●嵐山駅前の変化、その419(マンション)
果がどうなるかを綿密に予想して行動することは誰しもと言いたいところだが、人によってさまざまだ。それで失敗する人が多いが、綿密に計画を立てても必ず成功するとは限らない。



d0053294_02033094.jpg
明日は何が起こるかわからないからだ。だが、であるからこそ、可能な限り、予想出来ることを組み込んで計画を立てる。ま、それはいたちごっこのようなもので、万全の計画を立てても失敗する時はする。万全を尽くして後は天命を待つということだ。ならば悔いも少ない。だが、その万全というのも人によってさまざまで、そう考えると、人間はある程度は運を天に任せるいい加減なところがあっていいことになるし、実際そうだ。そのため、完璧主義を通そうとすると、他者との摩擦がよく生じる。筆者は毎朝10時半頃起きるという、かなりいい加減な人生を歩んでいるが、去年亡くなった水木しげるが手塚治虫のことを働き過ぎで睡眠時間を削ったことが早死にした原因と言っていた。ま、長生きしても手塚治虫以上の名声を得る漫画家はこれからもほとんどいないであろうから、結局のところ、自分が思うように生きればよいということだ。また、他人の忠言に耳を貸さないのが、だいたいの大人で、強制されることは誰しもいやだ。それで、今日は昨年の今日すなわち11月11日に撮影した阪急嵐山駅前近くのマンション建設現場の写真を載せるが、これは市バスに乗ってどこかに出かける際に撮った。1年前のことなのでどこへ行ったか記憶にないが、写真を見ていると、何となく撮った時の気分が蘇る。秋の雨はいやなもので、これからいよいよ寒くなって行くのかという気持ちだ。現在このマンションは完成し、先月10日に書いたように、8戸が売れ残っているようだが、その後いくつか売れたかもしれない。それが当初の計画どおりなのか、あるいは予想が外れたのか知らないが、建物は設計図どおりに建ち、トラブルは皆無であったはずだ。それは当然のことであろうが、まずはめでたしといった思いだろう。わが自治会はみんなおとなしい人ばかりで、工事にいちゃもんをつけるような人はいない。おそらく。だが、自治会のFさんはかなり批判的で、筆者とたまに話をする時は、いつも皮肉っぽく言う。それは、今日の2枚目の写真で言えば、写ってはいないが、マンションの敷地の向かって左端に小川沿いの道路があり、敷地側がゴミ収集場として自治会の近隣住民が使っている。それが工事中は邪魔だというので、数メートル離れた小川沿いに移動している。ゴミ袋は烏避けのネットをかぶせはするが、置き方が悪ければ小川に落下する。それで敷地側にしていたのだ。工事に邪魔かと言えば、塀で囲っているので、それほどでもない。だが、工事業者としては、高級マンションでもあり、またゴミ袋を置く人たちが少しでも工事現場に接近することのないようにとの配慮もあるだろう。
d0053294_02035856.jpg
 それはFさんも理解しているが、マンションが完成すれば、元のように敷地際にゴミ置き場を戻すのが本当ではないか、あるいはそれが無理ならせめて自治会に打診があってもいいではないかと言う。確かにそのとおりだが、工事が始まってゴミ置き場が移動し、結局そのまま小川沿いを使うしかない。実はそのほかにもゴミ置き場に関しては難しい問題が生じているが、それを書くとややこしくなるので、触れないでおく。ともかく、ゴミ置き場は数時間の我慢とはいえ、誰しもいやなもので、その場所を自治会内で確保することは難しい。全く見知らぬ人がわざわざゴミ袋を捨てに来ることも多々あり、またそういうゴミは一旦捨てられると自治会住民のものかどうかわからず、やがてその場所のゴミが大量ということにもなりかねない。そして、そんなゴミの山が完成したばかりのマンションの端っこにあれば、マンションを販売する阪急も黙認したくないだろう。というのは、マンション内におそらく特別のゴミ置き場があって、住民はその自治会のゴミ置き場にゴミを出さないからでもある。Fさんがこの問題に大きく関心があるのは、Fさんがゴミ袋を置きに行く場所であるからだ。筆者はゴミ袋に関しては問題がないので、どうしても関心がうすい。またFさんと同じ場所にゴミ袋を持参する医者が自治会内に住むが、Fさんとは意見が違って、相手は大きな会社で、文句を言っても通じないと達観している。そういう大きな会社は法律を盾にして、どこにも隙のないことをしているはずで、文句を言うだけこっちが損という意見だ。それどころか、Fさんに向かって、それだけ不満なら、阪急不動産に土地を買わせずにFさんが買えばよいといった無茶を言う。だが、本人は無茶とは思っていない。つまり、その医者は阪急不動産と同じ考えを持っている。それでFさんはその医者に対して一種の呆れ顔を筆者に見せるのだが、人はさまざまで、筆者は笑いながら黙って聞いている。わが自治会の内部だけでもいろんな人がいて、またみんながみんなと仲がよいというわけでもない。それに、自治会に入っていない人は、自治会住民はほとんど顔も知らないが、案外そうでもない場合があり、自治会だけが地元を代表する住民の集まりと思ってはならない。完成した駅前マンションの住民は誰も自治会に入らず、顔は全く知られないということになるだろうが、Fさんはそのことが癪に障るのかもしれない。Fさんは同じ場所に住む二代目で、何代にもわたって住む人たちほどではないにしても、古い住民に属する。そして、そういう人たちはマンションが新しく建つことをあまり歓迎しない。マンション住民はなかなか地元住民と交流しないからだ。小さな子どもがいれば別だが、老境を嵐山で過ごそうとやって来る、いわゆる経済的にかなり恵まれた人たちは、自治会に入らず、顔も名前も知られないままとなりやすい。これは都会ではあたりまえのことだが、田舎であった嵐山もそのような状態が拡大して来ている。新しい住民をあまり歓迎しないとすれば、労働力不足で移民を受け入れることなど、もってのほかと考えるであろう。
d0053294_02042481.jpg

[PR]
by uuuzen | 2016-11-11 23:59 | ●駅前の変化


●嵐山中ノ島復旧、その67(6... >> << ●嵐山駅前の変化、その420(...
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.