人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●4年ぶりの東京、その1
の獲得数によって東京がオリンピックの開催地に選ばれるかどうか決まる。4年前の3月下旬に東京に行った際、梅村さんと石原さんの3人で都内を少し歩いた。桜がちょうど咲いていて、その写真をこのブログに載せた



それから4年ぶりに東京に行き、また同じ3人で都内を歩いた。その前に梅村さんと落ち合ってふたりで歩いたことも4年前と同じだ。そのルートは明日地図で示すとして、今日は梅村さんと待ち合わせをするまでに見た上野公園の桜の写真を載せる。3月28日で、満開であった。今頃こういう写真を載せるのは時期が遅れ過ぎて興醒めものだ。だが、昨日もそうであったように少し肌寒い日が続き、また北海道では今頃が満開になっている地域もあるのではないだろうか。それはさておき、4年前、3人で歩いてJRの神田駅に向かっていた頃か、東京オリンピックが開催地として名乗りを上げていることについての話題になった。東京に住む梅村さんと石原さんも開催には反対の様子であった。この4年の間、東京では開催に賛成の人が増加した。賛成の割合がどれほどかは知らない。長引く不況のため、少しでも明るい話題をと望む声があるのはわかる。また開催した方がいいという意見は、充分儲かると踏んでいるからで、オリンピックは今や金を調達出来る都市しか開催出来ず、そういう年はオリンピックによってますます大都市になるという循環がある。これには正直白ける。筆者はスポーツ好きではないので、オリンピックもどうでもよい方だ。スポーツによって体を鍛え、心身ともに健康になるというのは何となくわかるが、それが絶対正しいとは思わない。スポーツに日夜勤しんでいる者でも事件を起こして逮捕されることはいくらでもある。心身ともにというのは理想で、実際は身のみだ。それにその身も酷使することで元も子もなくす場合もある。わが自治連合会では各種団体のうち、体育振興委員が最も多い年間予算をもらい、また秋の体育祭の折りには臨時に運営費を徴収する。自治会に所属する人全員が体育祭に参加することはないから、多額の予算は数百人の運動好きのために使うことになる。各種委員の中に芸術文化委員のようなものはなく、筆者はこれがいささか不満だ。それを立ち上げようという声がないからでもあるだろう。それほどに芸術に関心のある者は稀で、またいてもひとりひとりが勝手に楽しめばいいもので、自治会や連合会が何か仲立ちをする必要はないのかもしれない。だが、普段顔も知らないが芸術文化に関心のある者が集まる機会があれば、それはそれで有意義なことだ。スポーツだけが一種異様に幅を利かし、芸術に何の関心もない地域はあまり誉められたことではないだろう。嵐山という地域は歴史もある。いくらでも芸術に因んでの活動が出来るのではないか。ところが、筆者の考えでは、地域から仮に文化勲章をもらう人が出ても誰も注目しないし、それを地域の誇りとは思わない。
●4年ぶりの東京、その1_d0053294_2356229.jpg

 東京ではどうか。東京は大都市であるから、地域によって文化度はかなり違うだろう。それに圧倒的な人口があるから、それなりにどの地域でも有名人がいて、文化度と呼べる、つまり人々の文化に対する関心は高いのではないか。東京に美術館、博物館が多いことからもそう思う。区立の美術館があることに筆者は驚く。それほどに展覧会を見に行く人が多い。東京以外の地域から見に来る人がいるので、東京人が年間ひとり当たり何度展覧会に足を運ぶかは計算出来ないが、東京が美術展のメッカになっていることは紛れない事実で、そのことが文化度の高さを物語るように思われる。ま、そんなことを筆者も多少は思うので、東京に出れば京阪神では見られない展覧会に足を運びたくなる。3月に行く前、まだ訪れたことのない2か所に行きたいと考えた。江戸東京博物館と東京都現代美術館だ。これらは梅村さんの住む地域から近い。ま、このことも明日書く。筆者は東京をほとんど知らない。あまりに広いのでピン・ポイント的にあちこち知るだけだ。それもあってか、東京に行くのはあまり好きではない。都会はどこも同じと思うからでもある。東京ならではの何かがあるのかどうか。豊富な商品ということは関心がない。伝統的な文化となれば京都や奈良の方が見るべきものは多い。それで東京に行くなら、誰と会うかを考える。東京やその近辺に知っている人はそれなりにある。年賀状だけの付き合いで、会ったことはないが、一度会っておきたい人もある。一、二度会った、あるいは10回ほど会って、もう10数年や20数年経つ人もある。そういう人たちに会うのもいいが、慌ただしく京都に戻るからには、優先順位をつけねばならない。そこで4年前と同じく梅村さんと石原さんに会うことにした。4年経ったとは信じられほどで、歳を重ねるほどに年月の経過は速く感じる。それにしてもちょうど4年ぶりとはオリンピックと同じではないか。今回はオリンピックの話題は上らなかったので、梅村さんと石原さんが開催地の立候補についてどう考えが変わったのかそうでないかはわからない。先日も書いたように、都知事の発言が大きな話題になり、9月の開催地発表は微妙なことになっている。蓋を開けねば誰にもわからないのは当然として、前知事や現知事が選ばれたことは多数の東京人の意志の反映で、その多数がどういう人たちが多く占めているのかと思う。簡単に言えばこうだ。わが自治連合会のように、スポーツに関心は大いにあるが、芸術文化はどうでもよい、あるいは二の次、三の次と考えているような人たちが持ち上げているのではないかということだ。そうだとすれば、東京の文化度だけが特別突出しているのではなく、日本中の平均と大差ないと言えるかもしれない。これは実際そうだろう。
●4年ぶりの東京、その1_d0053294_23564453.jpg

 さて、3月28日はいわきから常磐線に乗って上野に出た。8時43分発で12時40分着であったと思う。駅構内から梅村さんに電話をかけ、午後2時に丸の内のOAZOというビルの丸善で待ち合わせをした。2時まで1時間20分ある。上野公園の桜が満開であることは27日の夜のニュースで知っていた。それで花見客を見に行くことにした。大変な人出、それに陽気。上野公園は東京で最もよく歩いた場所だ。隅から隅まで知っているほどではないが、そこそこ迷わないほどには知っている。上野には博物館、美術館が密集している。もし筆者が東京に住めば、やはり最もよく通う場所になるだろう。だが、わざわざ上野公園に出て展覧会を見るのは、東京が広いため、よほど上野に近い場所に住まない限り、かなり億劫だ。それで上野に展覧会を見に行く人は東京以外の地域に住む人の方が多いのではないかと思ったりもする。国立西洋美術館では『ラファエロ展』が開催中で、時間があれば見たかったが、ロダンの彫刻の付近は大勢の人だかりで、内部が混雑しているのは即座にわかった。ふと見ると梅の木がぽつんと一本立っていて、白と赤が混じって咲いていた。それが今日の最初の写真。その梅の木の向こうに西洋美術館の売店があり、そこは入場料を支払わずに入れると表示があった。そこで『ラファエロ展』の図録だけ見ようと思ってその方向に歩むと、出入り口がわからない。結局大回りし、それでもわからなかった。それほどに人が多かった。そう言えば筆者はこの美術館に入ったことがない。筆者が中学1年生であった大昔、東京に引っ越した友人Tから手紙が来て、封筒の中に手紙とともにこの美術館に行って買った絵はがきが入っていた。それはクールベの「波」で、その実物はほかの美術館でその後見たが、所蔵するこの美術館のどの壁にどのように飾られているかは知らない。Tはその後東京でどのように暮らしているだろう。以前にも書いたように、名前をネット検索しても出て来ない。Tは東京から大阪に引っ越して来て、数年後にはまた東京に戻ったのだ。もう会ってもお互いわらないだろう。西洋美術館の売店が見つからないので、館の際にある大きな噴水を一周することにした。東京国立博物館を正面に見る場所に来た。今日の2枚目の写真がそれだ。4年前は家内と一緒にそこに入った。館までの距離がそうとうあるように思え、展示会場の中に入るまでに疲れてしまう。これでは展覧会を見る人はよほどその意欲のある人に限られるのではないか。日本中が高齢化を迎え、駅前ビルの内部で展覧会を見られるといったことを考えるべきだろう。下の写真は2枚目を撮った後、同じ場所で回れ右をして写した。
●4年ぶりの東京、その1_d0053294_23565971.jpg

by uuuzen | 2013-05-04 23:59 | ●新・嵐山だより
●リフォーム、リリフォーム、その10 >> << ●4年ぶりの東京、その2

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?