人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●地蔵三姉妹
妹と言っていいのかどうか、また地蔵かどうかも定かではないが、江名のMさん宅を探し歩いている間に近年建てられたとおぼしき赤い祠があった。これが震災以降のものなのかどうかMさんに訊くのを忘れた。



●地蔵三姉妹_d0053294_16554061.jpg

隣りに町内の集会場としては狭いプレハブの小屋があり、祠とともに山の裾を切り崩してコンクリートで固めて出来た空き地に設置してある。GOOGLE EARTHの地震から8か月後に撮影されたストリート・ヴューで確認すると、交通安全の黄色の幟端が風でひどく巻き上げられた状態で2本立っている。わが自治会にも似たものがたくさんあるが、これは主に児童の安全を守るためのものだ。少子化とはいえ、江名には小学校があって児童はいるから、こういう幟端が立てられるのは当然で、また地蔵の祠があってよい。京都のように夏に地蔵盆の行事があるのかどうか知らないが、子どもの安泰を見守る地蔵さんは日本共通のもので、江名にない方がおかしい。この新しい祠が異様に目立つので、Mさん宅で一泊した翌朝、この前を通りがかりながら内部を覗き、うまく写るかどうかわからないものの、写真を1枚撮った。幸いかなり明るく写ったので、それを今日は最初に載せる。写真を見てぎょっとした。それは魚の町である江名であるからかと自分で突っ込みを入れてみたが、それほどに異様な気配がある。内部の色紙や派手な模様の布地による装飾は京都でも派手な飾りの地蔵さんを見て来た目にも例がない。三体が並ぶのは珍しくないとしても、濃いマスカラを施した目元はまるでインド人だ。悪趣味と断言するのは簡単だが、果たしてこれは地元の人たちが本当に児童の安全な日常を祈願しての祠であり像なのか、筆者にはわからない。この祠の内部をMさん宅を訪れる前に見ていたのであれば質問出来たのに、帰り道ではバスの時間もあって引き返すことは出来ない。知りたいのは、祠がいつ建てられたか、また内部は地蔵さんであるのかどうか、そして誰が装飾を施したのかだ。
●地蔵三姉妹_d0053294_16555488.jpg

 GOOGLE EARTHのストリート・ヴューは道路を走行しながら魚眼レンズのような全方位を捉える方法で周囲を撮影し、道端に沿うあらゆる建物などをパソコンで観察出来る。これによって世界中の車が入ることの出来る公道を家にいながらにして、車の車窓から見た、あるいた歩いた気分になれる。ところが各建物の内部まではわからない。このことは街行く人々の姿は誰でも見ることが出来るのに、その人の服の下の姿や考えが見えないことにどこか似て、本質は何もわからないと言ってよい。ストリート・ヴューで江名のこの赤い祠を確認すると、その周辺の建物が見え、筆者が撮って来た写真とは比較にならないほどの情報が得られる。となれば現地に行って数枚程度の写真を撮るよりストリート・ヴューを見た方がまだ地元のことがよくわかるかもしれない。そこでそうではないことを言うためには、ストリート・ヴューでは見ることの出来ない建物の内部を見て来ることだ。たとえば筆者はMさんのお宅に一泊し、それなりに各部屋を見てその空気を味わって来た。赤い祠にしても同じだ。その内部がどうなっているかはトリート・ヴューではわからない。だからどうしたと言われるとそれまでだが、気になって立ち止まった対象をより知りたいのは誰しもだろう。より知りたいと思った祠内部は、想像を超える派手で異様な着飾った三姉妹の像があった。それは何が目的で作られたのか。これを知るにはMさんに訊ねるしか筆者には方法がないが、Mさんもわからない場合、それは謎のままとなる。それもまたよい。筆者が最初に考えたのは、この祠のすぐ斜め前に墓標のようなものが三本ほど立っていて、それがかなり古く、震災以前にこの赤い祠のある場所に古い本格的な地蔵の祠があったのではないかということだ。老朽化していたそれは震災で崩れ、新しく建てたものが現在の赤い祠だ。では古い祠の内部に赤い祠内の三体の厚化粧の地蔵さんが立っていたのか。それを想像することは難しいが、あり得ないことではない。この祠の赤は朱色がかっておらず、青みであるのが筆者には珍しい。洋紅というほどでもないが、こういう赤はあまり使われず、そのことが三姉妹像の印象をさらに珍しいものにしている。また、古いものが壊れたので建て替えたとするならば、誰が主導し、誰がデザインしたかだ。専門家に委ねるほどのものではなく、地元の信心深い人が中心になって作ればよいが、ある個人の好みが強く反映されることに誰か異を唱えなかったか。江名でも絵心のある人はいるはずで、そういう人の意見を仰がなかったのか。また仰いだ結果であるとすれば、 この三姉妹の姿は江名の美意識をそれなりに代表していることになる。
●地蔵三姉妹_d0053294_16562851.jpg

この祠のすぐ背後のコンクリートの崖は昔はなかったものであるから、古い祠があったとしても、それもまた比較的新しいものであったことになる。こうなれば祠の前に立つ3本の標を仔細に見ておけばよかった。ストリート・ヴューは便利ではあってもそこまでの詳細な情報は伝えてくれない。さて、その崖の上部に赤瀬川原平が最初に注目して紹介したトマソンがあった。見上げてそれを撮影したのが今日の3枚目の写真だ。これは崖の上に植物が生え、それが枯れて硬くなったものが垂れ、風に揺られながら刻印した跡だ。雑草が枯れてそれなりに硬くなるのは昨日書いたように、江名港に落ちた傘をすくい上げようと挌闘した際に筆者が引き抜いた近くに生えていた白茶色の背丈のある雑草の茎からもわかる。こういう雑草は毎年同じ場所に同じように生える。かくて毎年同じような同心円の模様をコンクリートの壁面に記す。その気になれば電車や車からよく見かけるもので、誰も気に留めないが、赤瀬川はそれを取り上げ、役に立たないが目を引くものを「トマソン」と命名した。筆者が気になるのは、この崖に刻印されたトマソンの変化だ。そこでストリート・ヴューを見た。同じ場所を同じ角度でパソコン上に捉えたものが4枚目の写真だ。これは2011年11月の撮影であるから、筆者の写真より1年4か月前だ。それを長いと見るかどうかだ。雑草が生えて枯れ、そして壁を擦るには充分な月日だが、2011年11月以降、同じ崖のてっぺんにトマソンを刻印するほどの雑草は生えなかったかもしれない。となると、今度は1年4か月の間、このトマソンがどれほど変化したかだ。いくら硬い雑草とはいえ、コンクリートを深くえぐるだろうか。もともとあった崖の壁面の黒ずみを幾分削る程度ではあっても、それ以上とは思えない。そして壁に黒ずみを削ったとして、その黒ずみは風雨でも剥げるのではないか。ならば1年4か月の間に壁全体が白くなってトマソンは多少でも見えにくくなっているはずだ。そのことが実際はどうなのか。2枚の写真を比べるとほとんど差がない。それにストリート・ヴューは筆者が撮影した写真とほとんど同じほどに鮮明に対象を捉えている。車に乗った撮影隊はこのトマソンを鮮明に捉えることに注意を払ったはずがない。それは写ってしまったもので、おそらく筆者が初めてそれに着目して画像をコピーし、ここに紹介するに違いない。ということは、ストリート・ヴューは意外なものを無尽蔵に移し込んでいると言える。表側を見るだけでもけっこう面白いものに溢れるこの世の中で、その厚化粧の内部にまで注意を払っていると、とても体が持たない。そこで人間はごく親しい者にのみ内面を見せ、また相手もそれに関心を示す。
●地蔵三姉妹_d0053294_16564754.jpg

by uuuzen | 2013-04-06 16:52 | ●新・嵐山だより
●江名の波止場 >> << ●嵐山駅前の変化、その254(...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?