●TWITTERを始めて1年
鳥だと思ってるだろカー、ちわゆね。」「黒ずくめだし、群れになって頭の上で騒がれると恐いからね。それに白いベチャ糞でも落とされたたまらないからね。」



「害はニンゲンにとってで、世界はニンゲンのためだけではないカー。」「それはそく承知しているよ。害鳥と言わずに、無邪気鳥とでも言えばいいのかな。」「ニンゲンが自分のつごうのいいことだけ考えて益や害と騒ぐのが愚かだカー。」「烏さんもそうだろう?」「もっと賢いカー。遠い未来を考えて害とは益を思うべきで、ニンゲンはせっかち過ぎるカー。」「確かに。でもよくないことは修正するよ。」「それは理想で、現実は違うカー。」「えらく辛辣だね。」「嫌われていることを知ってるからだカー。」「好きというニンゲンもいるカー。」「200羽も群れになって騒いでいるのを見せば思い直すよ。」「増えるのはニンゲンのせいだカー。」「感謝してる?」「関係ないカー。」「家族や仲間が増えて嬉しくない?」「増えるも減るも自然だカー。」「達観してるね。」「だから生き延びて来たカー。」「まるで哲学者。」「贋フランチェスコよりましだカー。」「あまり大きな声で言うなカー。」「真似するなカー。」「♪カースラ、なぜ鳴くのー……。」「♪かわいい七つの子があるからカー。」「雀さん方がかわいいよ。」「しみじみな平凡ちわゆねだから雀さんとお似合いだカー、カカカカー。」「♪烏は害鳥ー!」「ちわゆねにはカー。」

●4月6日
「ねー、ちわゆね。家の中にいることが多いのは、雛と同じだピー。」「未成長と言いたいの?」「あるいは雌っぽいチー。」「まさか。鳥も夫婦で子育てするし、平等だろ?」「そうだけど、巣ごもりし過ぎは体によくないピー。」「羽根を伸ばすべきだね。」
●4月7日
「トンビさーん、鳳さんがどこかへ行ったけれど、まだ風は強いね。」「そうでもないよ。風に乗って気楽だよ。」「花見客を見下ろして何かねらってる?」「まあね。烏と競争だ。極楽トンビにはなれないよ。」「鳥の世界もニンゲン界も世知辛さは同じだね。」
●4月8日
「あれっ、ツバメさんかな?」「ちわゆね、一気に季節がよくなったね。」「油断出来ないよ」「もう大丈夫だよ。これから半年ほどは子育てに忙しいね。」「虫をたくさん食べたいけど、畑が減ったね。」「悪いね。でも、ちわゆねにはどうしようもないよ。」
●4月9日
「ツバメさん、いつも大忙しだね。」「巣を作って子育てをして、やることいっぱいだから。」「猛烈に速く飛ぶから、たくさん食べるんだ。」「虫がたくさんいてはニンゲンは困るだろう?」「ツバメさんがいても多いから殺虫剤を使う。」「もったいない。」
●4月10日
「鷺さーん、首を伸ばして川底にらんで、魚吸い取り機だね。」「ニンゲンの胃袋もバキュームだギー。」「世界は吸い取りと吐き出しだね。」「それが生き物の姿だギー。」「生き物にはINとOUTもあるし。」「鷺の内面は詐欺と言いたいんだろ?」
●4月11日
「雀さん、花は咲いたけれど雨がよく降るね。」「傘があってもニンゲンは外出が億劫みたいだピー。」「濡れるのはいやだから。」「ぼくらも同じだチー。」「濡れても平気な水鳥はいいね。」「その代わり、水辺がないと不自由だピー。」「何事も一長一短。」
●4月12日
「ツバメさん、田畑に集まって雀さんみたいだ。」「飛んでばかりでは疲れるし、地上にも虫はいっぱいいるよ。」「るなほど。」「LUNAさんほどには姿を変えないけど、ぼくらの生態もけっこう多様だよ。」「時には水兵さんになるしね。」「?!」
●4月13日
「ちわゆね、カモメとツバメを混同しているよ。」「水兵さんはカモメさんだけじゃないよ。先ほどツバメさんは川面すれすれに飛んで水を飲んだよね。」「でも、カモメさんみたいに水辺専門ではないよ。」「ま、同じメ属だし、細かいこと言わないの。」
●4月14日
「ねー、ちわゆね! メ属と言うならぼくらもそうだピー!」「雀さんは一番冴えないね。」「ツバメさんやカモメさんと一緒にしないでチー!」「細かいこと言わないの。」「大きな違いだピー! 無茶苦茶言わないでチー! ぼくらにも自尊心はあるよピー。」
●4月15日
「メ属と言えば目白さんもだ。」「ちわゆねはどこまで本心なんだか。そりゃぼくらは目が目印だけれど、メは尻につかずに頭につくから、メ属ではないよ。」「細かいこと言わないの。」「鳥みんなに嫌われるよ。」「もうそうなっているかもメ。」「メ違い!」
●4月16日
「目白さん、二羽で仲よく椿の葉の茂みに隠れるね。」「ニンゲンに関係しても籠に飼われるだけだ。」「庭に来て姿を見せて親しくなる方法もあるよ。」「ちわゆねが知らないだけで、花咲く今頃はよく訪問しているよ。」「さすが目が違うメ違いの目白さん!」
●4月17日
「鳩さん、あちこちから追い払われて落ち着く場所がないね。」「ちわゆねは苦しい状況を大目に見てくれるクー?」「ぼくが見ても、近所の人は白い糞だらけを嫌うよ。」「生とは糞だよクー。」「でも、所かわまずは困る。」「ほかの鳥もじゃないかクー。」
●4月18日
「烏さんもあちこち追い払われて落ち着く場所がないね。」「鳩さんみたいに柔ではないから大丈夫だカー。」「黒づくめの威嚇集団だからね。」「かわいい七つの子があるからだカー。」「でも、ゴミ荒らしは困る。」「ニンゲンの自然荒らしはいいのカー?」
●4月19日
「烏さん、餌をくれる人の手から、うまくついばむね。」「臆病ではないからカー。」「鋭いくちばしを持っているからね。」「危害を加えられる恐れがないと攻撃しないカー。」「でも、烏さんに手移しで餌をやるのは恐いよ。」「こっちも毒入りが心配だカー。」
●4月20日
「アヒルさん、日向で昼間から居眠り?」「天気がいいとのんびりしたいガー。」「烏さんと正反対の真っ白で目立つね。」「あいつらはカーカーとうるさいから困るガー。」「アヒルさんみたいにでぶっとした大物じゃないね。」「よたよた歩く与太者だカー!」
●4月21日
「ツバメさん、一休みに電線は便利だね。」「なければほかに留まるよ。」「ツバメさんには電気は無用だね。」「電線にぶつかる馬鹿ツバメはいないけど、鳥の中にはいるかな。」「高い鉄塔の電線なら危ないかも。」「ニンゲンは自分がよければいいんだ。」
●4月22日
「烏さん、若葉色の野原に点在して、とても目立つね。」「目障りカー?」「いいや、絵になるよ。」「春爛漫はいい気分だカー。」「ピクニック気分?」「ちわゆねにそう見えるなら、そうだカー」「素直だね。」「ちわゆねの気分を枯らす烏ではないカー。」
●4月23日
「ツイツイ鳥さん、顔帳さんの勢いに負けてるね。」「ガンチョウは鳥の仲間のふりしてる。許せないツイー!」「面々対々(ツラヅラツイツイ)と鳴くツイツイ鳥さんは面鳥(メンチョウ)で、顔帳の仲間だよ。」「でも、あいつは鳥とは無関係だツイー!」
●4月24日
「ねー、ちわゆね。朱鷺さんがまた話題になってるピー。」「珍鳥の雛だしね。」「ニンゲンはたくさん殺しておいて大事にするチー。狂ってるとしか言えないピー。」「雀さんも激減すると有名になるよ。」「嘘だチー。朱鷺さんは色がきれいからだピー。」
●4月25日
「雀さん、ウグイスさんの鳴き声をまだ聞かないけれど、何か変だ。」「ぼくらも減っているのを知ってるピー。」「去年より見かけない気がするよ。」「毎年減ってるチー。」「家が建て込んだから?」「それだけじゃないピー。でもニンゲンのせいだチー。」
●4月26日
「ねー、ちわゆね。減っているのはぼくらだけじゃないし、半世紀も前からだピー。」「魚も野菜も価格が高騰し、水や空気も汚れたからね。」「ニンゲンが絶滅しても花や虫、鳥や獣は悲しまないチー。」「雀さんは別だろう?」「もっと気を使ってくれればピー。」
●4月27日
「雀さん。新緑の季節で葉が伸び過ぎて、庭が暗くなるから枝をたくさん切ったよ。」「木陰が減って困るけど、また伸びるピー。」「それは生き物みな同じだね。」「ちわゆねもぼくらのように生まれ変わるチー?」「もう1010回も生まれ変わったよ。」
●4月28日
「雀さん。陽射しがこうも強くては日陰がいいだろう?」「ちわゆねと一緒にしないでピー。」「そう言えば熊蜂もぶんぶん飛んでるね。」「こんなにいい季節に飛び回らないでどうするチー?」「なるほど、ニンゲンも黄金週間には旅に出るのが多いよ。」
●4月29日
「ウグイスさん。ようやく声を聞いたよ。それも遠くに。」「それはケキョー。ちわゆねの庭に行ってやりたいけど、裏に家が建て込んだからホケキョ。」「山に仲間といるんだね。」「町はだんだんと住めなくなるケキョー。」「でも元気でよかった。」
●4月30日
「鴨さん、小川から上がれば子どもが恐がらない?」「しっかり監視してるガー。」「11羽も子どもを生んで楽しいね。」「ピヨピヨと可愛いだろガー。」「猛禽に見つからないか心配だよ。」「ここは死角だガー。」「油断は禁物だよ。」「かもガー。」
●5月1日
「ツバメさん、電線で一休みだね。」「大忙しの餌集めばかりでは疲れるよ。」「でも猛禽に襲われない?」「だからニンゲンの家に巣を作るんだ。」「雀さんと似ているね。」「あいつらは年中居ついて歓迎されない。」「雀さんも暮らしにくくて哀れだよ。」
●5月2日
「ウグイスさん、近くで鳴いたね。」「ちわゆね、散歩するといろいろと出会うだろケキョ。」「そうだね。ウグイスさんも終日散歩みたいなものだ。」「暇つぶしみたいに言ってケキョー。」「生とは暇つぶしだよ。」「暇はいいことだホケキョ。」「生もね。」
●5月3日
「ウグイスさん、近くで鳴いたね。」「ちわゆね、そら空耳だッキョ。」「ウグイスさんのうがい声のような……。」「ホロホロケキョー?」「そうそう、やっぱり。」「ちわゆねのそばにはいるけど鳴いていないキョー。」「テレパシーか……。」「ホロホロー。」
●5月4日
「雀さん、近くで鳴いたね。」「最近ちわゆねを見かけないピー。」「こっちもだよ。」「ちわゆねは閉じこもり派だチー。」「鳥は飛んで移動するのがいいな。」「猛禽や獣に襲われる心配があるピー。」「心配はどんな生物もあるよ。」「もっと外出すればチー。」
●5月5日
「白鷺さーん、空高くどこへ行くの?」「ジェット機みたいと思ってるだろギー?」「いいや、孤独そうだから。」「孤独は自由ってことギー。」「コギトの白鷺さんも群れるくせに。」「仲間づき合いはそこそこギー。」「ニンゲンもそれがいい?」「興味ないギー。」
●5月6日
「ツバメさん、雨にも負けず風にも負けずに子育てだに忙しいね。」「蒸し蒸しし始める頃に虫がたくさん湧いてワーイワーイだよ。」「虫をたくさん食べてくれてありがたいな。」「殺虫剤を使わないでほしいよ。」「ツバメさんだけでは足りないからね。」
●5月7日
「セグロセキレイさん、久しぶりだね。」「ちわゆねが知らないだけで、よく見かけるジッジ。」「地面ばかり見て歩いているような言い方だね。」「そうだジ。お金なんか落ちていないジッジ。」「スミレが気になってね。」「もう花は終わったジッジジ。」
●5月8日
「ちわゆね、不思議そうに見ているね。」「ヒヨドリさんかと思えば違うからね。」「ちわゆねは鳥のことほとんど知らないから。」「理解が足りないね。」「知らないことは無関心。」「無関心は無感心だね。」「無感心は無歓心。もっと知ってほしいよ。」
●5月9日
「ウグイスさん、今遠くで鳴いたね。」「ちわゆねの庭はもう遠くなったキョ。」「家が建て込んで、猫も歩くからね。」「何事も変わるケキョ。」「それでも元気な声でうれしいよ。」「鳴くのが生活だからホーケキョ。」「生活圏が違うのはさびしいね。」
●5月10日
「ツイー・ツイー!」「ツイツイ鳥さん、誰と対になりたい?」「誰でもツイー!」「本当は孤独なんだ。」「誰でもそうだツイー!」「だからツイツイ鳥さんの時代なんだ。」「贋鳥の顔帳に負けてるツイー。」「ツイツイ鳥さんも対帳に改名すれば?」
●5月11日
「烏さん、白の服が目立つ季節なのに真っ黒で暑くない?」「ニンゲンみたいに服を着替えないカー。」「着た切りは雀さんではなくて烏さんにふさわしいよ。」「好きで黒を選んでるカー。」「蒸し暑く見えて迷惑だ。」「それはニンゲンの勝手だカー!」
●5月12日
「雀さん、久しぶりに庭に来てよく鳴くね。」「ちわゆねがさびしがると思ってだピー。」「それはありがたい。」「元気ないのは寝不足かチー!」「よくわかるね。」「長い付き合いだピー。」「ぼくも歌ってあげようか?」「うるさいだけだよチー。」
●5月13日
「鳩さん、そんな眩しい草むらでしゃがみ込んで、どうしたの?」「歩いてばかりではしんどいのはニンゲンと同じだクー。」「散歩している人に踏まれるよ。」「そんなドジではないクー。」「近寄っても動く気配がないね。」「ニンゲン慣れだクー。」
●5月14日
「雀さんに烏さんにツバメさん、みんな忙しく飛び回っているね。」「ちわゆね、散歩して鳥を見かけるのは、鳥の世界が外に広がっているからだピー。」「家にこもっているのは世界が狭いね。」「ニンゲンはそれが進歩だと思ってるチー。」「反省するよ。」
●5月15日
「雀さん、雨が一日中降れば広い外の世界に出にくいよ。」「ちわゆねは吞気だからそんなこと言えるピー。」「それはわかってる。」「なのに癖は直らないチー?」「何だか説教されてる。」「贋フランチェスコはやっぱり贋だピー。」「凡雀とお似合いだ。」
●5月16日
「ヘイ、凡雀! 電線に留まって大きな声で鳴いているね。」「仲間を呼んでるのに知らんぷりだピー。」「いいことあった?」「ちわゆねが下を通ったからチー。」「珍しい?」「凡雀と見下げるから、腹いせに見下ろしてやりたいピー。」「やっぱり凡雀だ。」
●5月17日
「鳩さん、地面を這うようにヨタヨタ歩いて車に轢かれるよ。」「めったにニンゲンは悪さをしないクー。」「信じ過ぎると裏切られるよ。」「悪さをするのは見ればわかるクー。」「それが危ないよ。」「いざとなれば飛んで糞を垂れてやるから大丈夫クー。」
●5月18日
「ツバメさん、夕方になると街灯に虫がいっぱいだよ。」「食べ放題はわかるけど、暗くなると眠らないとね。」「ニンゲンの明かりがなかった時代、虫はどこに群がってたのかな。」「LUNAさんに向かってだよ。今では青い灯りで虫焼きするんだから。」
●5月19日
「ねー、ちわゆね。新しい家がどんどん建って、ぼくらは住みにくいピー。」「雀さんのことを思ってニンゲンは生きていないからね。」「ぼくらがいなくなっても平気チー?」「さびしいよ。」「何か方法を考えてよピー。」「ニンゲンはいろいろだからね。」
●5月20日
「とんびさーーん、久しぶりに橋の上で輪を描くね。」「河原で焼肉なんか焼くからだよ。」「ニンゲンがいっぱいで降りられないね。」「でもないよ。急降下で狙ったものは外さない。」「烏さんも群れで狙ってる。」「あいつらの方がニンゲンより手強いよ。」
●5月21日
「ねー、ちわゆね。朝なのに真っ黒なLUNAさんが見えたピー?」「LUNAさんがお日さんを隠したからね。」「なぜチー?」「わからない。」「本当はぼく知ってるピー。」「!?」「みんな回っているからだピー。」「宇宙はメリー・ゴー・ラウンドだね。」
●5月22日
「♪メリー・ゴッタランド、メリー・ゴッタランド、トゥトゥピットゥトゥ……。」「雀さん、ゴー・ラウンドだよ。」「宇宙は球体のゴッタが集まっている球体だから、これでいいチー。」「雀さんの眼球ゴッタ、くるくる回って酔ったの?」「それはちわゆねだピー!」
●5月23日
「ちわゆね、ずっと見上げて首がだるいだろう。」「見かけない鳥さんだね。」「ちわゆねは鳥の仲間のことは少ししか知らない。」「否定しないよ。」「いいよ、ぼくたちもたいていはニンゲンに無関心だ。」「お互いの領域があるから。」「でもニンゲンは図々しい。」
●5月24日
「ウグイスさん、大きな声だね。」「山の際だから、人も見えずに空気もきれいだケキョ。」「たまにはこの道を散歩すべきだね。」「いいや、来てもらわなくていいケキョ。」「つれないね。」「たまに近くで聴くからいいんだケキョ。」「珍しさは貴重だからね。」
●5月25日
「烏さん、大きな餌をくわえてどこまで飛ぶの?」「ニンゲンが通る場所では落ち着けないカー。」「それでもそんなに遠くまで行かなくても。」「誰にも邪魔されずに食べたいカー。」「烏さんも生きるのが大変だ。」「ふん! 嫌っているくせに同情カー?」
●5月26日
「雀さん、空気のよい山辺は緑もいっぱい、元気だね。」「緑だけでは困るピー。ニンゲンがいないと食べ物が少ないチー。」「田舎の雀もやっぱり中途半端の雑食だね。」「放っちチー! ちわゆねも鳥の姿を見て暮したいんだろ? 同じ穴の無知名だピー。」
●5月27日
「白鷺さーん、暑い日差しの中、相変わらず川のど真ん中で立ちんぼだね。」「……。」「無視しないでよ。」「……。」「つれないね。」「……。」「あれっ! 鷺さんと思ったけれど、コンクリートの塊だったよ。」「……。」「やっぱり鷺さんは詐欺がうまいよ。」
●5月28日
「ちわゆね、不思議そうに見るね。」「前にも見た?」「きれいな声だろ?」「名前は?」「鳥博士に訊けば?」「鳴き声を覚えられないよ。」「感心は歓心。真剣になれば覚えられるよ。」「やっぱり贋チェスコだね。」「鬚もないのに贋卑下はしないの。」
●5月29日
「ツバメさん、雷と大粒の雨でさすがに元気よく飛び回れないね。」「雷雨はすぐに止むよ。それに涼しくなっていいよ。」「それでも雹が降ったり、竜巻も起こるかも。」「槍でも鉄砲でも降って来やがれ!」「えらく勇ましいね。」「ツバメ返しで一鳥両断だ。」
●5月30日
「ツバメさん、頭隠して尻隠さずだよ。」「巣は小さくていいの。」「でも親の尾が丸見えではニンゲンに悪戯されるよ。」「そんなことも思うのはちわゆねだけだ。」「信頼感が強いと裏切られたら落ち込むよ。」「裏切るニンゲンはツバメ返しの一唾両弾だ。」
●5月31日
「雀さん、都会の真ん中でもたくさん集まって元気だね。」「たくましくなければ生きていけないピー。」「生活保護はないしね。」「ニンゲンのおこぼれがそれみたいなものチー。」「街をきれいにし過ぎては迷惑だね。」「そんなこと考えるちわゆねは暇過ぎるピー。」
●6月1日
「雀さんは糞害が目立たないからニンゲンに嫌われないね。」「体が大きいのは醜いピー。」「大きくてもかわいい場合があるよ。」「嘘言ってるチー。」「よほど大きな鳥にいじめられてるね。」「街に住むのは、猛禽の危険がないからでもあるよピー。」
●6月2日
「トンビさーーーーん、とんでもなくびっくりするような高い空を回っているね。」「たまにイカロスの気分になりたいからね。」「とても小さくて飛行機みたいだ。」「飛行機には負けるけど、烏よりは偉いだろう?」「たまに烏さんも高く飛ぶけれどね。」
●6月3日
「烏さん、そんなに騒がないでよ。」「縄張りに入って来る者は誰でも追い払うカー!」「ここはいつから縄張り?」「工事が始まって人の出入りが少なくなったカー。」「油断も隙もないね。」「誰でも同じカー。」「烏さんは増え過ぎだよ。」「賢い証拠だカー。」
●6月4日
「烏さん、よたよた歩いて太り過ぎ?」「歩くのは飛ぶより苦手だカー。」「鳥はだいたい歩く姿はおかしいね。」「そうであってもニンゲンは自力で飛べないから鳥より劣るカー。」「自惚れが強いね。」「ちわゆねと同じだカー。」「賢い証拠だカカカー。」
●6月5日
「雀さん、畑では姿が見えにくいね。」「地味だとはっきり言えばピー。」「しかも珍しくない。」「平凡が一番チー。」「かも。」「しかもつかず離れずの関係がいいピー。」「縄張りは必要。」「その意味ではなくてチー。」「自立しての対等?」「そういうことピー。」

以前の投稿はここをクリックしてください。
続きはここをクリックしてください。それぞれ別画面が開きます。

[PR]
by uuuzen | 2012-06-06 22:30 | ●新・嵐山だより(特別編) | Comments(0)


●嵐山駅前の変化、その210(... >> << ●盲めっぽうのシャッター・チャンス
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.