●血圧とアベノミクス
底景気という言葉が昔流行ったが、景気に関して同じ言葉を使うことはないのだろうか。アベノミクスという、アメリカのレーガンの真似をした言葉が今は毎日のように聞かされるが、何だか綱わたりをしているような感じだ。



一歩間違えば、鍋底ならぬ底なしの落とし穴にはまってしまうような印象を受ける。筆者は経済には全く疎いが、いつも思うのは経済学者の考えるとおりに世の中が動かないことだ。ならばそんな学者は不要ではないか。それに経済学者は自分の予想どおりに景気が動くと思っているのであれば、株を買って大儲けをすればいいではないか。何を好んで予言者みたいな、つまり詐欺師同然の仕事に就いているのだろう。経済学者がいたお陰で世の中が随分と助かっているということでもあるのだろうか。天気予報士と条件はさして変わらないと言うか、とにかく先のことを読むことは不可能と言ってよく、それをどうにかしようというのであるから、経済学者を筆者は全く信じていない。何でも学者と名がつけば立派なように感じるが、その実体はさまざまで、学者と呼ぶにはあまりにおそまつな顔をした者もたくさんいる。そう言えば先日TVで若い医師が出ていた。まだ30くらいだろうか。それが全くのアホ面で、えらくはしゃいでいた。演奏家を目指していたのか、何かそういう医者とは関係のないことに今もうつつを抜かしていることが自慢であったような医者で、その態度を見ながら筆者は「こういう医者に診てもらうくらいなら、手遅れになって死んだ方がまし」と本当に思ったものだ。たまにそういう場違いな者がどの業界にもいる。本人は自惚れるあまり、自分の姿がよく見えていない。それで知らず知らずの間に孤立して行く。それはそうと、景気が上向けば消費税もどんどん上げようというのが政府の考えで、もう1年ほどすればいよいよそれが10パーセントになる。そうなればまたいろんな費用が値上がりするだろう。そう言えば、京都のとある骨董オークション会社は去年から決まりを改訂して、落札者は商品代金の1割をその会社に支払うようになった。それまでは5,6パーセントであったと思うが、一気に高くなった。これが消費税が10パーセントになるとさらに値上げするだろう。その会社は出品者からも同じ割合で料金を徴収しているから、たとえば1万円で誰かが買うと、自動的に2000円が懐に入って来る。そういう仕組みを作る者が桁違いに金を儲ける。誰かから骨董商品を預かり、それを場所を提供して誰かに見せて買わせることで、自動的に収入になるのであるから、一等地に大きなビルがすぐに建つのはあたりまえだ。自分たちで在庫の商品を抱えず、仕組みで儲けるというのは、ヤフー・オークションも同じで、金儲けは頭の使いようだ。経済学者などに頼らずとも簡単なことだ。
d0053294_17525630.jpg

 鍋底景気という言葉は、今では鍋があまり使われなくなった言葉で、古臭い感じがするが、「鍋」の一字から筆者が最初に思いついた言葉がそれであるから、筆者もかなり古い人間だ。今調べると、昭和32年の言葉で筆者は6歳であった。それでもその言葉を覚えているのは、当時よほど大きな話題になったからだ。世の中の景気がよかろうが、悪かろうが、親の苦労を知らず、その日暮らし的に生きていたその頃だが、それでも大人たちの不景気な様子は何となく感じていたのかもしれない。今その大人になって、さて景気の推移をどう思うかと言えば、筆者はどうでもよく、やはり経済、金儲けに関心がない。そのため、アベノミクスが失敗しようが成功しようが、勝手にやってくれといった思いでいるが、消費税が10パーセントになると聞くと、やはりぎくりとする。スーパーへ買い物によく行くからで、消費税分のアップは実感することになる。首相を初めとした政治家はまずそんなことはないから、平気で8や10などと、机の上の計算で日本の景気が上向くと思っている。10パーセントにして景気が鍋底になれば、さてまた8に戻すかと言えばまずそんなことはないだろう。一旦上がったものを下げることは難しい。というより、嫌なものだ。せっかく税金がたんまりと入って来るのに、何でまたそれを元に戻すのかと、政治家は税金を自分たちの給料のように思っている。10になれば次は15で、その次は一気に30になるだろう。このことは前にも書いたが、100年後は消費税が300パーセントになっているかもしれない。何を冗談をと思う人は甘い。昔は消費税はなかった。つまりゼロであった。その無の状態から10パーセントも徴収されること自体、異様なことだ。話がなかなか本題に入らない。アベノミクスに立腹してもいない筆者だが、ここ半年ほどで急に血圧が上がった。特に下が問題なようだ。「風風の湯」には血圧計が2台ある。どっちも計測後に結果を印字した紙が出て来ていたが、不経済と思ったのか、今は1台のみだ。それを使って毎週のように筆者は血圧を測る。もちろん風呂に入る前、脱衣場に向かう前で、つまり平常時だ。今日の写真は6日に撮ったもので、左の3枚は、左端の1枚があまりに下の血圧が高いのでおかしいと思ってすぐに計測し直したが、それが2枚目で、やはり高いのでもう一度挑戦した。それが3枚目だ。一番上の日時の表示が1分間隔になっている。左端つまり最初のみ、一番下に「正しい腕の位置で測定できました」とあって、これが正確な値としてよい。つまり、上は166、下は95で、脈拍は79だ。下が95というのは異常の部類に入る。それで前々回からは12分時計ちょうど一周の12分を途中2分ほどの休憩を挟んで計4回入っていたサウナを3回にしたが、これからもそうすることにしよう。サウナに長く入って来たことで血圧が上がり気味になったのかどうか、原因がよくわからないが、ネットで調べると運動不足とあった。これは全く納得出来る。さて、写真の右端は風呂場に2時間いた後、帰り際に測ったものだ。当然ながら下の血圧は61と下がっている。上もかなり下がっているが、これは下がり過ぎだ。ま、血圧などこれまで気にしたことがなかったが、異常な数値であることを知ると、さて対策を講じなければと多少は思う。運動不足は毎日梅津のスーパーを徒歩で往復することで解消すると思うが、来春消費税が10パーセントになれば、また血圧も上がるような気がしている。ということは、筆者の血圧は景気と連動しているということで、6歳の頃に鍋底景気という言葉を聞き覚えたのと同じく、アベノミクスにもそれなりに反応しているということか。
[PR]
by uuuzen | 2016-02-08 23:59 | ●新・嵐山だより | Comments(0)


●今年の天龍寺節分祭、その3 >> << ●高松市内を歩く
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.