●『UNDERSTANDING AMERICA』、『ROAD TAPES #1』注文
霊か化け物か、ハロウィーンのカボチャ提灯やオバQのように白いシーツをすっぽり被った亡霊が、百貨店の菓子売り場のあちこちで見られるようになるのが10月に入ってすぐだ。



d0053294_22304639.jpg日本でハロウィーンは根づかないと言われる。筆者が記憶する限り、40年ほど前から菓子メーカーが宣伝している。その傾向が年々大きくなって、今ではバレンタイン・デーに続く売り上げにつながる祭りだ。だが、子どもが仮装してお菓子をねだって歩き回る習慣はまだない。先ほど調べると、ハロウィーンはキリスト教とは相入れないとあった。お化けが主人公であるからにはそうだ。お化け大好きの日本でもっとはやってもよさそうだが、甘味や菓子に不自由しない時代だ。子どもは現金をくれた方がいいと現金なことを考えている。さて、ザッパはハロウィーンに毎年コンサートをするのが習わしであった。ついには自分の会社のロゴにお化けカボチャを使うまでになったが、ザッパが死んでも家族はハロウィーンにアルバムを発売するのが常となっていて、今年はどうかと心待ちしていると、今朝ザッパ・ファミリーからメールが届いていた。昼間忙しかったので、ようやく先ほど『ROAD TAPES #1』を注文した。15ドルだ。これに送料がかかるが、この安価さはアルバムの内容や質を暗示している。そう言えばジャケットも安っぽい。手抜きがはなはだしいと言うべきだが、公式海賊盤といった内容であろうから、かえって妥当かもしれない。1968年8月25日、ヴァンクーヴァーのケリスデイル・アリーナでのライヴ録音で、曲目の紹介はない。この時期の演奏として最も有名な海賊盤は、フー・イー・レーベルから正式に発売された『THE ARK-BOSTON』だ。これは68年7月の演奏であるから、『ROAD …』はその1か月後だ。演奏の質に大差はないだろう。来週発送とあるから、手元に届くのは3週間ほど後だ。その時はまた感想を書く。アルバムの題名が素っ気なく、「#1」ということは今後録音年代順にシリーズ化されることを意味している。この新シリーズをザッパ・ファンとしては喜ぶべきなのであろうが、あるステージ丸ごと収録のシリーズが一方で発売され続けているので、何となく割り切れないと言うか、いくつものシリーズが同時進行してややこしい。ともかく、この新シリーズはステージ丸ごと収録とは違って部分収録だろう。海賊盤に近い雰囲気が漂うのは仕方がない。また、この新シリーズはそれこそ倉庫に眠るテープの総浚いを目的にしたもののような気がするが、ゲイルの年齢を思えば、発売の頻度が加速化するかもしれない。
d0053294_22311690.jpg さて、メールは画像つきで、『ROAD …』とは別にもう1枚ジャケットが並んでいる。『UNDERSTANDING AMERICA』という題名で、ジャケットが正方形ではなくやや縦長だ。これは想像するに、上部の文字「UNDERSTANDING AMERICA」の上半分が斜めになっているから、その斜め部分はCDケースの厚み側あるいは裏側に来るのではないか。その斜め部分を除くと正方形になる。『ROAD …』とは違って、このCDは予約を受けつけていない。この画像つきメールは、下線のある言葉をクリックすると、自動的にBARFKO-SWILLの注文画面が開き、『ROAD …』はそのようにして開いた画面から注文した。おかしいことに、『UNDERSTANDING …』については注文画面が開かず、代わりにⅰTunesの注文画面が開いた。これはCDがまだ販売されていないからか。ⅰTunes画面を見ると、この新作アルバムの全曲が表示される。それを見て少々がっかりした。全部知っている曲だ。ただし、別ヴァージョンかもしれない。また「PORN WARS」は26分近くもある。これはアルバム『検閲の母に出会う』の倍近い。この1曲のみ例外的に長く、ダウンロードで買えない。また未発表ヴァージョンで「DELUXE」とただし書きされるから、CDは買わねばならない。全31曲で、2枚組であるのは明らかだ。アメリカを理解するのにふさわしい曲と言えばそうだが、ベスト・アルバム的内容で、初心者向きだ。ほぼ年代順に収められていることもそう言ってよい。ザッパ自身の選曲と編集、そしてアルバムの題名とされる。また同様のものがもう2作あるらしいが、そのうちの1点は『STRICTLY COMMERCIAL』ではないだろうか。残りの1作はいずれ発売されるかもしれない。ザッパ・ファミリーが今これを発売するのは、アルバムの題名が現在のアメリカ大統領選挙にふさわしいからであろう。ⅰTunesのダウンロードは興味がないし、どうしてダウンロードし、また聴くのか、その方法もわからない。それでBARFKO-SWILLの画面をあちこちクリックすると、ようやく事情がわかった。このアルバムはユニヴァーサル・ミュージックから現在発売中の生前のザッパが発売したアルバム群の最後にボーナス的に用意されていたものだ。どういう内容であるかは知らされなかったものがようやく姿を見せた。12点ずつ5回に分けて発売されるユニヴァーサル盤の最後は、以前からダウンロードで購入出来た『MOTHERMANIA』と、そして『UNDERSTANDING …』ということだ。そしてすでにBARFKO-SWILLから買える態勢が整っている。前者は13.98ドル、後者は19.98ドルで、後者は前者の続編の雰囲気が強い。後者の発送は10月26日からとあるので、今すぐ注文すると2週間ほど後に聴くことが出来る。注文しようかと思いながら、まずは『ROAD …』のみとした。というのは、UNDERSTANDING …』はひょっとすればアマゾンでも買えるのではないかと思って調べると、やはりそうだ。それで早速注文した。最後にその曲目を書いておこう。ついでに書いておくと、紙ジャケ仕様の日本のユニヴァーサル盤の発売はまだ協議中で、発売は未定だ。
1、Hungry Freaks, Daddy 3:28
2、Plastic People 3:41
3、Mom & Dad 2:16
4、It Can't Happen Here 3:06
5、Who Are the Brain Police? 3:33
6、Who Needs the Peace Corps? 2:35
7、Brown Shoes Don't Make It 7:29
8、Concentration Moon 2:17
9、Trouble Every Day 5:07
10、You're Probably Wondering Why I'm Here 3:35
11、We're Turning Again 4:54
12、Road Ladies 4:07
13、What Kind of Girl Do You Think We Are? 4:32
14、Camarillo Brillo 3:53
15、Find Her Finer 3:34
16、Dinah-Moe Humm 6:01
17、Disco Boy 4:18
18、200 Years Old 4:29
1、I'm the Slime 2:34
2、Be In My Video 3:37
3、I Don't Even Care 3:47
4、Can't Afford No Shoes 2:38
5、Heavenly Bank Account 3:16
6、Cocaine Decisions 2:51
7、Dumb All Over 4:02
8、Promiscuous 2:02
9、Thing-Fish (Intro) 2:55
10、The Central Scrutinizer 2:50
11、Porn Wars (Deluxe) 25:50
12、Tinsel Town Rebellion 3:43
13、Jesus Thinks You're a Jerk 9:17
d0053294_2231194.jpg

[PR]
by uuuzen | 2012-11-01 22:29 | ●新・嵐山だより(特別編) | Comments(0)


●「WOMEN OF IREL... >> << ●捕まえた虫、その3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.