●ムーンゴッタ・2014年4月
掛という地名は京都以外にもあると思うが、今日はわが家から自転車でそのすぐ近くにある京都市立芸大まで行った。10年ほど前に息子の車で一度行ったことがあり、それ以来だ。先月の市民新聞に、その芸大が京都駅近くの中学校跡地に移転すると記事が出ていた。



d0053294_2357815.jpgわが自治会の同大学出の大志万さんにそのことを訊くと、沓掛に移転してもう40年ほどか、建物の老朽化が目立っていたので、市中の便利なところに新しく校舎を建てて移転するとのことであった。沓掛の地名の由来を知らないが、丹波と結ぶ峠で、江戸時代は往来が大変で、草鞋そのままでは荷車を押し上げたりするのに手間取ったことと関係があるのではないか。洛西ニュータウンが近くにあって、それと隣接してスーパー銭湯がホテル内にあるが、そこに数か月に一度は従姉夫婦に車で連れて行ってもらう。その帰り道の国道9号線は眼下に市中の灯りが見え、大げさに言えばジェット・コースターに乗った気分でまっしぐらに坂を下って行く。ということは、自転車で芸大に向かうには、ずっと上り坂で、自転車は漕ぎっぱなしになる。それを想像すると億劫になり、従姉の旦那さんに車で連れて行ってもらおうかと考え、正午に電話をした。二度かけてどちらも話し中で、自転車で行く気になった。天気がとてもよく、40分ほどで着くだろう。途中で道を間違えて遠回りをし、また予想どおりに上り坂の最終段階では自転車を降りて押して歩いた。それで芸大の正門に着いて時計を見ると、ちょうど45分要したことがわかり、予想どおりと納得した。芸大は図書館に用事があった。昨夜ネットで調べものをしていると、ここ2年ほど探していた本が同大学にあることがわかった。これまで何度か調べたのに、同大学にあることとヒットしなかった。今日電話すると、応対が親切な女性が電話口に出た。目的の本は2,3万円で売っているが、筆者が知りたいのはごくわずかなことで、そのことだけのために2,3万は惜しい。かと言って近畿地方では簡単に閲覧出来る施設がない。図書館は思ったより小さかった。学生が数人いたが、気づくと筆者だけとなっていた。コピーしたい箇所があり、財布を見ると67円しかない。ほかには1万札だ。コピー機を使うには両替せねばならないが、そんなサービスはない。それでコピーしたいページがちょうど6枚であったので胸を撫で下ろした。そして1枚ずつ真剣に取った。よく間違うからだ。1枚でもミスすると、1万円を両替するために自転車でたぶん10分や20分は走らねばならない。それほど芸大の付近はコンビニがない。そんな場所では学生に人気がないのはあたりまえで、京都駅近くに移転するのは誰しも大歓迎だろう。では、芸大の跡地は何になるのだろう。人口減少のために市営住宅は不要であろうし、どこかの企業がほしがるとも思えない。
d0053294_23565464.jpg 芸大に行くまでに迷った道は、月読神社をすぎてすぐの辺りからだ。月読神社は1か月ほど前に境内を訪れ、写真を撮って来た。初めてのことだ、境内がない祠だけの神社かと思っていたが、そうではなく、梅津の梅の宮神社とよく似た神楽殿が境内の中央にあった。なぜ月読神社に行ったかと言えば、先月か今月の満月の夜、出来ればその神社の前でムーンゴッタを撮ろうかと考えたからだ。月読神社の辺りは昼間でも薄暗い雰囲気だが、日が長くなったので、月が昇る頃はまだ真っ暗というわけではないだろう。だが、神社の建物をわずかでも満月とともに写すことが可能かどうかがわからない。その下見の意味を込めて訪れた。結果的に先月の満月の写真は月読神社では撮らず、今日もわが家のすぐ近くで撮影した。そうなることがわかっていたので、今日は沓掛まで自転車で行くのに、月読神社前の道を行くことにした。それで自転車で同神社の長い石段の下を通り過ぎる時、20歳くらいの女性がその石段を上り、境内へと踏み込む姿が見えた。手に地図らしきものを持っていたので観光客だろう。その姿を見て1分ほどして道に迷った。大回りして走り慣れた道に出たが、少なくとも1キロは無駄に走った。それで40分で着くとの予想が5分遅れた。ついでに書いておくと、帰りもまた同じ地域で道に迷い、行き止まりに行き着いて往生した。だが、Uターンする時、古めかしい民家のすぐ前が崖になっていて、その手前で自転車に乗ったまま市中を見下ろすと、真正面に遠く京都タワーがあり、そのずっと手前に阪急電車が走っているのがわかった。桂川はその向こうだが、民家が立て込んで見えない。それはともかく、江戸時代はその辺りはほとんど民家がなく、畑や竹藪が洛中まで続いていて、見晴らしははるかによかったであろう。そういう時代なら道に迷うこともなかったはずだ。それはさておき、今日筆者が走った道は、月読神社から桂病院の前を通り、そして国道9号線に突き当たって、それを西進したが、国道沿いは面白くないので、ヤフーで地図を調べ、まだ走ったことのない旧街道を行くことにした。それは9号線の少し北側を並行している。芸大の少し北側でその街道から9号線に抜ければよい。そう計画したのはいいが、旧街道に分かれて入る三叉路に着いた時、その細い道を進む気にならなかった。何となく陰気で、歩道が片側しかなかったからだ。それに9号線と違って上り坂であった。それはこりごりで、予定を変えて国道沿いの歩道を走ったが、それなら地図を印刷することもなかった。さて、自転車で行く気になった別の理由がある。前述したホテル内のスーパー銭湯には2月22日に従姉夫婦と行った。22日は夫婦の日ということで、半額で入れるからだ。その日、スーパー銭湯まで500メートルほどという場所で車が国道9号線から左折した時、筆者は交差点のちょっとした繁みに見たことのないデザインの「飛び出しボーヤ」を目撃した。それはぜひとも写真に撮らねばならない。だが当日はカメラを持っておらず、しかも一時停止してくれとは言えないほどの速度を出して車はスーパー銭湯を目指した。今日はその「飛び出しボーヤ」を撮影したのは言うまでもないが、帰りは道に迷ったことが幸いし、もうひとつの初めて見るタイプの「飛び出し嬢ちゃん」に遭遇した。思いがけない時に思いがけないものに出会う。いいことも悪いことも。そうそう、昨夜家内は寝床で満月が眩しいと言った。カーテンの隙間から満月の光が射し込み、家内の顔の中央、頭から首にかけて幅数センチの真昼間さながらの明るい光の帯が浮かんでいた。
d0053294_23573660.jpg

[PR]
by uuuzen | 2014-04-15 23:57 | ●新・嵐山だより(特別編) | Comments(0)


●松山にて、その7、大街道商店... >> << ●松山にて、その8
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
> フランクザッパさん ..
by uuuzen at 17:50
コメント欄がわからなかっ..
by フランクザッパ at 13:51
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.