●『200 MOTELS THE SUITES』その1
うやく3階をどうにか掃除し、南側の窓辺にまた陣取った。だが、掃除したのは部屋の半分で、ほとんど倉庫状態だ。ステレオが積み上げた本の壁に遮られて見えず、CDはパソコンで聴くしかない。



d0053294_1305237.jpg本は隣家に運ぼうと思いながら、昨日の掃除で疲れてしまった。しかも半分も出来なかった。これから寒くなるし、倉庫然とした部屋のまま正月を迎えそうな気がしている。これを書く筆者が占める場所は部屋の隅のほんの小さな隙間で、正座するしかないほどだ。それでも深夜に小さな音で『200 MOTELS』を聴いていると、しみじみとしてよい。さて、今日から数日は先月届いたザッパの公式アルバム101作目の『200 MOTELS 組曲』の感想を書く。CD2枚組で、先日も少し書いたがステレオでまとも聴いたのはディスク1のみで、2はまだだ。だが、パソコンでは3,4回通して聴いた。と言うより、聴き流した。それでも長年ザッパの音楽を聴き続けて来たので、印象は把握出来る。最初に書いておくと、この新作は紙ジャケットだが、背にアルバム・タイトルが印刷されていない。これはわざとだろうか。それとも発売を急いだために気が回らなかったのか。実は雑な点はもうひとつある。ジャケットを開くと左に曲目が記される。全13曲で、1から8までがディスク1、9から13までがディスク2だ。1枚目は37分ほど、2枚目は約63分で、これは前半が短い曲が多く、後半に大曲が並ぶことを意味するが、2,3回聴いていておかしいと感じた。1枚目が37分というのは短過ぎる。そこで調べると、9曲目「The Pleated Gazelle」はディスク1に入っている。つまり、曲目表示が間違っている。実際は1枚目は1から9までの58分、2枚目は10から13までの42分で、これならCD2枚は収録時間に釣合いが取れる。こういう間違いはザッパのアルバムではきわめて珍しい。それが本作の第一印象の悪さをもたらしているとすればさびしい。
 全13曲は何年前だったか、オランダのオーケストラが演奏したのと同じで、本作は何年も前に実現していておかしくなかった。だが、ゲイルはオランダのオーケストラでは不満であったのだろう。どうせなら地元の一流を使いたい。そしてその夢が実現した。本作を101作目にすることが出来たゲイルは満ち足りた気持ちで世を去ったであろう。だが、厳しく言えばゲイルの言葉には矛盾がある。ゲイルはザッパが聴いた音にこだわった。本作はザッパは聴いていない。聴いたのは1971年の『200 MOTELS』で、その事実の前にはどのような名演であっても、一種カヴァー演奏の思いを拭い去ることは出来ない。だが、ゲイルは結局『200 MOTELS』のマスター・テープをMGMから買い戻すことはなかった。頭を下げることは絶対に出来ない話であったし、またワーナー側も首を立てには振らなかったであろう。『200 MOTELS』はライコがザッパ没後にワーナーと契約してCDを発売したが、CD化はそれ一度切りで、ザッパは自分が編集したテープを取り戻して音質を改善するなどの措置をすることが出来ないまま世を去った。その無念をゲイルは思い続けたに違いない。そして、ザッパが遺した分厚いスコアを忠実に演奏したアルバムを作ることを願った。その結果が2013年10月23日にロサンゼルスのウォルト・ディズニー・ホールでの演奏で、それを収録したものが本作だ。観客を入れての演奏で、時々観客の拍手などが聞こえる。『200 MOTELS』ではマザーズのロック曲が混じっていたが、それらは演奏されず、オーケストラ曲のみの収録で、その点でザッパ・ファンにどれだけ歓迎されるものかは疑問だが、『200 MOTELS』を持っている人はそれとの比較が楽しめる。率直な感想を言えば、耳慣れた『200 MOTELS』とは違い、歌手たちの声はあまりよいとは思えない。そして、満足なリハーサルも出来なかったはずの『200 MOTELS』がとてもよい演奏、音をしていることに今さらに驚く。話をゲイルの言葉に矛盾があるかに戻すと、ひとつの興味深い事実に突き当たる。ザッパは自分で作詞作曲演奏録音する音楽家ではあったが、本作のように楽譜を書いたので、その楽譜にしたがって演奏する場合もザッパの曲になるという事実だ。ベートーヴェンやモーツァルトと同じことで、そのことをゲイルは101作目で改めて提示したかったのだ。つまり、101作目からは、他人の演奏であっても、ザッパ。ファミリーが認めれば公式アルバムになるという実例を作った。そこにゲイルの大きな功績があり、ザッパの名前はより不動のものになって行く土台を築いた。
[PR]
by uuuzen | 2015-12-01 23:59 | ●新・嵐山だより(特別編) | Comments(0)


●「THE FAMILY WAY」 >> << ●『200 MOTELS TH...
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.