●初めて入る松尾大社駅前の喫茶店
のように話をつなげるつもりではないが、今日は昨日出かけた松尾大社境内での亀の市の帰りに入った喫茶店について書く。先ほどネットで調べると「食べログ」に紹介されている。



星は3つだが、それは普通という意味だ。阪急の松尾駅は松尾大社という名前に2,3年前に変わったが、去年からバリア・フリーの工事を嵐山駅、松尾大社駅、上桂駅の3つが同時で進行し、現在も完成していない。今日の2枚目の写真からは、喫茶店のガラス扉の向こうに松尾大社駅の改札口が見え、工事用の塀などで覆われている様子がわかる。どのように改装されるかだが、最も大きな変化は、梅津方面つまり松尾橋の東詰めから東方面に住む人たちがこの駅を利用する時に踏切をわたらずに桂方面行きのプラットフォームが利用出来る。現在はまだその工事は終わっていないので、梅津方面の学生やサラリーマンがこの駅から河原町や大阪方面に向かう場合、必ず踏切をわたって、ひとつしかない改札口を入って地下道をくぐって河原町・大阪方面のプラットフォームに行く必要がある。この駅の利用者は圧倒的に梅津方面の人が多く、それらの人の便宜を考えれば、なぜこれまで改札口が梅津側つまり踏切の手前に出来なかったのかと思うが、阪急とすれば工事の優先順位は低かったのだろう。それは利用客数から判断されるはずだ。だが、松尾橋東詰めには3年ほど前に大きなマンションがいくつか建ち、電車を利用する学生や通勤客が増加したはずで、それでようやく新たに改札口を設けようということになったのだろう。住民の要望もあったかもしれない。遅刻を恐れる人が電車が迫るのに踏切を越え、事故に遭うことはままあり、そういうことを防ぐためにも踏切の両側に改札を設けるべきだろう。上桂では幸い改札口は河原町、大阪方面側にあるが、今回の一連の工事によって、嵐山方面のプラットフォームにも改札が出来るかと言えば、あまり注意して見ていないが、それはなさそうな気がする。そのための場所がないからだろう。それはさておき、松尾大社駅はその名のとおり松尾大社がすぐ近くにあるが、店はとても少ない。その点は上桂と大きく異なるが、人口が少ないからだ。大社の周辺に民家はあっても、すぐ背後に山が迫り、店を経営しても儲からない。これまで駅近くにいろんな店があったが、みな廃業し、空家になるか、取り壊されて新たな家が建つ。そんな状態であるから、先日書いたように、スーパーが1軒もない。それが3軒あった頃は、まだ町は若かったが、高齢化が進んで町並みは灰色っぽくなって来ている。
 そんな中、松尾大社駅改札の真正面に昔から橙(だいだい)という果物店とその隣りにプルーンという喫茶店がある。筆者が梅津に住むようになった30数年前からあったが、橙は数年前になくなり、変わって去年の秋にパン屋が出来た。自治連合会の副会長のHさんから聞いたが、橙の経営者の子どもがパン屋を開いた。その初日に筆者はクロワサンを買いに行き、店前に並べられた記念の花の写真を撮ったが、パンが好きなHさんは地元つまり嵐山地区にパン屋が出来たことをとても喜び、筆者と同様、初日に買いに出かけた。その話はさておき、Hさんはプルーンにもよく通っているそうで、主の女性とは仲がいいらしい。その話を聞いたのが、パン屋がオープンする少し前のことで、その頃から筆者はプルーンに一度入ってみようと思い始めた。この店は踏切の手前にあって、カウンター席しかなく、またいつ通りがかっても常連らしき中高年が数人いて、なかなか入りにくい印象があった。この店の前を通らねば梅津には行けないこともあって、これまで何千回と店の前を通っているが、利用したことがあるのは30年近く前に一度だけで、しかもその時は店の中に入らず、店前の窓からアイスクリームをひとつ買った。息子を自転車に載せて梅津に行った帰りで、息子に買ったのだが、まだ2歳かそこらで、自転車の後方に座って片手でアイスクリームを持って食べながら、もう片手でサドルをつかむということが出来なかった。実際は片手でアイスクリームを持ち、片手でサドルをつかんでいたのだが、揺れる自転車に息子はアイスクリームに口を寄せる気になれなかった。それで家に着くまでの間にアイスクリームが溶けてコーンから外れ、地面に落ちた。コーンの中にはほとんど残っておらず、息子は「アイスクリン、ぼちゃっと落ちた」という言葉だけを連発したが、その話を家内に伝えると、なぜ買った後、どこかに座って食べさせなかったのかと言われた。だが、店の前にそんな場所はない。炎天下で親子でしゃがむには公園しかないが、それはプルーンの近く、松尾橋下にあって、そこでゆっくりしようという発想は筆者になかった。アイスクリームに顔を近づければいいだけのことで、てっきりサドルの後ろ側で息子は食べると思っていたが、なぜ食べなかったのか、今も不思議だ。
d0053294_1341054.jpg

 プルーンの店先に写真入りのメニューがあり、モーニング・サービスが500円で、しかも朝だけではなく、終日利用可とある。コーヒーにゆで卵、トーストに、果物を数種使ったサラダで、果物が以前橙を経営していたこともあって豊富だ。店内でも数種の果物を売っていたが、この駅前の大きな建物が果物屋として経営が成り立たなくなって来たのは、大型スーパーが進出したことにもよる。また、喫茶店も難しい時代で、松尾橋のすぐ上流、右岸に2,3の喫茶店やレストランがあったのに、みな数年か10年近く前に廃業した。そのことをプルーンの店主に言うと、喫茶店はもう商売にならないとの返事であった。ならばプルーンもかとなるが、常連がいることと、また狭い店で、自分の店舗でもあって、安価なメニューでもどうにか経営出来るのだろう。あるいは赤字かもしれない。20分ほど店内にいたが、途中で若い女性がひとり入って来て、エプロンをして洗い物を始めた。アルバイトのようだ。店主にいつから店を始めたのかと訊ねると、50数年と言われた。家内がすかさず計算し、万博の年ですねと言うと、そうだとの返事があった。筆者ら京都に来るもっと以前からある店で、店主の年齢がわかりそうだが、高齢のために店を閉めることになれば、誰か変わって営業を続けることが出来るだろうか。儲からない店であれば、その可能性は低く、喫茶店は無理かもしれない。駅前には1軒くらい喫茶店があるもので、たぶん代が変わっても喫茶店はなくならないのではないか。650円のランチはカレーとコーヒーとサラダで、家内はそのカレーを店内で作っているのかと質問した。すると、コーヒー専門店が作るレトルトのカレーを分けてもらっているとのことで、それはそれでおいしいのだろうと家内は帰り道で筆者に言い、次はそのセットを頼もうということになった。嵐山地区に住んで初めて入ったプルーンで、地元住民ですらそれでは喫茶店の経営が難しいことはあたりまえかもしれない。今ではコンビニで100円でコーヒーが飲めるし、また若者は喫茶店をあまり利用しないらしい。談笑するということが苦手なのかもしれない。筆者は喫茶店は好きだが、家内と河原町や京都駅に出た時に利用するのはもっぱらドトールというチェーン店で、そこにもコンビ文ないし大型チェーン店全盛時代が反映している。プルーンのコーヒーは最後に澱が少し残ったが、わが家の安物のコーヒーと違って香りも味もよかった。ただし、税込みで500円という値段で、味にうるさい人には物足りないか。それで食べログでも星が3つなのかもしれない。プルーンを中心に半径2キロ以内に喫茶店はないと言ってよく、健闘してほしいものだ。
d0053294_1343238.jpg

[PR]
by uuuzen | 2017-01-23 23:59 | ●新・嵐山だより


●残り鋸 >> << ●『WHO THE F*@% ...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.