●○は○か、その35
回は訪れたと思うJRの上野駅だが、まだその駅舎の全貌を知らない。筆者が一番よく覚えているのは、山手線のプラットフォームに降り立って「不忍口」という表示にしたがって進んだ先の改札口だ。



d0053294_16590407.jpg
そこを出ると近くに西郷隆盛の銅像が建っていたが、それよりも印象的なのは、いかにも昭和30年代という雰囲気の書体で白地に黒で書かれた「不忍口」という小さな札だ。それを見たのはまだ10年は経っていないが、先月中旬に家内と東京に行った時は西郷隆盛の像の近くには行かなかった。というより、どこにあるのかわからなかった。そして、大平さんと待ち合わせをした「公園口」の改札は、筆者は初めて見た。以前はいつも「不忍口」から出て上野公園に入っていた。「公園口」の改札は最南ではなく、中間辺りの西側だ。そこから出ると美術館のある区域に最も近い。そのことを先月は初めて知ったが、美術館に行くのにわざわざ大回りをしていた。それはともかく、大平さんとの待ち合わせ時間までしばらくあったので、上野駅のビル内を歩いた。坂に建っている駅ビルなので、1階か2階か、あるいは地階かわからないが、大阪の天王寺駅と似て、広々とした内部のあちこちに店が入っている。多くの「口」があって、待ち合わせの際にはよく場所をお互い確認しておかねば、筆者のように方向感覚の鈍い者は迷子になる。先日少し書いたが、大平さんとは「公園口」で待ち合わせをしたが、雨天でもあって、大勢の人が改札口周辺にいて、すぐにはお互い見つけられなかった。上野駅を利用する人は、「公園口」であればほとんどの人が上野公園の方に向かうだろう。「不忍口」ならば不忍池か、駅の南のアメ横だろう。筆者はアメ横のようなごちゃごちゃした場所が好きなので、上野駅と言えば「不忍口」で下りるのがあたりまえと思い込んでいた。また、そこを利用すると、すぐ近くに京成上野駅があるが、これがどこにどうつながっているのかよくわからない。去年12月に東京に行った時は寅さんのゆかりの場所、柴又を訪れたが、それが京成沿線であることはその時に知ったが、そのことと京成上野がつながらない。それに柴又に行くには途中で電車を乗り換えたが、乗り換えなければその線路がどこにつながっているのだろう。京成と言えば関西の京阪を思い起こさせるが、そうか、京は東京で、成は成田のことか。ならば納得が行く。筆者は80年代終わり頃に成田に一度だけ行ったことがある。
d0053294_16595221.jpg
 さて、今日は先月の東京行きで撮った写真を4点使う。最初は先日書いた浅草の吾妻橋西詰めで見かけた円形の窓のあるバスで、同じ写真をトリミングした。拡大してもはっきりとは見えないが、その円窓の中には若い男性が座っていて、こちらを見続けていた。そのことにかわまずにバスが筆者の真横まで来た時にシャッターを押していれば、もっと正円に近い写真となったが、その男性の姿も大きく写り込んだ。それでは少々まずいと思って、1枚だけ撮った。バスの後方に円形窓があるのは珍しく、「○は○か」の投稿に使えると思った。そしてこうして載せておくので、筆者の思いはひとまず遂げられる。カメラを持って出かける時はブログに使える被写体がないかと思っているがかと言えば、円形のもの、特に円窓を見かけるとブログを思い出し、そして撮るといった方が当たっている。家内は筆者がいつもそうすることを知っているので、たとえば今日の2,3枚目は、人が途切れ、筆者がうまく撮影出来る瞬間まですぐそばで立っていた。それは勝手に先を歩くと、迷子になるからでもあるが、円窓とは違って床の円形の方向指示板は、人が歩いている場合が多く、筆者の撮影がすぐに終わることがないという理由が大きい。そして筆者はいつまで経っても人が途切れない時は、あえて人の足と一緒に写すが、その方が円形の大きさがわかっていいかもしれない。そう思いながら、原則は誰も写っていないこととし、仕方のないときだけ人を入れる。そういう筆者の考えは、筆者の性格判断の材料になるかもしれない。筆者のブログはおそらく8割かそれ以上は人が写っていないだろう。これは他人の顔や姿を勝手に撮影してブログに載せることはまずいという思いよりも、人間にあまり関心がないからとも言える。自分の姿や顔をごくたまに撮るが、そうした写真をブログに載せたのは、たぶん数回だ。それで筆者の顔をネット検索しても表示されない。筆者の姿や顔の写真よりも、筆者がこうして書く文章や載せる写真の方が筆者のことをよく伝えるだろうとの思いからでもある。
d0053294_17004703.jpg
 東京に行く直前にも「○は○か」を投稿したが、そこに載せたターンテーブル式駐車場を上野でも撮った。それを4枚目に載せるが、2,3枚目を撮った後で、上野駅ビルだ。2,3枚目は同じデザインの方向指示だが、別の場所だ。東西南北を示す黒の先に横文字表記でそれぞれ場所を記してあるが、筆者はどれも知らない。3枚目の左下に「グラウンド・コンコース」と読めるが、これがどこを指すのかもわからない。それほどに上野駅は大きいということだが、地図で見ると東側は数百メートルも行くと寺が多く集まる地域で、そしてすぐに浅草につながる。電車で移動すればいつまで経ってもよくわからないことが、歩けば土地の雰囲気や距離感が把握出来る。今後東京に行くことがあれば、2,3時間でよいので、関心のある地域を最寄の駅から歩く。そのようにすれば点的に知っている地域が面的に実感出来る。ところで、今ネット検索して知ったが、最初の写真の円窓のあるバスは、東京と浅草や両国を結ぶ「東京・夢の下町」と名づけられている観光路線バスで、今日の冒頭の一字の「8」年前に運行が始まった。これは知らなかった。だが、浅草で偶然見かけ、しかもこの「○は○か」のシリーズで投稿するのは縁があったということだろう。東京駅から毎時0分と30分の2回で出ているようで、地上の様子が見えない地下鉄よりかは観光客には○だろう。乗るならば最後尾のこの円窓側だが、そこに座れるのであれば、次回の東京行きでは乗ってみたい。先月の東京で撮った写真は神社がまだ残っているが、去年12月に撮った東京での神社の写真もまだ投稿していないので、いつになるかわからない。
d0053294_17014669.jpg

[PR]
by uuuzen | 2016-06-26 23:59 | ●新・嵐山だより


●『第34回 上野の美術館大賞... >> << ●嵐山駅前の変化、その394(...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.