手間がかかるということかもしれない。それにそんな展覧会を開いたところで、普段の数倍の人が見に訪れることはまずないだろう。そういう企画は国立博物館がやるべきかもしれない。とはいえ、文人画の梅図ばかり集めてもやはり観客動員は言うほどでもないだろう。たぶんそんな話を今回協力した三館の学芸員が酒の席で交わしたと想像するが、つまるところ、所蔵作から彩り豊かに作品を選ぶという、無難な方向に落ち着いた。文人画にさほど関心はないが、陶磁器なら見たいという人があるし、染織ならぜひともという美術ファンもいる。それでせっかく訪れたからにはどれか1点でも心に留めてもらえれば展覧会を企画した意味もあるという、一番無難でわかりやすい考えで三館が一致したのだろう。それに泉屋博古館はもともと中国の青銅器を展示するのが専門で、中庭を挟んでその館の北側に別館があって、そこで毎回特別展が開催されるが、大きな部屋がひとつのみで、京都国立博物館で言えば6分の1か8分の1程度の展示面積だ。それでは展示数は限られている。今回も会期半ばで一部展示替えがあった。もっともそれは全部並べる場所がないというより、作品の劣化を恐れてあまり長期にわたって展示しないという考えのためだ。3月8日から5月6日までの2か月となると、脆弱な絵画は飾りっ放しにすることは出来ない。
●『百花のさきがけ 梅の美』_d0053294_136155.jpg

 そういう作品で最重要なものが本展の最初に展示された。筆者は過去に二度見たことがあるが、この館が所蔵する中国絵画では八大山人や石濤を除けば一番人気があるのではないだろうか。若冲や蕪村が影響を受けた沈南蘋の「雪中遊兔図」で、これを見るために本展を訪れた人も多いだろう。画面中央に梅の古木が2本絡まって伸び上がり、その根元に数羽の兔が描かれる。西洋画を見るような立体感があり、荒々しい天候を描くようだが、画面の前に立つと静けさが伝わる。南蘋は寡作で、その大作が日本にあることは喜ばしい。若冲は兔を描いておらず、本作を見なかったと考えたい。それにしても住友が本作をどのようにして入手したかが気になるが、それを言えば多くの青銅器がまずそうで、次に八大山人の「安晩帖」だ。これらは明治のどさくさに清朝から流出したものを買ったもののはずで、「雪中遊兔図」もそうなのだろう。もう1点楽しんだのは先に書いた彭城百川の墨梅図の屏風だが、百川の作品はめったに見る機会がない。また文人画に興味のある人でなければ注目しないと思うが、日本的な文人画を始めた先達として百川は面白い才能で、最初は俳句を学んでいたので俳画的な味わいのある絵も描く。目録によれば他に墨梅図が数点展示されたがどれもあまり印象にない。岸連山や山口素絢は名前は知っているが、画風まではわからない。それでなおさら気に留めなかった。また、大和文華館所蔵の室町時代の祥啓の墨梅図を見ている時、筆者の隣りに70代後半の男性がやって来て筆者に話しかけながら、しきりに凄い絵だとつぶやいていたが、その凄いという部分を見ても筆者にはぴんと来なかった。その人は絵画通かと言えばそんな雰囲気はなく、ものの10分も室内にいなかった。たぶんチケットを誰かにもらったかして見に来たのだろう。本展は6つの章立てで、絵画は1,2章の計10点ほどで、しかも大作は南蘋と百川、そして村田香谷の「設色四時花鳥巻」程度で、村田の絵巻は明治35年に描かれたもので、濃厚な色合いはあるが、いかにも明治の工芸を連想され、さほど面白いものではない。絵画を見てしまうともう残りは流してしまうという気になるが、3以下の章に絵画が混じってもいて、特に4は「山水画と人物画―梅咲く幽境を尋ねて―」と題し、土佐光起や伝周文の作があったが、やはりあまり興味を覚えなかった。ついでに書いておくと、3は「書斎を彩る1―文人の清友―」、5「工芸の梅―吉祥の意匠―」、6「書斎を彩る2―文人の清友―」で、6では画譜が展示されたのはいいが、見開きのページのみで、全体がわからない。それでもひとつ興味深かったのは、どの画譜か忘れたが、梅の花の形を墨でさまざまに描き、それぞれに名前がついていたことだ。筆者は梅をキモノに染めることがよくあるので、梅をどのような形に描くかについては昔から関心がある。墨梅図を描くとして、幹や枝はさておき、どういう形の花を描くかで画家の個性が出る。基本は五弁だが、それを真上や真横、斜め、裏側、そして半開きや蕾など、その気になれば10や20の形は誰でも思いつく。その画譜では50ほどの形が載せられていて、その多様な観察に驚いた。しかもそれぞれに名前があるとはよほど梅を凝視し、またその姿を描き尽くそうとした人の執念を感じる。
●『百花のさきがけ 梅の美』_d0053294_1355728.jpg

 部屋を出て知ったが、扉の向かいの壁に写真パネルが3つかけられていて、その中央が南蘋の「雪中遊兔図」の梅の花を拡大した写真であった。この絵は高さが3メートル近いはずで、大画面の割りには緻密に描かれ、細部をガラス越しに確認するのは難しい。そのため、1枚だけではあるが、細部を拡大撮影した写真パネルはとても珍しい。館内は撮影禁止となっているが、そのパネルは廊下に飾られている。そこも撮影禁止なのかどうかわからず、しばし迷ったが、ガラスの向こうは庭を経て青銅器を飾る館が見えていて、それを撮影してはならないはずはなく、その写真を撮ったついでに写真パネルも撮った。今日はその2枚の写真を載せておく。青銅器館では茶や水を紙コップで飲める設備がある。筆者は4杯も冷たいほうじ茶を飲んだ。その日は今までに見たことのないほどにたくさんの人が来ていた。たくさんと言っても30名ほどか。茶の設備の横に椅子が10ほどあって、青銅器についての説明映像が3本エンドレスで映し出されていた。本展を見る前に少し、そして見た後にも休憩がてらに合わせて3本とも見た。1本当たり7,8分で、3編とも同館が所蔵する青銅器に刻まれている銘文を利用しての説明で、「金文」がわかりやすく図解されていた。途中で先に書いた老人がやって来て筆者の前に座ったが、すぐに立ち上がって館を出て行った。3編のうち、漢字の成り立ちについてのものが一番面白かった。筆者はある程度金文を知っているが、家内は初めて知ることのようで、つられて二度見た。たとえば足跡の形の金文がある。これは「止」という字になる。そこで思い出すのは、歩道が車道で途切れる場所によく円で囲んで両方の足跡を揃えて描いてある印だ。これは歩行者が車に注意することを促すが、その印は足跡が「止」であるからには実に正しい。では大きな白い文字で「止まれ」と道路に書かれているものはいっそのこと大きな足跡を3つ描けばどうか。運転手はそれを見てぎょっとして車の速度を落とし、効果が上がるのではないか。そんなアホなことを家内に言いながら映像を見たが、紀元2000年前近い昔にすでに今でも読もうと思えば読める漢字が使われていたことに今さらに感心した。当時の人たちは金属に文字を刻印するとそれが永久に後世に伝わると考えたのだろう。実際そのとおりで、現代の人間がそれらを解読する。そう考えると時代は紙を発明してからはますます軽くなって来て、今ではパソコン上の画面を誰もが読む。それは重さがない。一瞬で消えてしまうはかないものだ。人間は青銅器時代より退化して来たのではないかと一瞬思ったりもする。だが、青銅器に刻まれた文字の意味がわかるとしても、そこに書かれる人たちの名前や武勲などは現代人にはどうでもよいことだ。そう思えば現代の文化の中で自分がどうでもよくはないと思うものにたくさん出会うことの方が意味がある。そう考えたせいでもないが、青銅器の展示は見ずに館を後にした。
by uuuzen | 2014-05-10 23:59 | ●展覧会SOON評SO ON
●『棗の木の下/砂』 >> << ●『円谷英二 特撮の軌跡展』

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?