人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●金沢にて、クリフトン・カーフ
泥していること言えばこのブログの最初の文字は少し大きめの紺色のフォントに指定しているが、同じ文字を二度使わないように毎回変えていることだ。そのことはたぶん今まで10回近くは書いたと思う。



この最初の文字を見出すのにますます時間を要する。もうないというところに行き着けば、色を赤にでもして、以前使った文字を使おうと考えているが、まだ根を上げたくない。どうにかして初めて使う文字を探し当てる。今夜は20字ほど確認したがどれも以前に使っている。「こだわり」の「こ」はもちろん使っていると思って、最初の一文字を全部保存しているメモ帳を検索するとたちどころにヒットした。そこで思ったのは「こだわり」を「拘泥」と言い換えるとどうかだ。案の定「拘」は使っていなかった。それでようやくブログを書き始められる。こういう苦労は苦労と呼ぶほどのことではない。単に好き勝手にこだわっているだけで、楽しみと言うべきだ。筆者は楽しみながらいろいろとこだわる。傍からはそれがとても面倒で損をしているように見える場合が多いようだ。貧乏性という表現がある。貧乏で育ったのでどうしても貧乏性になる。あるいは幼少期は日本中が貧乏であったから、そこから来ている。出自と社会が人格を形成するという考えは支配的だ。何のことかと言えば、想像どおり「ハシシタの奴」という下衆な表現をした雑誌が抗議されて早々に降参した話だ。ま、この話は日を改めるとして「こだわり」に戻る。先月8,9日と一泊で金沢に行き、撮って来た写真を小出しにしながらいい加減な話で書いて来た。今夜はその最終回だ。そのためのネタを今日まで取っていた。これは「こだわり」かもしれない。この旅行記が終わるとまた別の話題について書かねばならないから、その予告編的になるべく美術に関しては最後に持って来ようと思っていた。金沢21世紀美術館の感想を最後にしてもよかったが、同館内部の半分しか見られず、まともな印象を書く気がしなかった。また、金沢で現代美術もいいが、大阪の国立国際美術館で企画展を毎回楽しんでいるので、何となく現代美術は金沢に似合わない気がしている。水戸にも同類の美術館があるが、みな似たりよったりだろう。衝撃を受けるほど面白い作品がない。その場だけ少しは感じて、後にほとんど何も残らない。遊園地と同じなのだ。美術は見世物以上のものだと思う筆者には、手の熟練を見せてくれない、頭だけが動いたような作品は面白くない。デュシャンがやったように、便器をそのまま展示してそこに意味ありげな題名をつければ現代美作品になる。何でもありなのだ。何でもありは面白くない。ルール、拘束があって拘泥が強まる。デュシャン以降は現代美術は死滅したも同然だ。また脱線した。「こだわり」に戻る。金沢の印象の最後に取っておきたかったのは、クリフトン・カーフのことだ。
●金沢にて、クリフトン・カーフ_d0053294_13123021.jpg
 主計町茶屋街の浅野川沿いに面したとこを下流に向かって歩いていると、A4サイズ程度の小さな貼り紙が、とある家の地面近くに見えた。貼り紙ではなく、小さな立て看板が地面に置かれていたのかもしれない。ともかく、夕日が沈む頃で、逆光の中で見たこともあってほとんど見過ごしてしまいそうであった。その紙に「クリフトン・カーフ」という文字が見え、その作品を見ることが出来ますよといったことが書かれていた。ただし、展示場所はその家ではなく、裏手のどこかだ。そこで一瞬立ち止まろうとしながら、そのまま100メートルほど先の木製の橋に向かった。橋に向かうまでに左手に樹木の多い小さな公園らしく空間があって、20代後半らしき男女がベンチで抱き合っていた。それを通り過ごして橋に至り、その中央に立って浅野川大橋を見た。そのことは先日書いた。そしてすっかりクリフトン・カーフのことを忘れた。というのは嘘で、もう夕暮れなので、明日その版画が見られる場所に行ってみようと考えて宿に戻った。翌朝旅館で食事しながら女将と小1時間ほど話した。その中で筆者はカーフについて質問した。すると数年前に亡くなったというではないか。驚いた。カーフが金沢に来て製作し、そしてそこで生を終えたとは知らなかった。4年前になるが、京都寺町三条上がるの平安画廊の中島さんが亡くなった。その1,2年前、中島さんと二度ほどカーフの話題になった。詳しい話は書かないが、筆者の方から質問した。「今どこに住んでいるのでしょうかね。」「それがねえ、わたしもわからへんねんけど、聞くところによれば山陰、確か鳥取にいるっていう話を聞いたことがあるのよ。」「なぜそんなところに行ったのですかねえ。」「何やら新しい女性が出来たとか、そんな話も聞きましたけど。」「京都が面白くなくなったのですかねえ。」 こんな調子でそれ以上話は進まなかったが、平安画廊はカーフの個展は開催したことがないはずだ。開催したのであれば、カーフがどこで何をしているか、中島さんは詳しかったと思う。平安画廊はカーフの作品は手がける気はなかったろう。カーフの木版は、京都にいればどこか際物に見えた。アメリカ人が見る京都という面白さはあるが、それは微妙に日本の意識とは違う。その微妙なもどかしさ、違和感、痒さのようなものを京都人は受け入れないだろう。大阪なら違う。だが、カーフは騒々しいばかりの大阪には住みたくなかったに違いない。京都の繁華街をしばしば歩く者は、必ずカーフのキモノ姿を見たことがある。それはひとつの名物になっていた。筆者も何度見たかわからない。その特異な姿がなぜカーフであるとわかったかと言えば、新聞に同じ姿で写真が載ったし、個展を開いた画廊でも見たと思う。その記憶が曖昧なのは、その風貌よりも作品が目立ったからだ。一時期カーフはかなり有名であった。いや、固定ファンが京都にずっといたかもしれない。カーフの作品をあまり見かけなくなったのは、急速に井堂雅夫の人気が高まったことも一因ではないか。ふたりの画題は共通している。そして濃い赤、青、黄、そして黒が目立つカーフの作品と違って井堂の木版はいかにも友禅師から転身いたことを思わせる落ち着いた微妙な配色で、京都人の感性に響いた。また、販売の方法にも差があって、井堂は新聞広告を頻繁に利用するなど、一種工場製品のような量産体制を持った。それはカーフの好みではなかったろう。
●金沢にて、クリフトン・カーフ_d0053294_23377.jpg カーフの作品はモダンであった。モダニズムの言葉がふさわしい。そいう様式性を筆者は好む。井堂にもそれはあるが、かなり陳腐だ。そのため、印象にうすく、すぐに時代遅れになるように感じる。モダニズムも同じように古さを感じさせるが、強い様式性があるので、作品は強固性を持つ。カーフのモダンは生まれ育った時代からして当然だ。筆者はカーフの作品を思い浮かべると、昭和30年代の建築を思い出す。オリンピック当時だ。その頃カーフはすでに京都に住んで7年ほど経っていた。筆者がよく姿を見たのは70年代後半からで、当時は日本版画協会京都支部長を務めていたというから、最も有名であった頃だろう。主計町に移住するのは1995年だ。それ以降12年を同地で制作し、2007年に京都の病院で亡くなる。中島さんの死はその翌年であるから、カーフが亡くなったことを中島さんは知らなかったことになる。だが、これは少し考えにくい。他の版画家からいち早く情報は得られる立場にあったからだ。それがそうでもなかったとすれば、カーフは京都ではもはや忘れ去られていたのかもしれない。これはあり得る。あるいは版画界は狭いとはいえ、平安画廊が企画展をする作家は偏りがあったため、カーフの死について知る人が中島さんの周囲にはいなかったことは充分考えられる。それはともかく、中島さんと話題にしていたカーフの消息を金沢に言ってたまたま知った。そのことは金沢旅行で最も印象に残った。旅館の女将は、カーフが町中で目立っていたことを言った。かつて京都でそうであったように、金沢でも同じようにキモノ姿で闊歩していたのだ。しかもカーフが住んだのは京都に似た雰囲気の主計町茶屋街だ。その一軒を購入してアトリエ兼住まいにした。京都ではどのような住居であったか知らないが、主計町のカーフの家は浅野川裏手の路地に通じる行き止まりの端に位置していた。今日の最初の写真がその時に撮ったものだが、この横長写真はいつものようにクリックで拡大する。オープンまでまだ時間があったのであいにく内部を見ることは出来なかった。帰宅後すぐにネットで調べると、カーフの住居を画廊として引き取ったのは大阪平野にいた男性で、大阪出身の筆者とは話が合うかもしれない。その人もどういう経緯で大阪から金沢に住むようになったのだろう。金沢はよそ者でも受け入れる鷹揚な街と見える。カーフはその家を入手してきれいに改装したらしい。それほどに日本建築やその情緒を愛した。カーフがなぜ京都を離れたのか、その理由はわからないが、京都らしさが激減したと感じる一方で、京都すなわち日本らしい町並みに拘泥したからかもしれない。そしてカーフが望むそれが金沢の主計町にあった。これは確かであろう。好きな町に住み、好きなことをして生きる。最晩年に至るまでカーフは幸福であったろう。カーフの作品が金沢でどの程度のファンを作り、また今後どう評価されるのだろう。金沢21世紀美術館をカーフがどう見たかとも思う。そこに自作が展示されずとも少しもかまわないと思ったことは確かなような気がする。木版は金沢に似合う。手間暇かける工芸は金沢ならではだ。頭だけが肥大化した現代美術と言えば偏見がはなはだしいと言われそうだが、広過ぎる会場には手元でじっくり鑑賞する木版画は似合わない。現代美術は一般人の生活からはかけ離れ過ぎている。美術館にしか芸術はないと考えるのは大間違いだ。カーフの版画を家に飾れば、そこに小さな美術館が現出する。現代美術の作品は、たいていは筆者には中が空洞の「はりぼて」に思えてしまう。現代美術にすればそれでいいのだろう。何しろ便器でも立派な作品になる。どんなつまらないことをやっても、評論家や学芸員がしたり顔で理屈をつけてくれる。
●金沢にて、クリフトン・カーフ_d0053294_2334989.jpg

by uuuzen | 2012-10-20 23:59 | ●新・嵐山だより
●金沢にて、金沢21世紀美術館その2 >> << ●東尋坊にて、その1

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?