人気ブログランキング | 話題のタグを見る

●「朝十時 雀群がる 合歓木を 吾見上げれば 囀り止まり」
児にも 人生辞退 ありやなし 自殺の遺体 想えば痛い」、「アリアなし そつなき舞台 素っ気なし 言葉の響き 歌と気づきつ」、「目標の なきまま生きる 徒に 庇護下の間の ペットのごときに」、「着た切りの 雀を地味にす 街の色 着た切り乞食 雀に滋味を」昨日裏庭の向こうの水路の水位が5センチほどになっていた。たいてい30センチから50センチだが、渇水期でしかも上流の堰を閉めているのだろう。5センチの深さなら長靴を履かずに入れる。また水路に覆いかぶさるわが家の合歓木を剪定するにはちょうどよい。この機会を半年ほど前から待っていた。それで高さ8メートルまで伸びる脚立を3万円弱でネットで購入していおいたが、今日の午後初めてその梱包を解いた。段ボール箱は中国の簡体字が印刷され、重量は40キロほど、折りたたんだ長さは1メートルほどで、脚立の各踏み台箇所ごとに太さ10センチほどのアルミ製の筒脚が伸ばせる仕組みだ。息子とふたりで水温0度近い水路に降りてその両脚を延ばすと、見栄えは頑丈だが、高さ4メートルのふたつ折りの脚立にすると、全体がぐにゃぐにゃして安定しない。次に合歓木の横に張り出している太い枝に、8メートルの直線に伸ばした脚立の先端もたれかけさせようと思ったところ、開花中の紅梅の木が邪魔をする。悪戦苦闘し、どうにかもたれかけさせたが、やはり脚立全体がぐにゃりと曲がってしまい、とても上る気になれない。結局小1時間で使用を諦め、また筆者は猿のように木によじのぼり、しかも水路の中央近いところまで身を乗り出して長さ2.5メートルの竿の先端に留めている鋸で数本の小枝を切り落とした。作業はこれからという時にしっかり針金で結わえたはずの鋸が外れて水路に落下、それで作業を止めた。竿は直径2、3センチの鉄パイプで、鋸を固定するために金属ドリルの刃を買って穴を空け、ボルトで鋸を固定したうえで針金をぐるぐる巻きにしたのに、枝を引いていると鋸はすぐに竿から顎を上げた形になる。竿を一直線になっていなければならないのに、それが針金を何度縛り直してもうまく行かない。それにしても水路の底から高さ6メートルある合歓木の張り出した太い枝に立って、2.5メートルの竿を操って枝を払う姿は70歳過ぎの年齢ではかなり無茶だろう。息子は全くの根性なしで、ドライヴァー1本も使ったことがなく、とてもそんな危険な作業をするつもりはなく、スマホで植木屋を調べ、「20万円ほど出せばやってくれるで」と呑気なことを言う。筆者が思うに20万でも引き受ける業者はない。水路に脚立を立てるならば高さ8メートルは必要で、しかも普段は水嵩があってその水量で脚立は流されるため、ひとりでは無理だ。それで根元から切ればどうかと言われるが、そうなるともっと厄介で、電動鋸が必要でしかも切った材木の搬出に難儀する。それで毎年伸びすぎた枝を少しずつ伐るしかない。
●「朝十時 雀群がる 合歓木を 吾見上げれば 囀り止まり」_d0053294_01461318.jpg
 合歓木を庭に植える馬鹿がどこにいるのかと家内は毎年のように言うが実際そのとおりで、植えるなら柿の木にしておけばよかった。わが家の合歓木は樹齢35年ほどで、柿ならとっくに毎年実が出来て、筆者は渋柿を買わずに干し柿作りが出来た。そう思いながら負け惜しみで、真夏に合歓木の特徴ある花が一斉に開花すると気分はよい。さて今日の写真は先月29日の朝10時頃に撮った。筆者はだいたい毎朝9時過ぎに目覚めるが、ふたたび眠りに落ちて10時前後に起き上がる。窓の外に雀の鳴き声が聞こえるのは朝5時頃からで、彼らは筆者が寝ている部屋のカーテンが引かれるのを今か今かと毎朝待っている。9時半から10時頃に起きてレースのカーテン越しに外を見ると、何羽かの雀が筆者の起床を他の仲間へ連絡するようで、枝から飛び立って急降下したり、窓辺に寄って来たりもする。筆者は急いで服を着、トイレに立ち、階下で顔を洗って裏庭に出る。起床からそこまで2分ほどだ。今日の写真中央は合歓木で、ふっくらした雀が2,30羽はいる。右手の名前の知らない木の葉にも同じほどいて、毎朝筆者の古米撒きを数時間待っている。寒さはもうしばらくで、本格的な春が来れば餌が豊富になり、筆者が与える古米を食べ切る速度が落ちる。そのことを知っているので、去年12月からは倍近くを撒くようにした。冬の寒さで死んでしまう雀は多いと聞くので、わずかでも生き延びてほしい思いがある。雀が合歓木辺りで待っていてくれればいいのに、1年ほど前からは台所の扉近くまでやって来てあちこち糞をすると家内は言う。風が強く、寒い真冬に4,5時間待ち続けるのは短い生の雀にとってはあまりに酷な試練だ。筆者が早起きなら5時や6時に餌を撒くが、そうすれば朝一番に満腹になってその日は過ごしやすいだろう。10時前後に撒いた米は、2,30分で雀の群れが一旦去り、新たな集団が飛来して残りを平らげる。今朝はパン屑や砕いた乾燥麩もボーナス的に撒いたが、きれいにみんななくなった。微細なパン屑は銀色に光る跡からナメクジが食べているのがわかる。たまに正午過ぎにも筆者が裏庭に出ると、また雀はけたたましく鳴きながら飛来する。そういう時筆者は気まぐれに新たに米を撒くことはあるが、たいていは無視する。すると雀のほうも「やっぱり今日はもう駄目か」と諦めは早く、裏庭は静けさを取り戻す。今日合歓木の枝を払うために幹をよじ上った際、すぐ隣りにある椿の上部の葉がどれも真っ白であった。雀の糞だ。彼らは合歓木で筆者を待つが、おそらくまだ幼ない気弱な雀は、筆者が米を撒いた後に家内が庭に出た途端、椿や今日の写真の右手の木の葉に隠れる。絶対に彼らを捕獲したりいじめたりしないのに、彼らにすれば人間すべてがそうではないことを遺伝子レヴェルで知っている。筆者が生きている限り、また現在の家に住む限り、1日も欠かさずに毎朝古米を与える。
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

# by uuuzen | 2023-02-02 23:59 | ●新・嵐山だより
●「雪残る 日陰歩いて 納得す 天気よき日も どこかさびしき」
候は 喧伝されつ 手を打たず 場当たり対処 罰当たるとも」、「羽目外し 礼儀なくして 怒鳴られて 夫婦であれど 一線超えず」、「馬鹿嫁と 夫嘆くは 調子者 無知が可愛の 言葉忘れて」、「傍の目に 映る自分を 意識して 心磨きを 知らずに目立ち」●「雪残る 日陰歩いて 納得す 天気よき日も どこかさびしき」_d0053294_12062942.jpg 一昨日の午後、家内と嵯峨のスーパーに出かけると、日陰には雪がまだ残っていた。わが家の裏庭もそうだ。毎年節分頃が最も寒く、雪が消えないのはあたりまえだ。これでこそ京都の底冷えという気がして半ば気持ちはよい。というのは裏庭にはもう紅白梅の花が咲き、時々覗く日差しは春を感じさせるからだ。嵯峨のスーパーはいつも最低3軒は梯子するが、多い場合は5軒、それに遠方の常盤にある大型店2軒に足を延ばすこともある。一昨日は嵐電の帷子ノ辻の駅近くにあるスーパーにたぶん3年ぶりに訪れた。三条通りから店内に入るには、地下に潜る急な階段を降りる必要がある。その昭和時代の雰囲気が濃厚な階段を降り切ると、眼前に6,7人の撮影隊がカメラを筆者に向けていた。20代前半らしき黒のコート姿の女優がその階段を上る場面を撮影中で、筆者が降り切る前に彼女が上り始めた。つまり場違いな筆者が写り込み、撮影は中止され、筆者と家内が撮影隊の後方に移動し始めた時に若い男性監督は撮影再開の指示を出した。振り返りながら女性が階段を上る様子を見たが、近年の日本映画や俳優をさっぱり知らず、その撮影がどういう作品で使われるかの興味もない。それに全員若く、商業用の映画ではないかもしれない。スーパーでは最近の値上げを実感し、ほとんど買わずに丸太町通り沿いのいつものスーパーに行くことにした。その途中の路上で見かけたのが今日の写真だ。最初の上は歩道の側溝の蓋の穴で、どれも同じようにそこだけ雪が融けていた。下に流れる水が空気より温かいからだ。ところで「風風の湯」に向かう際、ホテル花伝抄の横を歩くと、ホテルの下水の雲古臭が側溝の穴から臭う。それで反対側の歩道を歩くのだが、下水管が道路を横切ってその歩道下を通っていて、幾分ましだがその側溝からも雲古の臭気が発散されている。それはさておき、最初の写真下はたばこのフィルターが雪を吸い取ってそこだけ路面が見えている。2枚目の写真は路面のタオルだ。たまに同じような場面を目撃するが、今回はカラフルな縞模様が面白く、またタオルはこれ以上はないほどにぺしゃんこで現代アートのようだ。そう言えば思い出した。1か月ほど前、午後遅くスーパーに行く途中、渡月橋下流左岸の大きな土産店の前で、何か柔らかいものを踏んだ。家内は雀が死んでいたと言う。確かに踏んだ感触はそうであった。かわいそうに雀は筆者にまともに踏まれてスルメのようになったはずだが、その場所は常に観光客で溢れ、筆者以前に誰かが踏んだ可能性が大きい。雀は長く生きて2年半という。今年の寒さでは生存の確率は例年よりも少ないだろう。
●「雪残る 日陰歩いて 納得す 天気よき日も どこかさびしき」_d0053294_12065079.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

# by uuuzen | 2023-02-01 23:59 | ●新・嵐山だより
●温泉の満印スタンプ・カード、その54
路を 妻と前後に 歩きつつ 二河白道を 思い浮かべり」、「凍てついた 夜道の先の 温泉の 灯り目指して 妻と腕組み」、「財を成し 齢も重ね 笑みはなし 人に好かれず 好きにもならず」、「財を成し 齢も重ね 笑み絶えず 人に好かれて 話も好きで」
●温泉の満印スタンプ・カード、その54_d0053294_23271626.jpg
昨日は珍しく朝8時に起きた。段ボールや厚紙の回収車が8時半に来るからで、その所定場所に運ぶと積雪のために29日に延期という貼り紙があった。それで持ち帰り、今度は駐輪場の屋根や裏庭の屋根、玄関ポーチの上などを脚立に乗って雪かきをした。駐輪場の雪は厚さ20センチほどで、これはその片持ち屋根が倒壊する限界だ。裏庭の雀はいつものように葉を落とした樹木に群がっていたが、雪の上に古米をばら撒けば食べるのに苦労するから、フェンス下の隙間の雪を拭い落とし、そこに撒いた。もう一か所、別の平らなところにも撒いて数時間後に確認すると、雀たちはその初めての場所を見つけ、一粒もなかった。今日の昼間も雪は降り続いたが、積もるほどではない。それで冒頭の2番目の歌のように、夜に凍った道路で滑らないように家内と腕を組んで「風風の湯」に行った。寒さで縮み上がっているので、温泉で温もれるのはありがたい。今夜スタンプ・カードが満印になったが、ちょうど1か月ぶりで、いつもより2週間早い。その理由はここには書かない。今日の写真は同温泉の大湯舟に面する大ガラスに筆者がいつも右手で一気に描く円で、2年前の2月に撮って当時の投稿に使ったが、先日デジカメの記録媒体に残っていることに気づいた。その媒体は最大100枚ほどしか記録出来ず、筆者は撮った写真の99パーセントは消す。消さずに残しておいたのは気に入っているからだ。グーグルのマイドライブに移せばいいのに、それが面倒でそのままにしている。ともかく今日はいつものスタンプ・カードの写真ではなく、2年前の湯気で曇った大ガラス上の手書き円を再使用する。ところで、コロナ禍がいよいよさほど重視されなくなり、嵐山はアジア人観光客が目立つ。それで同温泉を訪れる若者もめっきり増えた。たいていは20歳ほどの韓国の若者で、マナーを知らないのか、筆者は訪れるたびに洗い場のシャワーの出しっ放しに遭遇し、栓を閉める。なぜ気づくかと言えば、BGMに混じって誰もいないはずの場所からシャワーの音が聞こえるからだ。韓国青年の行儀の悪さを嵯峨のFさんはしばしば吐き捨てるように言うが、日本人も同じだ。大騒ぎをし、高齢者の邪魔になるように脱衣場にたむろすることはいつものことで、時によほど注意してやろうと思うが、6,7人固まって騒いでいればその気は失せる。中国語の会話も飛び交っていて、おそらく台湾や香港からの観光客も混じっている。客の95パーセントは一見客で、彼らはだいたい夜8時にはほとんどいなくなるので、85Mさんはいつもその時刻以後に来る。もう一段落書くつもりでいたが、次の機会にする。
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

# by uuuzen | 2023-01-25 23:59 | ●新・嵐山だより(シリーズ編)
●「底冷えの 京にふさわし 雪が降り 紅白梅の 花にも積り」
々の 沈丁花待つ 春の暖 冬にため込む 飛躍の力」、「雪降りの 予報どおりの 空模様 多肉植物 みな部屋に入れ」、「寒かろう 蘇鉄の葉にも 雪が降り 葉を閉じ結び 傘を被せし」、「大雪で 足元悪し 引きこもり 初天神の 露店も出ずに」
●「底冷えの 京にふさわし 雪が降り 紅白梅の 花にも積り」_d0053294_13515810.jpg
10年ぶりの寒波到来で京都市内も積雪の予報があった。京都盆地は東西が8キロという狭さでも、南北は高低差がかなりあって、北は南より雪が降りやすい。また嵐山で雨が降っても下鴨では降らないといったことはよくあり、京都府南部に雪が降る予報があっても、TV画面上のその境界線は嵐山に関してはかなり微妙だ。今朝の明け方は雨音が聞こえたが、午前中は天気が比較的よかった。雪は降らないと思っていたのに、昼下がりから嵐山上空に暗雲がたちこめ、やがて霰が降り始めた。それが雪に変わったので10数鉢の多肉植物を部屋に入れ、蘇鉄は葉を閉じて紐で縛り、中央にビニール傘を立ててやった。雪の中、その作業をすると筆者は雪だるまになって家内に悲鳴を上げさせた。びしょ濡れのセーターを脱がされ、寒さを感じつつストーヴのない気温5度の3階に戻って読書を始めた。先日隣家で見つけた会田雄次の『よみがえれ、バサラの精神』を先ほど全部読み終えた。昭和の最後に出た本で、現在の日本を正確に言い当てているが、同じことは当時のまともな知識人ならみな思っていた。そのまともな人がますます世間に埋没し、そして政治家から評論家、自称学者まで小粒連中が跋扈し、日本の没落を早めているが、そのこともいつの時代のどの国にもあることと思って筆者は諦めている。知識人が世論を率いることはきわめて珍しい。つまり知識人は何の役にも立たないが、その無益さはまだ喜ぶべきことだ。前述のTVやネットの魑魅魍魎的有名人は害毒を撒き散らすにふさわしい顔つきをしている。会田が同書で言いたいことのひとつに、数百年以上後に世界から日本の代表的建築物と言われるものを一般人の批判があっても建てるべきというのがある。筆者もそれにはある程度賛成だが、宗教が力も美意識も持たないではどういう建築物が可能か。64年の東京オリンピックの競技場を壊すような日本は、建物に莫大な金を投入し、それを世界に誇る思いはもう持っていない。それで会田が書くように、50年で建て替えるビルばかりが増殖するが、その現実は今が楽しければそれで充分という、まあ強いて言えば蟻や雀並みの人間性ゆえで、それは言い換えればそれだけ自然という屁理屈もまかり通る。会田は同書で「考えることは楽しい」と言い、筆者はその点は大いに賛同するが、考えても仕方ないと主張する人間が大多数を占めている。考えが行為に結びつき、世の中をいい方向に変化させればいいが、何が将来の国の顔となる歴史的遺産になるかは予想がつかない。とはいえ会田の同書は天気予報以上に精確で、筆者はTVに出ていた彼を思い出しながら学びの重要性を思う。
●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

# by uuuzen | 2023-01-24 23:59 | ●新・嵐山だより
●「しばらくは 机の上の カリン三つ ジャム瓶空くを ともに待とうや」
呼され また見つけしや カリンの実 喋らぬものも 意思は飛ばせし」、「ずっしりと 重さ頼もし カリンの実 扱いにくさ 憎い魅力や」、「輝きの 色したカリン 目を引くは 知識の有無に 関係はなき」、「あっカリン 妻と言い合い 見上げれば 青空に載る 黄の実三つ四つ」●「しばらくは 机の上の カリン三つ ジャム瓶空くを ともに待とうや」_d0053294_00202470.jpg 最後の歌は2年前の10月末に家内と訪れた神戸の相楽園を思い出して詠んだ。その敷地の南塀際の歩道に20メートル置きほどに高さ3、4メートルのカリンの木が街路樹として植わっていた。そのことは当時の投稿に書いたかもしれない。カリンの木全部に実が成っていたのではなかったが、相楽園の玄関に最も近い木はいくつかの実がてっぺん近くに丸見えであった。葉は大半が落ちていたからだ。そうなるとカリンの実は遠目にも目立つ。今日の2枚目はグーグルのストリート・ヴューの2018年10月撮影で、その場所近くの木だ。茶色のシミが出ていない実がたくさんついている。自然に落下するまで誰も収穫しないことは、2年前に筆者らが訪れた時の様子からもわかるが、落ちた実はどうなるのだろう。持ち帰っていいと思うが、それに文句を言う人があるかもしれないと誰しも思い直し、そのまま路上に転がり、そして腐ってゴミとなる。それはさておき、先の歌のように家内とカリンの実を見上げた時、筆者は家内の顔をまともに見たので、その表情とカリンの実3,4個が木の枝に集まっていた様子が重なる。その様子が鮮明で、それを思い出して先の歌を詠んだ。さて、今日の最初の写真は13日に投稿したカリン・ジャム作りの2日後の15日、いつものように家内と嵯峨のスーパーに歩いて行き、3軒回った後、もう一軒足を延ばして見つけたものだ。前回と同じ場所に同じように歩道際に固め置きしてあった。6時過ぎでほとんど真っ暗であったのに、カリンの色は目立つ。その3個は去年その建物の奧、川沿いにあるカリンの木の頂上近くに実っていたものと直感した。去年の筆者は通りがかるたびにその3個がほしいと思い、消えてからも川底に何度も目をやった。3個は川に転がり落ちたのではなく、地面に落下したものを拾ったその建物の人が鑑賞用に部屋に置いていたのだろう。そして茶色が目立て来たので、捨てるにはもったいないから、以前のように建物の端に置いていると通行人が持ち帰ると思ったに違いない。そう受け取って筆者は3個を買い物のキャリーバックに放り込んだ。目撃して1か月以上経ってそのカリンの3個が自分の手になったことを、カリンが呼び寄せたと思っている。そんなことはあり得ないと思う人は面白くない。毎朝雀に古米をやる筆者は、2年前に雀から驚嘆すべき出会いをもらえた。そのことについてはまだ書かないが、雀の恩返しとしか言いようがない。心を寄せていると何かが起こる。人間以外の存在、物も含めてだが、人間と通じ合う意思を持っている。
●「しばらくは 机の上の カリン三つ ジャム瓶空くを ともに待とうや」_d0053294_00211411.jpg

●スマホやタブレットでは見えない各年度や各カテゴリーの投稿目次画面を表示→→

# by uuuzen | 2023-01-21 23:59 | ●新・嵐山だより

時々ドキドキよき予告

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
言ったでしょう?母親の面..
by インカの道 at 16:43
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
ブログトップ
 
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  ? Copyright 2023 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.
  👽💬💌?🏼🌞💞🌜ーーーーー💩😍😡🤣🤪😱🤮 💔??🌋🏳🆘😈 👻🕷👴?💉🛌💐 🕵🔪🔫🔥📿🙏?