●ムーンゴッタ・2015年5月
酵と書くのが正しいのか、それとも発酵でもいいのか、それはともかく、筆者の足が黴菌で発酵するのか、夕方には臭いと家内が言う。桜の季節が終わると梅雨も同然で、日本は四季ではない。



d0053294_2123161.jpg梅雨を入れて五季とするのがふさわしいと何かで読んだことがある。そして梅雨になると、筆者の足が発酵する。水虫菌の影響もあるだろう。水虫は病気のうちに入らないと思うが、痒くてたまらず、薬を要するのであれば病気だ。筆者はそれほどもないが、靴を履かずに終日家にいる時でも足が臭うことは、病気の一歩手前かもしれない。それはさておき、今日は発酵を待たずに、今撮ったばかりの写真を載せる。先週の天気予報によれば、昨日と今日は雨であった。そのとおりになった。それで先月に続いて満月の写真を載せられないでは格好悪いので、3日前と一昨日に1枚ずつ撮影しておいた。今日が雨ならばその2枚を使うつもりでいたが、先ほど気になって窓のカーテンを開けると嵐山の上に満月が昇っているのがまともに見えた。今日は終日パソコンにへばりついて仕事をしていて、特に夕方以降はめったにないほどに頭を使い、予想以上に早く成果を得た。それで作業を終えると深夜の1時半で、いつものことだ。10日は自治会内の一斉清掃があり、朝9時に集合する必要があり、今からなるべく早く寝ようと思っているのに、これでは目覚める朝10時には清掃は終わっている。1時間早く起きても間に合わないから、寝るのは午前0時にすべきだが、その時間に布団に入ってもすぐには眠られない。どうでもいいことを書いているが、明日からは日づけが変わる頃には寝るようにしよう。そして10日が終わればまたいつもの夜更かし生活をすればよい。それもともかく、今月は満月の写真を撮ることが出来た。雲ひとつない夜空に白光の円月で、昨日今日の雨が嘘のようだ。月が醗酵すればどんな味かと言えば、それはカルミンみたいははずで、山の向こうに消えるまでの数時間のうちに口に放り込まなければふっと消えてしまうのでした。放り込んでも消えるのは同じですが、味は口に残り、ほんの少しは足の臭いをましにさせるのではないでしょうか。そう言えばカルミンはもう製造しないとのこと、どこで売っているかな、あの満月状の爽やかな甘い菓子は。
[PR]
by uuuzen | 2015-05-04 23:59 | ●新・嵐山だより(特別編) | Comments(0)


●和楽団ジャパン・マーベラス >> << ●嵐山中ノ島復旧、その57(桂...
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
> フランクザッパさん ..
by uuuzen at 17:50
コメント欄がわからなかっ..
by フランクザッパ at 13:51
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.