人気ブログランキング | 話題のタグを見る
👽💚🐸🐛🍀📗🤢😱5月11日(土)、京都河原町三条下るLive House『DEWEY』にて👻『ザッパニモヲ 💐母の日LIVE』午後5時開場、6時開演。3500円👽筆者の語りあり。
●今回は初めての別会場での、そしてザッパ/マザーズの結成日である1964年の「母の日」から60年という節目における、ザッパニモヲの演奏です。チラシ画像はここ。恒例の手製のお土産をくじ引きで配布します。

●年末の連鎖思考、前編
し迫ってから年賀状を書く癖がここ数年ついてしまったが、今年はまだ図案も考えていない。どうにかせねばと思いながら、いいアイデアが思い浮かばない。



それで明日中にはどうにか頭を絞って図案を考え、それを左右対称の切り絵にしてパソコンのプリンターで刷る。宛名も書けば1日で終わらないだろう。切り絵は年賀状用に年1回作るだけになっているが、また以前のように毎月作って掲載する日がいつ来るだろうか。さて、押し迫った年末であるためか、筆者の毎日の長文ブログを読む人は先週から半減している。それが理由ではないが、今日と明日、あるいは明後日の2回に分けて、最近撮った写真で没にしかけたものを元に書く。今日はその前編だ。後編と分けるのは写真の数が多いからだ。前編と後編は続きものになっていて、輪を閉じるような内容にするつもりでいる。文章の内容が続きものというのではない。没にしかけた写真を見つめていて、自分の興味の抱いていることが自覚出来た。つまり、写真が先にあっての2回に分けての投稿内容だ。それは意識の連鎖と言うべきもので、それを普段意識しているからこそ、たとえばこの1か月ほどは、書く内容を連鎖的につながりのあるように題材を選んで来たつもりでいる。それはおそらく誰も気づいていないだろうが、自分でわかっているのは気分がよい。このブログは作品と言うほどのものではないが、表現であることは確かで、そうした表現は本人だけがわかっている部分が多い。そのため、他人の作品をいくら熱心に味わおうが、そこには作者の思いもよらない秘密や考えがすっかり欠落していることがあたりまえではないかと考える。つまり、作品を通じての作者の理解などあり得ず、みな誤解を理解と思い込んでいる。人間には絶対にわかり合えないものがあると筆者は考える。だが、誤解、あるいは全く理解が的外れや及ばなくても、何かを感じることは確かで、それが意味のあることだ。感じることもないままに出会わない対象の方が人間にとってははるかに多い。何かを感じてもらうだけでも幸運と言うべきだろう。こういう考えは、物事にあまり期待しないことであり、ネガティヴな思考と思われるが、人生を悲観してのことではない。現実をよく見ているからであるに過ぎない。自分が思うほど、他人は誰も注目していないし、むしろ謗られることの方が多い。1日の訪問者が数十万人といった超人気ブログについて報じられると、それもまた本人は喜んでいるよりもストレスになっているだろうなと同情する。数十万の人が見ようが、筆者のブログのように数十人であろうが、書き手が満足していればそれでよく、筆者は読者のことを考えていない。飽きられればそれもよし、時に面白いと思ってもらえるのもよしだ。
●年末の連鎖思考、前編_d0053294_01330.jpg 今日まず書くのは、渡月橋からの連想だ。みんぱくの帰り、阪急の山田駅まで歩いたことを先日書いた。スーパーに立ち寄ってキューピー・マヨネーズだけを買い、そのすぐ後、眼下に細い川が流れる橋をわたった。橋といっても欄干が特別あるようなものではなく、またごく短い。急に視界が広がり、またその向こうに白いガス・タンクが見えた。それが欄干代わりの金網の最上段に乗ったような角度を狙って写真を1枚撮った。「おにおにっ記」のゴッタ・シリーズになるかなと思ったが、撮りながらその資格がないと決めた。そのため、ブログに載せる機会もないと思ったが、渡月橋ならぬ渡日橋のようで面白いと思い直した。いや、そのタンクをヤフー地図の航空写真で見ると、地図記号のように白い丸が「晶」の字のように並んでいて、言うなれば渡晶橋だ。この話は、一昨日の「渡月橋とイルミネーション」で書こうと思ったが、没にしながらここで生きた。年末の蔵ざらえへの思いのなせるわざか。また、「晶」の字については昨日の行灯で書いたが、筆者の思っていることはみなつながっている。筆者でなくても誰でもそうだが、それを自覚することは少なく、また何かで表現することはもっと少ない。ということは先に書いたように、他人が表現したものを理解することが不可能であることを示しそうだ。それにしてもこのガス・タンク、あまりきれいな光景ではない。よく見ると、階段がついていて、頂点まで行くことが出来る。そこに人が立てば面白い光景になるだろう。出来れば大きなキューピーさんを置けばよい。あるいはひょっとすれば誰にもわからないだけで、その頂上には小さなキューピー人形が置いてあるかもしれない。あるいは棕櫚の木の植木があれば、オバQの頭のようになって、もっと絵になる。
●年末の連鎖思考、前編_d0053294_015515.jpg
 次の話題は26日に見た棕櫚の葉だ。今日は裏庭の向こうの小道をまた掘り起こした。2、3日に一度その作業をしている。1トンほどの瓦礫というのは本当のことで、おそらくそれ以上出て来るだろう。それらを一度全部掘り出し、石垣のように小川に最も接近した位置に埋め戻すことを考えている。そうなれば、小道の部分は土ばかりで、木を植えることも出来るだろうし、その道が豪雨で崩れて小川に土が流れ落ちることもない。この力仕事を、熱が入ると2時間ほどぶっ続けでやってしまう。何でも熱中してしまうたちで、年賀状のことも忘れて今日は土まみれになった。掘って出て来るのは瓦礫と手袋や靴底などのゴミ、そして雑草やその太い根で、これら3つを分けて、ゴミは家庭ゴミとして捨て、雑草などは払った枝と一緒に袋に詰め、これも別のゴミとして出す。さて、先日その小道に植えた棕櫚は、今日間近で見ると傾いていた。まだ根づいていないようで、このままでは枯れるかもしれない。多少元どおりにしておいたが、風でまた傾くだろう。26日に見た棕櫚というのは、府立総合資料館に調べものに行く際に出くわした。1枚の棕櫚の葉が塀を越えてビューンと歩道側に曲がって垂れ下がり、行く人の眼前を塞いでいる。その付近は大きな家ばかりで、おそらくみな上品であるから、邪魔だと文句を言う人はいないだろう。写真を撮る時、300メートルほど向こうの青信号が、棕櫚の葉の欠けた部分の縦方向の中央を通る向こうの街路灯の、その柱のちょうど左右に分かれて写る位置を選んだが、撮った写真を見ると、信号の光は遠過ぎて見えない。棕櫚の葉が、破れ傘のように見えるのは面白い。若冲もそんなように感じたに違いない。棕櫚ネタを先日から書いて来たので、その締めくくりに出会ったこの棕櫚のお化け葉はなかなか面白い。だが、先に書いたように、それがわかるのは筆者だけだろう。誰も筆者の棕櫚に注意を払ってはいない。
 さて、嵐山に棕櫚が意外に多いことを先日書いた。その後も棕櫚をよく見かけ、本当に知らない間に棕櫚が増えていることを実感する。近くにとても大きな椿の木があって、それは10年前には1000個以上はあろうと思われる赤い花を咲かせたが、その後かなり枝が切られて、勢いが減じたように見える。そのもうひとつの理由は、間近に棕櫚が生えたことだろう。5メートルほどか、同じほど背丈があって、椿の葉を押しのけてまだ高くなるようだ。先日その椿に草色の比較的大きな鳥が3羽飛び込んで行くのが見えた。鳴き声はあまり特徴がなく、雀のような感じだが、燕かそれ以上の大きさで、色が目立った。インコではないが、何の鳥だろう。こういう場合、知識のない者は調べるのに苦労する。ともかく、その鳥はその椿の木に巣を持っているようで、それほどに葉が密集し、また森の雰囲気のある椿だ。ごく普通の藪椿が、それがいい。嵐山がライトアップされたり、渡月橋の歩道が光ったりと、騒がしくなった嵐山だが、桂川の少し下流は昔と流れは変わらない。たとえば嵐山東公園の河川敷は、芦やススキ、葛などの平原になっているが、そこに降り立って渡月橋方面を眺めるのが好きだ。背を屈めると、点在する屋根はかなり見えなくなる。そうすれば江戸時代やそれ以前の人々が見たのと同じ景色を味わえる。嵐山でそうした景色は、おそらくそこにしかない。雑草が枯れ切った今頃であるので、そこに踏み入れることが出来るが、真夏は葛の大海原となって、虫も多く、とても入り込めない。その葛が一斉に赤い花を咲かせるのはまた見事な景色で、筆者はつい、葛の根に思いを馳せて、時間があれば掘り返してやろうかと思わないでもない。下にその平原から撮ったパノラマ写真を掲げる。左端に小さく見えるクレーンは、阪急嵐山駅前のホテル建設現場のものだ。かなりしゃがんでも、渡月橋上流左岸の建物の屋根が少し見える。やはり、江戸時代と一緒の風景というのは無理なのだ。
●年末の連鎖思考、前編_d0053294_12255693.jpg
 渡月橋から500メートルほど下流の桂川右岸には畑が連なっている。車が停められたりもしているので、それらは個人の所有なのだろうが、登記上はどうなっているのだろう。畑の扱いとすれば、河川敷であることからすれば問題はないのだろうか。その畑からさらに50メートルほども離れた土手に桜を植えることが許可されないのに、畑の中ならば桜もOKだ。これは洪水時に流されても国土交通省としては責任を負わないということなのか。同じ河川敷でも、もっと下流の桂離宮の近くでは、広大な土地が不法占拠で耕されているということを昔聞いた。どうせ何の役にも立たない土地なので、そうした畑としての使用を黙認しているのだろうが、京都市が出来るよりも昔から耕されていることもあって、容易に行政が手出しを出来ないとも思える。それはいいとして、10日ほど前、その自転車道路のすぐ際の畑に柿の木があって、そこに実がひとつだけ残っていた。その光景が面白くて、その柿を中央にし、その背景に小倉山を入れた。だが、帰宅して写真をパソコンで見ると、柿が実際に見るよりえらくしょぼくれて色も鮮やかではない。そのため、柿とはわからない。だが、本当に柿だったのか。筆者は近くはよく見えるが、遠くがあまり見えない。そのため、顔を知る人が向こうからやって来てもわからず、向こうが先にお辞儀をしたり声をかけて来る。今日もそんなことがあった。30メートルほど向こうで声をかけて来た人があったが、筆者にはそれが誰かわからない。10メートルに近づいてもわからなかったが、声で見当がついて話を合わした。向こうは失礼な奴だなと思っているだろう。筆者は度の入った眼鏡を買ったことがない。仕事柄、手元だけはっきり見えればよいと思っているからだ。眼鏡は似合うと言われるが、眼鏡をかけると誰でも同じような顔になるように思えていやなのだ。先日富士正晴の本に、眼鏡をかけた人物に詩人はいないと書いてあった。偏見に過ぎないが、筆者は何となくそれに同意したい。富士は割合そういうことを平気で書くところがあって、たとえば顎のない男性を嫌い、同席することを拒んだと知人が回顧している。身体的特徴で嫌悪を示されればたまったものではないが、人間とはそのように好き嫌いがあるのは誰しもであり、それを他人がとやかく言っても始まらない。いやなものはいやでいいではないか。
●年末の連鎖思考、前編_d0053294_063181.jpg
 数日前、桜の林の近くでまた柿を1個だけ枝についているのを見た。50メートルほど先からそれが見えた。先に書いた10日ほど前の柿は落ちた後なので、これまた珍しい光景に二度出会ったなと思った。だが、どうも様子がおかしい。まず、その高さ10メートル近い木は柿でではない。それなのに柿の実がついていることは、鳥が運んでそこに刺したのか。それもおかしいと思ってどんどん接近し、10メートルというところまで行った。すると柿色ではなく、ピンク色だ。柿の大きさをした風船であることがわかった。鳥にとっては迷惑な話だ。柿ならばついばむことが出来るが、風船なら破裂して音が鳴る。それはともかく、ひとつだけぽつんと残っているものに筆者は関心があるようだ。孤高とは言えないので、単に孤独好きであるからか。これは以前に書いたが、また書いておく。中学生の卒業式、横長の手帳サイズのサイン帖をみんな買って来ていて、誰かれかまわず、そこに何か書いてくれと回っている生徒が多かった。筆者はそんなサイン帖を買うお金もなかったし、またその趣味もなかったので、頼まれれば書くだけであった。10人かそれ以上は書いただろうか。書いたことはよく覚えている。それは1ページの中央に自分の名前の4文字を横書きするだけで、しかもその字は虫眼鏡で見ないことには読めないほどの小さな文字であった。それは眼の悪い人には、ほとんどゴミに見えたので、間違ってそのページにまた誰かが上書きしてしまう恐れがあった。それも面白いと筆者は考えた。なぜそんなサインをしたのかと思う。45年も経ってまだその時のことをよく覚えているが、筆者はその頃から、広々としたところに自分がぽつんとひとりで立っているという思いを抱き続けているようだ。それは不安や孤独のイメージもあるが、自分が中心に立つという自信も表わしているだろう。そうした自信は傲慢と受け取られるかもしれないが、中学3年生の筆者はすでに今と何ら変わらない思いを抱いていた。そうした思いが、散歩中に目に留める景色にも現われる。
●年末の連鎖思考、前編_d0053294_07828.jpg

by uuuzen | 2010-12-27 23:59 | ●新・嵐山だより
●京都嵐山花灯路、アゲイン >> << ●『生誕100年記念 ローズオ...

 最 新 の 投 稿
 本ブログを検索する
 旧きについ言ったー
 時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2024 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?