人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●金輪際見られない金輪際-ムーンゴッタ・リング
用眼鏡を京都駅近くの家電製品の量販店の片隅で見つけた。1380円だったと思う。金環食が数百年に一度しか見られないものとなれば、せいぜい1分間ほどの鑑賞であってもそれは買うべきなのだろう。だが、買わなかった。



●金輪際見られない金輪際-ムーンゴッタ・リング_d0053294_17163651.jpg
もっと安いものを探すのが大阪人だ。100円ショップを覗くと、売っていない。となればネット・オークションか。送料込みで180円のを見つけた。売り手も必死だ。21日が過ぎれば価値はゼロだ。これを1枚買い、届いたのが数日前のこと。蛍光灯をかざすと、その輪郭が見えないので、問題はない。これで用意は整った。後はカメラでうまく写すことが出来るかどうか。それに普段寝坊の筆者が早起き出来るかであったが、ま、これも心配はない。そして、今朝は金環食が見える7時半の1時間前に起きた。TVをつけると、太陽の欠け具合がリアル・タイムで表示されていた。中国のアモイでは先に金色のリングが見え、その様子も写ったが、アモイの人たちは全部が全部、金環食であることを知らないらしい。日本が騒ぎ過ぎなのだろう。2、300年に一度と言いながら、これは近畿や東海、関東の場合だ。つまり、遠方に出かけることの出来ない貧乏暇なしの人にとってという意味だ。中国やアメリカといった広大な大陸国では違う。日本との面積比で金環食が見られる確率が高い。日本は小さな国であるから、今日のような広域にわたって見られることが数百年に一度だ。また、地球は海の方が陸より広いので、なおさら陸で金環食が観察出来る確率は低い。さて、先日書いたように、17日は更新プログラムのダウンロードのために翌朝4時過ぎに寝て、8時半に一度目覚めた。その時3階に上がってパソコンを操作しようとすると、朝日がカーテンの隙間から射し込み、ビニール製のムンクの「叫び」人形の顔のみが明るく照っていた。そんな湯上りのような赤ら顔を見るのは初めてで、パソコンに向かいながら写真を撮った。そして、金環食が空のどのあたりで見えるかを心の中でおおよそ確認した。3階では筆者は日の出とは違い、日の入りが見える西の窓片に座っている。そのため、朝日にはあまり縁がない。
●金輪際見られない金輪際-ムーンゴッタ・リング_d0053294_17165442.jpg
 今朝7時頃に日食眼鏡をかけて家の外に出たところ、玄関の2,3メートル先で太陽が見えた。太陽の右上が欠けてクロワサンの形になっていた。三日月ならぬ三日日だ。そうしてまた家の中に入り、TVを見ながら20分前の7時10分に3階に上がり、ムンク人形に接して立ちながら窓を開けたところ、建物の屋根にどうにか邪魔されずに三日日が見えた。10分前になった時、太陽に顔を向けながら、目をつぶって眼鏡を外し、それをカメラのレンズの前にかざしてシャッターを二度押した。目を閉じたのは、まともに見ると失明する恐れがあるなどと、TVがしきりに言っていたからだ。めくらめっぽうに撮影したので、三日日は写っていないかもしれない。そう思いながら液晶画面に表示させると、2枚とも画面の隅に小さく写っていた。液晶画面に被写体を表示させながら写せば当たり外れがないかもしれないが、レンズの前に日食眼鏡をかざしながら、一方では三日日の光を見ずに液晶画面だけを見ることはまず出来ない。ともかく、試しに撮った2枚がうまく写ったので、これなら7時半のきれいな金環食も大丈夫だろう。そうこうしている間にも三日日はどんどん細くなって行く。ほとんどリングになったと思えた頃、先ほどと同じように、目を閉じ、カメラのレンズを眼鏡で覆い、三日日の方向に向けて連続で10枚ほど撮った。後でパソコンで写真を加工する時にわかったが、どれも写っていなかった。眼鏡をかけて太陽を確認すると、リングは上方がほんの少し厚く、下方はすでに途切れていた。焦りながらまた目を閉じて今度は20枚ほど撮った。30枚ほども撮れば、どれか写っているだろうとの考えだ。すぐにパソコンで確認した。どれも写っていないではないか。180円がほとんど無駄になった。やっぱり1390円のを買わなくてよかった。写らなかった理由を考えるに、眼鏡の黒い幕の部分はとても小さく、カメラのレンズがはみ出たことと、カメラのわずかな角度の差でずれてしまったに違いない。眼鏡は安物でもよいが、B5サイズ程度の下敷きのような黒いフィルターがカメラ用に必要であった。それならば日をかざして太陽の位置を容易に確認出来、カメラの位置をずらしてしまうこともなかった。そこまで気が回らなかったのは、そんな下敷き状の、つまり日食眼鏡を作る元の大きな黒い板が売られているかどうかわからなかったためだ。ま、金環食は自分の目で確認することが第一番であって、撮影はその次だ。その意味ではどうにか見られたので、人生思い残すことはないといったところか。それにしても数百年に一度しか見られないという触れ込みはおおげさな話だ。普段宝くじがさっぱり当たらない人たちにとっては、日食眼鏡を買うだけで、その稀な運に遭遇することが出来ると思ってしまう。
●金輪際見られない金輪際-ムーンゴッタ・リング_d0053294_17194357.jpg
 「金環食」は「金環日食」とTVでは言っている。1970年代だったか、映画に『金環食』というのがあった。見ていないが、当時大ヒットした。土木工事にまつわる政財界の汚職をテーマにしたもので、金満国家になりつつあった当時の日本には歓迎された話であった。汚職と金環食がどういう関係があるのかいまだに知らないが、「金環食」に汚れたイメージを植えつけたこともあって、今は「金環食」を「金環日食」と呼ぶのではないか。だが、三字の金環食の方が重みがあってよい。それに「金環食」は日食であるから、わざわざ「日」を入れることもない。「金環食」の「環」はワグナーの『ニーベルンクの指環』の「環」と同じで、「輪」という文字を使わない。「金輪食」でもいいように思うが、「きんりんしょく」という響きがよくない。「きんりん」は「近隣」、「りんしょく」は「吝嗇」を思わせる。そこで「こんりんしょく」ではどうかと思うが、やはり「吝嗇」を連想させる。そんなことを思っていると、「こんりんざい」(金輪際)の元の意味は何かと気になり出した。ネットで調べると、仏教用語とある。いかにもそのようだ。ならば金環食の現象に使ってもいいように思う。「金輪際」は「今後絶対に……ない」という意味合いで使うから、今回のように何百年ぶりかの地元で見られる金環食にはふさわしいではないか。太陽にすっぽり月がはまった状態で見える金色の指環状の光は、目視では非常に細く、「金輪」の「際」がすぐに途切れて見える。そのため、「金環食」は「金輪際(こんりんざい)」と呼んでもいい。そこでおやじギャグになるが、今日の投稿の題名を決めた。次に近畿地方で見られるのは何百年か先という。だが、それはそれで大変珍しい貴重な機会だが、日本以外の土地、海上で月に1回は見られるのであるから、ネット時代の今、そう騒ぐことでもない。日食眼鏡で見た金環食はTVで見る大きな環と違って、とても貧相であった。自分の目で実際に見た映像より、画面に映し出されるものの方にリアリティがあるとなれば、人間は生まれて死ぬまで、ベッドに横たわ続けて食っては寝るを続けた方がいい。そして、ベッドの傍らに自分が望むあらゆる映像が瞬時に切り替わるような装置を作る。これは夢物語ではなく、ほとんどそれに近い生活が先進国では実現している。180円の日食眼鏡は筆者は金輪際使うことがないが、捨ててしまうのもまだもったいないので、赤ら顔が消えているムンクの「叫び」人形の顔に貼りつけた。なかなかぴたりではないか。そうそう、「金輪際」の写真を撮ることが出来なかったので、三日日の写真を加工してそれらしいものを作った。これは4年前の「おにおにっ記」に金環食を加工して載せたことの「アゲイン」で、今日の題名は「ムーンゴッタ・リング」でもよかった。
●金輪際見られない金輪際-ムーンゴッタ・リング_d0053294_11294524.jpg

by uuuzen | 2012-05-21 17:21 | ●新・嵐山だより
●にぎにぎふみふみ >> << ●『裸の島』

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?