人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●「無事かえる」
犬の代わりに猪の石像を飾る京都建仁寺の摩利支天だが、東京の中央線か、あるいは山手線であったかもしれないが、車窓から大きな「摩利支天」の文字が見えた。



●「無事かえる」_d0053294_040165.jpg

その寺では狛猪があるだろうか。狛犬は獅子のように猛々しい体躯と表情をしていて、猪はどうにかその貫禄を持っているので狛猪はあまり違和感がない。これが蛙ならばどうか。狛蛙は聞いたことがないが、蛙の石像はたまに見かける。2,3年前、桂の見知らぬ地域を自転車で走っていると、大きくて古い住宅の玄関脇に真新しくて大きな蛙の石像が鎮座していて驚いたことがある。それは、ゆるキャラのようにユーモラスな形であったからだが、考えてみると蛙は誇張しなくても本物がユーモラスで、その石像は写実的と言えるかもしれない。京都では玄関脇に信楽焼きの狸を飾る家が多いが、桂で見かけた蛙の石像は、石材屋がその二番手の地位を狙うものかと一瞬思わせられた。それというのも、近年の石材店ではミッキーマウスやウルトラマンのバルタン星人など、アニメのキャラクターを彫ったものを置いている店があって、墓という暗いイメージの払拭を模索していることがわかる。蛙はそういう考えの中から彫り始められたものではないだろうか。そして、ついに玄関脇の信楽狸のように歓迎されるべきものとなりつつあるように思える。それにしても桂の蛙の石像は信楽狸のように単なる飾りであろうか。その答えが昨日の投稿の最後の写真の奥に見える丘の麓にあった。その小高い緑の上方に神社があることは知らなかったが、麓まで来て蛙の石像に遭遇し、そしてその背後に赤い鳥居を見て、それが震災以降江名についてあれこれネットで調べる過程で知った諏訪神社であると確信した。蛙の石像は桂で見かけたものとほとんど同じ大きさながら、こっちは子連れでしかも傍らに「無事かえる」と彫った黒の御影石の標が立っている。これは神社をお参りした人に対して無事に帰ることを祈っているものだろうか。大型電気店やスーパーを後にする時、出入り口の上部に「どうもありがとうございました。またのお越しを」といったことを書いたプレートが掲げられている。それと同じようなもので、「無事にお帰りください」という思いを込めているのだろう。
●「無事かえる」_d0053294_0404242.jpg

 「無事かえる」を蛙の像で表現するのは駄洒落の部類に入る。だが蛙のユーモラスな形からけしからんと怒る人はないだろう。みんなこの石像を見て一瞬にこりとする、それが大事で、その気に緩みは気分の転換となって、道路に慎重に飛び出る思いをもたらすには効果がある。つまり、児童が車道に飛び出す可能性に注意を喚起する「飛び出しボーヤ」の看板と同じだ。この神社の帰りに自動車事故に遭遇した人があるのかもしれない。神社に参った直後に事故では縁起が悪い。そんなことが起こらず、無事に帰ってほしいという願いをこの蛙の親子が担っている。こう書きながらまた筆者が気になるのは、これがいつ設置されたかだ。真新しいので、まだ数年といったところであるのは間違いない。あるいは震災直後とも考えられる。震災から8か月後の撮影になったGOOGLE EARTHのストリート・ヴューでこの神社を調べると、蛙の親子は座っている。その画像をダウンロードして上に掲げておく。震災前のことはこの神社に問い合わせればよいだろうが、そこまでする気にはなれない。仮に震災後に置かれたとして、この蛙は津波に襲われて発見されない人を思ってのこととも考えられる。震災での行方不明者に対する一時も早い発見を願ったものとすれば、設置場所やこの像の全体的雰囲気からして真面目さが欠けている。これはやはり参拝者に対して無事帰ることに注意を喚起するものだ。この神社の拝殿は丘の中腹にあって、麓の道路に面した部分はかなり狭い。その一画の、しかも道路際の目立つ場所にこの蛙の親子はふさわしい。歩いて来た人は石の鳥居をゆったりとした石段を上ってくぐる。今は車社会であるから、その石段を利用する人はごく少なく、大半はその脇の車専用の坂道を上下する。その坂道と車道とが接する角に蛙の親子はいて、鳥居の両脇の厳めしい狛犬にひれ伏しているように見える。この「無事かえる」は地元の人たちにどれほど歓迎されているだろう。こうした石像でもそれなりの費用はかかるし、設置後に地元の人たちの不評があってはならず、設置前にそれなりに話し合いが持たれたのではないか。「無事かえる」と彫った石柱がなければ意味不明のオブジェであり、神聖な場所を茶化すなと批判されたと思える。ともかく、早くてもここ数年の間に設けられたもののはずで、片田舎にまでも「かわいい」のブームが浸透していることを示す。そう言えばMさんはたまにいわき駅前に行くようで、女子高生のスカートがあまりに短いことに「あれでは襲ってくれと言っているようなもの」と漏らしていた。筆者が江名行きのバスに乗った時、最後尾に座ったことは先日書いた。筆者が座った直後、背が高くて美形の女子高生が乗って来て筆者の3つほど前の席に着いたが、その後ろ姿を見て驚いた。水着同然の薄いホット・パンツを履き、下半身はほとんど裸同然に見えた。2本の長い素足丸出しで闊歩されると男は目のやり場に困る。そんな派手で大胆な女子高生はかえって大阪や京都にはいない。今は田舎ほど流行に過剰に反応する。
●「無事かえる」_d0053294_0413623.jpg 「親子かえる」が親子であるのは、この神社の狛犬が親子であることに倣っているのではないか。その写真を撮ったので載せておく。なかなか恐い顔をした狛犬で、親が子の頭に片足を載せている。傍らの石柱は「村社諏訪神社」で、江名村と呼ばれていた頃の唯一の神社なのであろう。今もそのようで、それほどに人口が少なく、新たな神社の需要はない。寺と言えばもう少し南に真福寺という真言宗の寺がある。Mさんはここの墓地を買っているそうだ。寺も神社もひとつずつで、独占企業のようなものだ。そこに別の宗教が入り込むとなると、先日取り上げた「考えて下さい 死後の行方」を貼りつけたキリスト教系だ。これがキリスト教であるのは、江名の別の場所に同じ体裁で別の言葉を記したものを見かけたことからも確実で、その文章はよりキリスト教的であった。どのキリスト教かと言えば、今日わが家にまた小冊子を持って来た何とかの証人だろう。もともと人口が少なかったところに原発騒ぎで、少ない人口から信者の奪い合いということにしかならない。それにしてもこの神社が丘の上に建っているのは江名の全景を見下ろすことが出来ることのほかに、津波がやって来ても絶対に安全ということを知っていたからではないか。その点では真福寺も同じだ。寺の門は山門と言うように、だいたい小高いところに建っている。これは水の流れの下の方が汚れが強いことに関係してもいる。きれいな空気や水のあるところに神聖な場所を設けるのは当然だ。そういう場所にあって庶民の精神的安らぎの機能を果たすのはいいが、そういう寺や神社が山の麓に住む庶民を下々の者として内心侮蔑するのでなければいいと思う。何とかの証人も含めて日本のキリスト教は山手にあえて教会を建てようとはせず、何とかの証人では積極的に市井の人を戸別訪問して布教している。これは日本の寺や神社が待ちの姿勢一辺倒であることに対して積極姿勢に打って出ているものというのでもなく、キリスト教は元来そのように布教に熱心であった。それを日本では昔の創価学会が盛んに真似たが、今はそうではなくなっているのは昔ながらの寺や神社ほどに威力をつけたからか。それはともかく、寺と神社がひとつずつしかない江名は、村と呼ぶにふさわしい狭さで、こういう場所は日本でも珍しいのではないか。ここ2,30年は山を削って新しい家が少しずつ増えていて、それが何となく古き江名の風景を台無しにしているようなところがある。ところが大きな津波が襲ったからには、逆にそういった高台に建つ新住宅が土地価格も高くなると思える。江名のそうした新旧の住宅地の混在がまさにこの諏訪神社の「無事かえる」の石像と古き狛犬の同居に現われている。
●「無事かえる」_d0053294_0415467.jpg

by uuuzen | 2013-04-02 23:59 | ●新・嵐山だより
●「考えて下さい 死後の行方」 >> << ●「すわ! 神社」

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?