人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●金沢にて、兼六園その2
って投稿しているので、家内が何かの拍子に自分の姿が写っている画像をこのブログに見つけると、悶着が起こるだろう。そんなことを考えるので、家内と出かけた時、家内をなるべく写さないように気を配る。



また、写真だけではなく、文章に書かれることもいやがる。家内は自分専用のパソコンがないこともあって、ここ半年ほどは筆者のブログを読まないが、読めば必ず誤字の指摘をする。書きっ放しで読み直さないから、あちこち誤字だらけだろう。気になっている表現もあるが、面倒なので直さない。また、家内は感想を言わない。きっと無味乾燥な文章だと思っている。それを予期して、このブログの副題を「六味感想戀態思惑」と題している。「六味」は「七味とんがらし」より一味少ない謙遜と、「感想戀態思惑」の6つの漢字すべてに下に「心」がつくことを指している。「下心」の味ということだが、さてどこまで筆者のそれが出ているやらだ。なお、これはそそっかしい人は勘違いするが、「戀態」は「変態」ではなく、「恋態」だ。こんな言葉はないが、何か恋していることについてブログに書きたいと思っている。また、「感想」と「思惑」を連帯させたいからでもある。これは過去の出来事を記録する一方、これから先への思いも含むということだ。さて、面倒なので今日も昨日のように兼六園の写真を掲げる。最初のパノラマ写真はいつものようにクリックで拡大するが、写真中央の街灯だろうか、鉄柱で2枚をつないだ。左右ともに家内の後ろ姿が見える。右側がやや大きく、右の写真を先に撮った。兼六園はこんもりとした丘で、車が頻繁に走る道路からは坂を上る。この坂を撮った。ゆっくりカーヴしているが、そうでなければ長崎の大浦天主堂前の道に似ている。また京都の清水坂も思い出す。観光地の坂はどこも両側に店舗が張りつくなど、同じようなたたずまいということだ。この写真を撮ったのは、ある道を抜けて交差点に出た時、すぐ右手に金沢城が見え、25年前を思い出したからだ。家内は25年前に兼六園に行ったことをすっかり忘れていた。昨日掲げた写真のように、有名な事柱灯籠の前で写真を撮ったと言っても信用しなかった。その写真は息子のアルバムに貼ってあるが、引っ張り出すのが面倒だ。それで実際にまた兼六園に行けば思い出すだろうと考えた。予想どおり、金沢城を見た途端、家内はすぐに記憶が蘇った。もちろん筆者もそうだ。そして眼前の坂道を上ることにした。25年ぶりに同じ道を歩く。その感動もあって坂の写真を撮ることにした。家内はさっさと歩くので、後ろ姿はいやでも写った。中央鉄柱からすぐ右に金沢城の石川門が見える。撮影後、家内を追いながら道をわたって左の店が多い方の歩道を進んだ。家内の傘は雨のためではない。真夏同然に蒸し暑く、日傘だ。この蛇行する坂道はわずかな距離だ。それが終わるとまた交差点があったが、車はあまり走らない。ところが当日は市内でハーフ・マラソンが行なわれていて、ランナーが途切れるまで1,2分待たされた。コースは兼六園一周ではなく、もっと広範囲であったはずで、旅館を出たところ、いきなり多くのランナーに出会った。
●金沢にて、兼六園その2_d0053294_16255783.jpg
 金沢市は人口46万と女将から聞いた。家内に高槻と同じくらいかと訊くと、どうかなと言った。今調べると高槻は10万少ない。信じ難いが、兼六園界隈の静けさだけが市内ではない。高槻も城跡の付近は人影がまばらだ。金沢の繁華街を見れば46万は納得する。京都市はそれよりちょうど100万多い。これでは金沢が小京都と呼ばれるのはもっともだ。京都市の146万はちょっと信じられないが、飛び地のようになっている山科区や伏見区も含むから当然かと思う。金沢城や兼六園界隈は京都市で言えば御所や二条城と思えばよい。それ以外の土地は京都もそうだが、人口密集地域だろう。だが、盆地の京都市とは違って金沢市の全体像はつかみにくい。そこで観光に訪れても兼六園界隈が中心となる。それは金沢市にとってはごく一部の保存地区で、生活感がない場所かもしれないが、観光客はそうした場所を主に回り、京都に来る観光客も同じだ。旅館の女将と話が弾み、京都が羨ましいという意見が出た。金沢はどう転んでも京都にはかなわないと言いたげであった。「小京都」を自覚してのことだが、「大京都」に住む者からはそれがあまりわからない。女将との話で筆者が引き合いに出したのは、友禅の人間国宝だ。金沢で最初学んだ今は亡き羽田登喜夫は、京都で一時期学ぼうと思ってやって来たが、学ぶことが多く、そのまま京都に居ついた。同じ例はほかにもあるだろう。それほど京都は工芸家がたくさんいて、あらゆる手仕事の本場となっている。金沢で有名な漆工も元は京都だ。となれば、金沢に行ってまで見るべき工芸はないと思われるが、案外そうでもない。移入された技術は独自の発展を遂げるからだ。友禅にしてもそうだ。京友禅と加賀友禅は本来はまるで違う。ただし、この数十年で京友禅作家の淡泊な色合いはすっかり加賀にも影響を与え、同じようなものになった。これは前述した、町並みの近似からも言えるだろう。とはいえ、仔細に見れば金沢は京都にはないたたずまいがある。昨日書いたように、庶民レベルで違うかもしれないそんな町並みを感じたいために訪れた。そして確かに京都では見られない家や町並みをあちこちで見た。それが何よりの思い出となり、また行きたいとすぐに思った。宿泊は同じ旅館がいい。ま、このことはいずれ改めて書く。さて、へとへとに疲れて走る市民のマラソン・ランナーがわずかに途切れた時に警備員は交差点をわたらせれくれた。そこから兼六園の入り口はすぐだ。料金300円。安い。京都の二条城はその倍はするはずだ。女将は学生時代に兼六園を横切って学校に通ったという。25年よりもっと前だ。朝はそうした人のために無料で開放されたそうだ。今でも地元住民にはそのような特別サービスがあるかもしれない。早朝の空気のいい時に園内を歩くのはいいだろう。筆者は寝坊助なので、それは無理だが。
●金沢にて、兼六園その2_d0053294_223241.jpg

by uuuzen | 2012-10-03 22:03 | ●新・嵐山だより
●金沢にて、兼六園その1 >> << ●金沢にて、姫だるま

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?